アパート敷地内に勝手に自転車を止められる事件の一部始終

公開日: : 最終更新日:2017/03/20 初めての賃貸併用住宅, 雑感・よもやま話

以前、【賃貸併用住宅】建物の敷地内に知らない自転車が置いてありました。という記事を書きました。

 

<自転車はこんな感じで置いてありました>

20141007084924

 

この時は、「おそらくアパートの住人の誰かが一時的に置いているんだろう、、、」くらいに思っていたのですが、上記のエントリーを書いた何日か後から、頻繁に置かれるようになりました。

 

しかも不思議なことに、「朝」に置いてあり、「夜」になるとなくなっているのです。

アパートの住人のモノだとしたら妙だな??と思っていたのですが、よーく考えてみてハッとしました。

 

そうです、この自転車はアパートの住人のモノではなく、全く知らない外部の人が朝の通勤時に勝手に一時駐輪場として勝手に置いていたものだったのです・・・。

 

 

・すぐに事実確認のために管理会社へ連絡

私の予想があっているかを確かめるために、すぐに管理会社へ連絡しました。

「最近、白い自転車が勝手に置いてあるのですが、アパートの方のものでないか電話確認してもらえますか?」

 

すぐに対応していただき、返ってきた答えは私の予想通りでした。アパートの住人の誰のモノでもなかったのです。

 

 

・犯人へ警告文を通達

外部の人間の仕業とわかったら見てみぬフリはできません。

放っておいたら他の人も自転車を止めていいのかと思ってしまうかもしれませんし、何より私の賃貸併用住宅は駐輪場は無いといって募集しているので、アパート内に自転車が置いてあったら住人に説明がつきません。

 

すぐに、以下のように警告文を貼りました。

20141115190052

 

ちなみに、警告文の主語はオーナーではなく「アパート管理会社」にしました。オーナー主語で貼った場合、最悪のケースとして犯人に逆恨みされることもあります。そうなると厄介なので、管理会社にもお願いし、法人主語でおこなっていただきました。

 

これで一件落着と思いきや、、、

 

 

・次の日、また置いてある・・・

なんと、次の日警告文が何事もなかったかのように、また置いてありました。。。しつこい。。

 

これには正直怒りを覚え、すぐにもう一回警告文を貼ることにしました。

しかも、私のアパートの柵に自転車の盗み防止のロックチェーンが丁寧にくくりつけられており、さらに腹が立ちました。。。

 

前回の警告文は印刷でテンプレートのようなものだったので、おそらく迫力がなかったのだと思い、2回目の警告文は迫力が出るように手書きで書きました。

 

そして、

●毎日チェックしている

●次置いてあったら警察に通報する

●あなたの車両も写真で撮りました

という旨を手書きで書きました。(もちろん予め管理会社にも相談して、この作戦でいきました)

 

自分でいうのもなんですが、ちょっと怖い警告文だったと思います。

 

 

・懲りない犯人、私のアパートからちょっと離れた場所に違法駐輪する

2回目の警告文を貼った翌日。もうさすがに置かれていないよなとチェックすると、いつも止められていた場所に案の定自転車は置かれていませんでした。

 

いやあ良かった、とホッとしたのも束の間。少し目を先にやると、見慣れた自転車が止まっていました。

 

なんと犯人は私のアパートの敷地内の隣の、別の敷地に止めていたのです。。。

 

なんと懲りない人なのか。。。呆れと同時に、もう一度怒りを覚えた私は、自分の敷地からはなくなったものの、犯人が許せなくなり、管理会社経由で警察に通報しました。

 

こんな違法駐輪の件で警察は熱心には動いてくれないだろうな、、、と思っていたのですが、予想外に警察の方の対応は早く、その日中に現場にきていただけました。

 

所定の警察署の「違法駐輪警告文」(赤字で書かれている)を貼り、これでまだ続くようでしたら、また連絡くださいとのこと。

これで3日連続で種類の違う警告文が貼られたことになります。

 

・ようやく違法駐輪は止まる

3日連続の警告文と最後の警察からの忠告が効いたのか、その翌日には自転車は置かれなくなっていました。(近隣の敷地も確認しましたが、置かれていませんでした。)

 

現在、この件が発生してから1か月以上経ちますが、もう置かれることはなくなっています。

いやあ無事に解決していてよかったです。これ以上続くようであれば、ビデオでも撮影するくらいの勢いだったので、、、

 

 

・駅に近いアパートやマンションは違法駐輪の被害が多い

こういったことはたくさん起こっているのか?調べてみると、駅に近いアパートやマンションは同様の違法駐輪がたくさん発生していて、街によってはかなり問題になっているみたいです。

私のアパートも駅から徒歩2分なので、それでターゲットになったと予想できます。

 

ある掲示板サイトにこんなものも上がっていました。

『他人のマンションに自転車をおくな!』

 

トラブルが延長して訴訟に発展するケースもあるみたいです。

 

違法駐輪の背景としては駅近の駐輪場の不足があるようですね。

駅前の定期駐輪場が駅によっては常に満席の状態で、自転車通勤する方はなくなく駅前や駅に近いアパートやマンションに無断駐輪をするということが多数発生しているようです。

 

しかし、管理会社に聞くと駅から少し離れた駐輪場には空きがたくさんあるのだとか。。。

よく駅前でも駐輪禁止の札が貼ってある自転車大量に見かけますよね。。駐輪場不足の背景があるとはいえ、違法駐輪は許されないことなので、多少駅から遠い駐輪場でもそこに契約して人に迷惑かけないのがモラルだと思います。

 

以上、アパート敷地内に勝手に自転車を止められる事件の一部始終でした。

 

それにしてもアパート、併用住宅の運営は色んなことが起こりますね。。

駅近の敷地にマンション・アパートをお持ちの方はご注意ください。

 

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

個人で申告する人はほとんどいない?償却資産申告書の提出にいってきました。

賃貸併用住宅の運営は、「不動産賃貸業」になるので、 個人事業主として事業を開業したことになりま

記事を読む

退去者が出てしまった部屋にようやく申し込みが1件入る。

以前も書きましたが、賃貸併用住宅の運営を昨年の4月から開始して、しばらく満室稼働が続いていたのですが

記事を読む

ぶっちゃけレーシックってどうなの?手術後3年経過した私の感想ではオススメです。

私は3年前にレーシック手術を行いました。レーシックとは、眼の角膜にレーザー照射し、角膜の曲率を変える

記事を読む

kindle paperwhiteを買うと読書量が3倍になる

電子書籍が騒がれてから数年経ちましたが、未だにkindle等の電子書籍リーダーをお持ちでいない方もま

記事を読む

賃貸併用住宅の建築にはサードオピニオン以上が必須だと思います。

医療でよく使われる「セカンドオピニオン」という言葉。 意味はご存知のとおり、「自分の判断をより

記事を読む

購入した賃貸併用住宅の物件の収益性はとても高かった

前回のエントリーで、物件を購入する意思決定をするところまで書きました。 不動産投資を以前から行

記事を読む

「投資をしよう」、「個人事業を開業しよう」、と決めたその日から領収書を保管するのを忘れずに!開業費は魔法の経費

個人事業主(フリーランス、大家さん、投資家など)で年間20万円以上の収入がある方は、確定申告が必須と

記事を読む

平成28年度の確定申告はマイナンバー記載が必須。すぐに自分のマイナンバーを調べる方法

平成28年度の確定申告の締め切り3月15日(水)がせまってきました。 まだ確定申告を提出してい

記事を読む

いま「家を建てたい人」には天国?フラット35の適用金利が過去最低に

自宅兼アパートである賃貸併用住宅や、マイホームを建てる場合は、ほぼすべての方が「銀行や金融支援機構」

記事を読む

土地を購入するための第一歩は「買付証」の送付

今回は、賃貸併用住宅を建てるために、5,380万円の東横線「C駅」の物件を買うことを決めてから

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑