土地を買った後、施工会社選びに便利なサービス「タウンライフ土地活用」のご紹介[PR]

公開日: : 最終更新日:2017/02/28 初めての賃貸併用住宅 ,

こんにちは、私です。

 

自宅兼貸しアパートである賃貸併用住宅は、土地から購入してアパートを建てるケースがほとんどです。

なぜなら、「建物の半分がオーナーが住む自宅で半分はアパート」というような物件は市場に出回っていることがほとんどないためです。

 

そのため、多くの方が土地購入後、アパート・建物を建てるために施工会社選びを始めることになります。

今日は施工会社選びに便利そうなサービス「タウンライフ土地活用」のご紹介です。

 

・タウンライフ土地活用とは?

一言でいうと、「所有する土地の最適な活用方法を複数の不動産会社から同時に提案してもらえるサービス」です。

 

よく、引っ越し業者の一括登録・見積もりサイトがありますが、そういったサイトの「土地活用版」と捉えていただくのが最も理解が早いかと思います。

通常、土地購入後の施工会社選びや土地活用会社選びは一つ一つのサービスを登録し、一社ごとに訪問するなりを行い提案をもらいますので、かなりの手間がかかりますが、このサイト経由で見積もりを依頼すると、提携している不動産会社から一括して提案をもらえるという便利なサイトになっています。

 

・提携不動産会社は200社以上

提案をもらえる会社の数は地域にもよるみたいですが、全国でみると約200社の不動産会社と提携をしています。

<主な提携土地活用会社>

  • 積水ハウス
  • Pana Home
  • 大和ハウス工業
  • 大東建託
  • 三井ホーム

などなど、大手企業も多数含んでいるようです。

 

・土地の設計図や活用の提案は複数社から絶対もらったほうが良い

私ももちろんのこと、賃貸併用住宅を建てるにあたり、土地を購入後、施工会社とどのようなマイホーム・アパートにするかという打ち合わせを何度も行いました。

私の場合は、コンサルティングをお願いしていたリアライズアセットマネジメント社と提携している施工会社からそのまま提案をいただく形だったので、実質的には「施工会社選び」を行ったわけではありませんが、提案された設計図や土地活用方法が質の高いものなのかどうか?という点は実は影で別の施工会社からも提案をもらうということを行いました。

 

結果的に、2社から提案をもらったのですが、提案された設計図面や土地活用方法(つまり、貸しアパートの部屋は何室にしてどう収益を上げていくか)は全く違った内容でした。

 

具体的にはまず、リアライズ社と提携している施工会社A社の図面は、「賃貸部屋が3部屋で駐車場も設計して収益金額を最大化する」というような内容でしたが、裏で見積もりをお願いしたM社は、「賃貸部屋が2部屋で駐車場はなし」という内容でした。

 

2社から提案された図面で満室稼働した場合の月間の売り上げプランは以下でした。

A社:賃貸ルーム3部屋+駐車場を貸し出す。 →約24万円の賃貸収入

M社:賃貸ルーム2部屋を貸し出す。 →約14万円の賃貸収入

 

なんと両社で収益プランは10万円も差がついていたのです。

もちろんリアライズ社と提携していたA社にそのまま図面作成〜建築までをお願いしたので、結果的に現在24万円の家賃収入を得ることができています。

仮に提携企業がM社のようなプランだったと思うとゾッとします。。。

 

・複数社から提案をもらうのは大変。一括登録は便利。

裏で別の企業から提案をもらうときに感じたのが、提案を1社ずつもらうのは結構大変だということです。

なぜなら、サービスの登録の入力の手間はもちろんのこと、その後の土地の図面の共有・住宅への希望内容を毎回説明しなければいけないからです。

 

そういった意味では、「タウンライフ土地活用」のように一括して登録・提案がもらえるというサービスは非常に便利だと感じます。

ご参考までに。
_______________________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒私プロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。

 

ご案内。

・賃貸併用住宅に興味を持ったら早速サイトに登録して相談してみましょう

・既に土地をお持ちの方・購入した方は「タウンライフ土地活用」で複数社から提案をもらおう

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

住宅ローン決済当日の流れについての体験レポート

銀行から住宅ローンの事前審査でOKをもらい、本申込みでも融資許可がおりました。  

記事を読む

賃貸に「全室無料Wi-Fiサービス」の人気設備を低予算で実現する方法

アパートや賃貸併用住宅の大家にとって気になることの一つが住宅設備どこまで充実させるかです。 ヘ

記事を読む

キッチン備え付きの食洗機はコストが上がっても絶対につけるべき設備

本日はキッチン周りの話題です。   賃貸併用住宅の建築では、賃貸部分については

記事を読む

スマホの分割払いのせいで住宅ローンが通らなくなる?

賃貸併用住宅やマイホームを建てるときに必ず起きる行事が「住宅ローンの審査」です。 中にはキャッ

記事を読む

「賃貸併用住宅」初回に提案いただいた設計図 〜自宅部分について〜

「賃貸併用住宅」の設計図面の案を初回提案いただき、前回のエントリーで賃貸部分の解説を書きました。

記事を読む

退去が出てしまった部屋の入居者が決まりました。

賃貸併用住宅の運営を昨年4月から開始し、1年2ヶ月が経ったところで退去者がでてしまったことは、以前当

記事を読む

no image

賃貸併用住宅を建ててから7年が経った状況

1年ぶりの更新です。 マイホーム兼貸しアパートの賃貸併用住宅を建設してから実に7年が経ちました

記事を読む

購入した賃貸併用住宅の物件の収益性はとても高かった

前回のエントリーで、物件を購入する意思決定をするところまで書きました。 不動産投資を以前から行

記事を読む

購入したい土地が決まった時にチェックしたい3つのこと

「田園都市線のある駅」から徒歩2分、5,380万円の土地を購入する意思決定をしたことを書いてきました

記事を読む

はじめて「住宅ローンの繰り上げ返済」をやってみた!

前回、「併用住宅オーナーにとって最も確実な投資は「住宅ローンの繰り上げ返済」である。」というエントリ

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

no image
賃貸併用住宅を建ててから7年が経った状況

1年ぶりの更新です。 マイホーム兼貸しアパートの賃貸併用住宅を建

賃貸併用住宅に住んでから6年が経った現在の状況

こんにちは、実に2年ぶりの更新です。 自宅兼アパートである賃貸併

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑