賃貸併用住宅は「一時的にオーナールームも貸し出す」という選択肢もある?

公開日: : 最終更新日:2017/03/20 初めての賃貸併用住宅

マイホーム所持否定派の方によく言われる意見が、

「将来子供を何人産むかわからないし、産んだとしても成人した後に無駄な部屋が多くなるからマイホームは買わない」という意見です。

 

なるほど、一理あります。

しかし、この意見、「マイホームを一時的に貸し出す」という方法を知らない方の意見でもあると思いました。

 

どういうことでしょうか?

 

マイホームは人に貸し出すこともできる

住宅ローンを組んでいる銀行によっては、この方法そもそもがダメということもありますが、現実的にはマイホームはよく定期借家という形で貸し出されています。

私の会社の同僚でも、タワーマンションを購入後、地方に異動が決まり、泣く泣く買ったばかりのマイホームは人に貸し出すことにしたという人がいます。

一時的に、タワーマンションに住みたいという人もいるので、多くの場合は入居者が決まるそうです(もちろん場所にもよりますが)

 

そのため、マイホームはある程度部屋が少なめの方が良い?

マイホームを買うタイミングは人によってそれぞれかと思いますが、多くの場合は、結婚したばかりや、一人目の子供が産まれたタイミングで買うという人が多いと思います。

しかし、そこで迷うのが部屋の数やどれくらいの広さにするか?ということ。

結論から言うと、私は夫婦と子供一人が住めるくらいの部屋の数・広さで十分ではないかと思います。

 

なぜなら、もし子供が2人、3人と産まれて家が手狭になったとしても、その家を別の人に貸し出して、自分たちはもっと広い家に賃貸で一時的に住めばよいからです。

 

私の賃貸併用住宅のオーナー部分(つまり自分が住む場所)は2LDKの広さです。(正しくは1LDK+納戸)という広さです。

なので、もし子供が2人産まれ、中学生くらいの物心が付き始める頃には明らかに家は手狭になります。

しかし、私は奥さんとも子供は最低2人以上はほしいという話をしており、4人家族以上にすることを計画しています。「手狭になっても人に貸し出して、別のところに引っ越せば良い」と思っているからです。

 

実際に貸し出す事は可能なのか?

実は、この「マイホームを一時的に貸し出して、子供が成人したら戻ってくる」ということは、家を建てる前から計画をしていました。

そして、不動産管理会社の営業マンに自分のオーナールームを貸し出す事は可能なのか?という話をしたら、すぐに「もちろん可能です」という答えをいただきました。(住宅ローンの銀行とのルールは一旦おいておいて)

 

実際にいくらくらいで貸せるの?

これも営業マンに聞きましたが、東横線のある駅で徒歩2分の私の併用住宅のオーナールームであれば、おそらく14万円くらいで貸し出せるという話でした。

 

それくらいで貸せるのであれば、もし子供が増えて、家が狭くなったタイミングで、別の3LDKなど広いマンションに引っ越し、足りない分は賃貸料として払うというやり方もできそうです。実際、そういうやり方で一度人に貸し出して、子供が成人後に戻ってくるというやり方をしている人は多くいるみたいです。

 

家を建てる際に、「どれくらいの広さにしよう?子供がたくさん産まれても大丈夫なように・・・」と悩んでいる方。私のおすすめは、夫婦と子供一人くらいが住める広さくらいで十分とアドバイスしたいです。

その方がもちろん、建築費用や土地の値段も安くなりますし、また子供が成人として出て行ったしまった時に無駄なスペースが余ってしまうということもなくなります。

 

私の娘はまだ3歳で、2人目も産まれているわけではないので、上記の方法は試したことがあるわけではありませんが、もし手狭になったら検討したいと思っています。

 

※何度も文中で述べていますが、銀行によっては上記の方法を固く禁じている銀行もあります。

 

<最近読んだおすすめの本>

『捨てるべき40の「悪い」習慣』午堂登紀雄

数々の本を出版され、不動産コンサルタントでもある午堂さんの書籍です。

読みやすくて、1時間くらいで読める内容ですが、納得できる捨てるべき悪い習慣が多いです。

「否定後を捨てる」

「情報を捨てる」

「心配事を捨てる」

など、刺さる提言が多いです。タイトルに気になった方は是非読んでみてください。

 

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

賃貸併用住宅を建てる土地、中古物件を探すために行った行動1

「賃貸併用住宅」での不動産投資を始めるには、土地を買って新たに建築するか、 もしくは中古物件を

記事を読む

2回目にいただいた「賃貸併用住宅」の図面について

初回に提案いただいた「賃貸併用住宅」の図面に様々なフィードバックを返し、2週間後には修正の図面が上が

記事を読む

賃貸併用住宅で新しい入居者が決まった際におこなう4つのこと

昨年4月から運営開始した賃貸併用住宅において、先月にはじめての退去者が出てしまったことは当ブログでも

記事を読む

アパート賃貸部分の内装(壁、ドア、床)の色は「白」を基調とした方が良い理由。

賃貸アパートの内装にはオーナーの趣味を反映できる場面でもありますが、 私は「賃貸併用住宅の賃貸

記事を読む

アパートの名称を決めるにあたって考えた6つのこと

本日は「賃貸併用住宅やアパート」の名称についての話題です。   「賃貸併用住宅

記事を読む

併用住宅オーナーにとって最も確実な投資は「住宅ローンの繰り上げ返済」である。

併用住宅のオーナーとして、1年2ヶ月が経ちました。 相変わらず貸し部屋は満室稼働で動いており、

記事を読む

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。 まだ4年ですが、とはいえ

記事を読む

「賃貸併用住宅」というビッグワードでGoogle検索のSEO10位入り。ブログもニッチ戦略が重要。

先日、【Wordpressテーマ】Stinger3を導入したところPV数が2倍になりました。というエ

記事を読む

賃貸併用住宅スタートしてもうすぐ4年。相変わらず満室稼働できています。

自宅兼賃貸アパートの「賃貸併用住宅」を建ててからもう少しで4年が経とうとしています。2013年4月に

記事を読む

賃貸に「全室無料Wi-Fiサービス」の人気設備を低予算で実現する方法

アパートや賃貸併用住宅の大家にとって気になることの一つが住宅設備どこまで充実させるかです。 ヘ

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑