賃貸併用住宅スタートしてもうすぐ4年。相変わらず満室稼働できています。

公開日: : 最終更新日:2017/03/20 初めての賃貸併用住宅

自宅兼賃貸アパートの「賃貸併用住宅」を建ててからもう少しで4年が経とうとしています。2013年4月に完成したので、この4月で丸4年ですね。

賃貸併用住宅を建てる時は、大きな投資になるので「本当にずっと満室稼働経営ができるのか?」と不安を感じていましたが、タイトルにあるとおり現状3部屋ある賃貸ルームは全て埋まっており、満室稼働ができています。

この4年間運営していて、よく人に聞かれることをいくつか書いてみたいと思います。

 

・入居者はどれくらい入れ替わっているのか?

現状、満室稼働が続いていると書きましたが、もちろん入居者が何名か変わった上で満室稼働ができているということになります。

入居者はこの4年間で5名入れ替わっています。

 

大体2年の定期契約の周期で入れ替わることが多いですが、5名なので定期契約周期以外にも2名入れ替わっている事になりますね。

 

ちなみに、一度も入れ替わっていないのが「駐車場」の賃貸です。

私の賃貸併用住宅は駐車場スペースも作り、月間2万3千円で貸し出していますが、4年間ずっと借りていただいています。

といっても、駐車場を借りていただいている方は「アパートの管理会社」なので、あまりノウハウとしては参考にはなりませんが、物件の近くに管理会社がある場合は打診してみても良いかもしれません。

 

 

・入居者が出てしまった後は、どれくらいの期間で決まるのか?

もちろん時期にもよりますが、概ね2ヶ月以内には全て決まっています。

最寄り駅から徒歩2分という好立地を手に入れることができたため、4年経って「新築ブランド」が活用できなくなったとしても、集客力はあまり衰えていません。

むしろ、近辺の人口が増えたこともあり、苦労しなくなっているかもしれません。

 

ちなみに、もちろん管理会社に集客も依頼しているので、空室が出たとしてもオーナーである私がやることは特にありません。

強いていえば、物件の内覧者がいらっしゃった際に笑顔で挨拶するくらいでしょうか。

待っていれば優秀な管理会社の営業マンの方々が決定していただける状態になっています。

 

そういう意味では、最初に付き合う管理会社の選び方はとても重要だということも言えると思います。

以前、管理会社の選び方については記事に書いたので、ご参照ください。

 

 

・アパートの家賃は維持できているのか?

かなり良くいただく質問です。

結論としては4年間で家賃のトータルは維持できています。

つまり、サラリーマンの給与とは別に毎月約24万円が振り込まれる状態は維持できています。

 

家賃は、たまに値下げのご要望をされる方がいらっしゃるのですが、決めていただけるのであれば1000〜3000円くらいの範囲では許可しています。

その後、その方が空いたあとは、当初の家賃に戻し、結果的に当初の家賃に戻るというケースも多く、総じてみると家賃トータルは「あまり変わっていない」ということになっています。

 

 

・総じて、賃貸併用住宅はやはりオススメ

上記の通り、4年経っても特に空室リスクを被ることなく、アパート経営はうまく維持できています。

当たり前ですが、これはもちろん「良い土地」に巡り会えたことが大きいです。

これから賃貸併用住宅を検討されている方は「土地選び」には拘りつくしてください。私も半年間は土地を探しました。

 

<最近読んで良かった本>

「将棋の子」大崎 善生

最近、松山ケンイチさんが主演された「聖の青春」の原作者である大崎 善生さんのデビュー作です。

将棋はルールをざっくり知っている程度で趣味でも何でもないのですが、めちゃくちゃに素晴らしい本でした。

奨励会という将棋の天才児達が集まるプロ養成機関を舞台にしたノンフィクション作品になります。

羽生善治さんのような著名なプロ棋士にスポットが照らされがちですが、その裏には何万名もの夢破れた若者がいます。

「子供に夢を持たせ、応援することは本当に幸せなのか」そういったことも考えさせられる名作です。2回泣きました。オススメです。

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

賃貸併用住宅のデメリットで言われる「住民同士のトラブル」を少しでも防ぐ工夫について

今回は賃貸併用住宅における、「住民同士のトラブル」についてのエントリーです。  

記事を読む

住宅ローンの申し込み・銀行からの回答がきた

住宅ローンの申し込みにあたって、私は3行の銀行を回りました。    

記事を読む

アパートの名称を決めるにあたって考えた6つのこと

本日は「賃貸併用住宅やアパート」の名称についての話題です。   「賃貸併用住宅

記事を読む

賃貸併用住宅の土地の契約日当日で物件オーナーと交わした緊張の会話

駅から徒歩2分の5,380万円の土地の購入を決めた我々についに土地の契約日当日を迎えることになりまし

記事を読む

土地を買った後、施工会社選びに便利なサービス「タウンライフ土地活用」のご紹介[PR]

こんにちは、私です。   自宅兼貸しアパートである賃貸併用住宅は、土地から購入

記事を読む

賃貸併用住宅を建てるにあたっては、「駅から徒歩5分以内」はこだわりたい。

昨日、ついに賃貸部分の退去者が出てしまったことを書きました。   本日、ネット

記事を読む

20年ぶりの大雪で我が家のバルコニーがとんでもないことに!

土曜日の大雪はすごかったですね。私は生まれも育ちも東京ですが、あそこまで積もったのは初めての経験だっ

記事を読む

3階建てのマイホームを建てるときはエアコンも施工時に取り付けてもらった方が良い

私が昨年建てた、自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」は3階建ての造りになっています。1階と2階の半分

記事を読む

エアコンが故障した時に気を付けること

先日のお盆の話です。 私は特に旅行や帰省の予定もないので、いつも通り自宅でくつろごうかと思って

記事を読む

購入した賃貸併用住宅の物件の収益性はとても高かった

前回のエントリーで、物件を購入する意思決定をするところまで書きました。 不動産投資を以前から行

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Comment

  1. すぎやま より:

    こんにちは。
    今年大学を卒業する22歳男です。
    来年から社会人になりますが、やりたかった仕事に就けず不安だったりいろいろあります。

    ネットサーフィンをしていて、たまたま なぐ太さんのブログに行き着きました。
    「何かを始めるのに早すぎることはない」
    この記事を読んで、前向きになれました。

    なんだか元気になれそうなので、他の記事も読んでみたいと思います。

    コメントするような内容じゃないかもしれませんが、前向きになれたので感謝も込めてコメントしてみました

    • なぐ太 より:

      すぎやまさん
      こんにちは、なぐ太です。コメントいただきましてありがとうございます!!
      非常に嬉しいです、更新の励みになります。
      ぜひ今後も読んでいただけますとブログ管理者冥利につきます。よろしくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑