賃貸併用住宅で新しい入居者が決まった際におこなう4つのこと

公開日: : 最終更新日:2017/03/20 初めての賃貸併用住宅

昨年4月から運営開始した賃貸併用住宅において、先月にはじめての退去者が出てしまったことは当ブログでも書きました。

関連記事:賃貸併用住宅でフル稼働すること1年2ヶ月、ついに退出者が出てしまいました。

 

そしてその空いていた部屋にようやく先月末に新しい方が決まったのですが、本日その新しい入居者の方の入居日でした。

たまたま玄関先でお会いして挨拶をしたのですが、とても爽やかでやさしそうな方だったので良かったです。

 

本日は、そんな新しい入居者の方が決まった際にここ数日間でおこなったことをいくつか書きたいと思います。

 

賃貸併用住宅で新しい入居者が決まった際におこなうこと

・まず賃貸契約の締結

当たり前ですが、最初は入居者の方との賃貸契約です。

私は物件の管理から仲介までを管理会社さんに任せてあるので、契約書の作成や、入居者の契約書類の伝達などもすべて管理会社が行ってくれます。

 

入居者の方の捺印や必要書類(住民票など)がすべて揃ってからオーナーのもとへ連絡が入り、最終確認の上、捺印をし契約締結という流れです。

なので、管理会社に任せていればオーナーがやることは最後の確認と捺印だけです。サラリーマン大家には管理会社さんの手助けは本当に助かります。

 

 

・管理会社さんへのお礼の品の買い出し

次に入居者を仲介していただいた管理会社さんへお礼の品の買い出しです。他の大家さんがどれくらいやられているかはわからないですが、私は仲介が一件一件決まった際に、必ずお菓子などを購入し、管理会社の店長さんのもとへ直接お礼を差し上げています。

 

特に今回は、入居者の方が急に「自転車をおきたい」という希望が出てから、諸々ご対応いただけたのでとても助かりました。

近所のよく伺う和菓子屋さんで美味しい最中を購入し、挨拶に行きました。

 

今後も他の方が退去された際には、管理会社さんの手腕にかかっているので、信頼関係はずっと大切にしていきたいです。

 

 

・家族全員で入居者の方へ挨拶

入居者の方への正式な挨拶もかかせません。部屋はもちろん分かれているとはいえ、同じ建物内、一つ屋根の下で居住をともにするわけなので、必ず挨拶にいきます。

 

このとき必ず、「家族全員で」いくようにしています。オーナーの私だけではありません。

 

理由は、以前もブログで書いたのですが、家族全員と一度対面することによってトラブルが起きる可能性が少しでも下がる可能性があると思っているからです。

 

共同住宅のトラブルで多いのが住民同士の「騒音問題」です。

特に私家族は小さな子供がいるため、ドタドタ部屋を歩く音などが入居者の方に響く可能性が大いにあります。

 

そういった際に、家族と一度顔を合わせていると、「ああ、あの子が歩いているのか」と思い、多少はやり過ごしていただけるのではないではないでしょうか。これは「一度対面で会っている」のと「会っていない」のとでは、感じた方が全然違うと思います。

関連記事:賃貸併用住宅のデメリットで言われる「住民同士のトラブル」を少しでも防ぐ工夫について

 

 

・共有スペースの掃除、植物の手入れ

最後に、おこなったことは共有スペースの掃除と植物の手入れです。

これは新しい入居者が決まったら必ずというわけではないのですが、今回はタイミングも良いので、共有スペースの掃除と植物の手入れを行いました。

 

植物はこの夏でどんどん成長してしまい、色んな雑草も増えてしまったため、今日の夕方に蚊と格闘しながら何とかキレイにできました。

 

個人にとって新しい場所での新生活スタートは大きな変化があるかと思います。

そういった新しいスタートを少しでも気分良くしていただき、長く住んでいただけるようにという気持ちも込めて行いました。

入居者の方にとって良い住まいになれば幸いです。

 


<最近購入した本>

「逆転力 ~ピンチを待て~」

大人気アイドルAKB48の指原さんの著作です。特にAKB48のファンというわけではないのですが、 近所の書店で紹介されていたので購入してみました。

日本の大人気アイドルの中でも人気1位になったことのある方はどういうことを考えながら日々仕事に取り組んでいるのかという視点で読んでみたいと思います。

もし面白かったら当ブログでも紹介します。

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

住宅ローンの申し込み・三大疾病保障付きローンは入るべき?

住宅ローンに申し込むとほとんどの場合は、団体生命保険への加入を求められます。  

記事を読む

車の衝突でヒビが入った住宅の壁がようやく修復されました。

今年の1月に車の衝突でヒビが入ってしまった賃貸併用住宅の壁がようやく修復しました。  

記事を読む

「賃貸併用住宅」で住民同士の音漏れをできる限り無くす方法

私が建てた「賃貸併用住宅」は、私夫妻が住むオーナースペースと、賃貸用の部屋3戸でできています。

記事を読む

C駅の5,380万円の土地を買うことに決めた!しかしライバルが、、、

前回のエントリーで「賃貸併用住宅」専門のコンサルタントの方に3つの土地を紹介されたことを書きました。

記事を読む

購入した賃貸併用住宅の物件の収益性はとても高かった

前回のエントリーで、物件を購入する意思決定をするところまで書きました。 不動産投資を以前から行

記事を読む

住宅ローン申し込みに必要な7つの書類と団体信用生命保険について

前回のエントリーで土地の売り主と無事契約が済んだことを書きました。   土地は

記事を読む

2回目にいただいた図面のフィードバックについて

「賃貸併用住宅」の建物を建てるにあたって、施行会社から修正図面案をいただいた私夫妻ですが、 本

記事を読む

3階建てのマイホームを建てるときはエアコンも施工時に取り付けてもらった方が良い

私が昨年建てた、自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」は3階建ての造りになっています。1階と2階の半分

記事を読む

土地を購入するための第一歩は「買付証」の送付

今回は、賃貸併用住宅を建てるために、5,380万円の東横線「C駅」の物件を買うことを決めてから

記事を読む

マイホームにベランダはいらないと感じる4つの理由

マイホーム兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、もう少しで3年が経とうとしています。

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑