スマホの分割払いのせいで住宅ローンが通らなくなる?

公開日: : 最終更新日:2017/03/26 住宅ローン・保険, 初めての賃貸併用住宅 , ,

賃貸併用住宅やマイホームを建てるときに必ず起きる行事が「住宅ローンの審査」です。

中にはキャッシュで買える方もいらっしゃると思いますが、数千万円以上のキャッシュをお持ちの方は中々いらっしゃらないので、ほとんどのケースは住宅ローンを申し込むことになると思います。

 

今回は、住宅ローンの審査はどのようなところがポイントになるのかを書かせていただきます。

 

スマホの分割払いのせいで住宅ローンが通らなくなる?

・住宅ローン審査で重視される項目

ご存知のとおり、住宅ローン審査は本人の年収や年齢、勤続年数などで評価されます。金融機関によっても重視する項目は異なってきますが、要は「返済能力」を統合的に審査され、貸し出すか否かが決定するのです。

<住宅ローンで審査される主な項目>

  • 完済時年齢
  • 借り入れ時年齢
  • 返済負担率
  • 勤続年数
  • 年収
  • 担保評価
  • 健康状態
  • 融資可能額(融資率)
  • 金融機関の営業エリア
  • 連帯保証の有無
  • 他の債務の状況、これまでの返済履歴

出典:HOME’S PRESS「住宅ローンの審査は何が基準?スマホの契約も影響する!?あなたの何が見られるのか」

 

・スマホの分割払いは落とし穴になりやすい

上記で、最後に記載されている「他の債務の状況」ですが、これが落とし穴になりやすいのです。

代表的なのは「2年契約でスマートフォンの機種分割払い」を契約している場合です。スマホの分割払いは月々の通信利用料金と共に機種代金の費用を利子0円で24ヶ月分分割払いすることができるので、利用している方も多いと思います。

スマホの機種はiPhone等の人気機種になると、8万円以上もするので、利子0円の分割払いは便利です。私もiPhone所持者ですが、以前は分割払いを利用していました。

ところが、スマホの分割払いは「ローン契約」になります。つまり、住宅ローン審査でいう「他の債務の状況」に該当するわけです。そうなると、まだ2年契約の縛りが済んでいない場合は「他の債務が残っている」と見なされ、少なからず住宅ローン審査上不利になってしまうのです。

 

・私も住宅ローン審査の際にスマホ分割を一括払いで精算した

私が2013年に賃貸併用住宅建築のために住宅ローンを申し込んだ際も、仲介人のコンサルタントの方に「スマホの分割をしている場合は、一括払いで精算しておいてください」と言われました。

当時は夫婦共にSoftbankでiPhoneの分割払いを行っていたのですが、マイページ上から手続きを行い、残額を精算してから、住宅ローン審査を申し込みました。結果的に、(このことだけが影響しているわけではありませんが)、一つの金融機関からローン借入金を得ることができました。

 

・複数のクレジットカードを所有している方も要注意

スマートフォンだけでなく、複数のクレジットカードを所持している場合も要注意です。

ほとんどのクレジットカードには「キャッシング枠」が設定されており、これは金融機関からみると「いつでも他の機関から借り入れができる状態」と見なされてしまいます。

そうなると、これも少なからずローン審査を不利にすることになってしまうので、ほぼ使われていないクレジットカードは解約された方が更に住宅ローンは通りやすくなります。

 

今回は住宅ローン審査で多くの方が見落としがちな点を書きました。

住宅ローンについてはいくつか専門書籍も出ているので、何冊か読んでみると良いです。以下はオススメです。

 

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

固定資産税の納税通知は一括で払った方が良いと思う理由

自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」の運営を開始してから、1年と1ヶ月が経ちました。 先々

記事を読む

住宅ローン決済当日の流れについての体験レポート

銀行から住宅ローンの事前審査でOKをもらい、本申込みでも融資許可がおりました。  

記事を読む

退去者が出てしまった部屋にようやく申し込みが1件入る。

以前も書きましたが、賃貸併用住宅の運営を昨年の4月から開始して、しばらく満室稼働が続いていたのですが

記事を読む

賃貸併用住宅でフル稼働すること1年2ヶ月、ついに初の退出者が出てしまった。

昨年の4月から自宅兼賃貸アパートの運営を開始してから、1年2ヶ月間賃貸ルームの3部屋は満室稼働してお

記事を読む

マイホームにベランダはいらないと感じる4つの理由

マイホーム兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、もう少しで3年が経とうとしています。

記事を読む

家計の中では何を節約すべきなのか?食費は節約すべきではないと思う理由。

「できる限り節約してお金を貯めておきたい」   どんな家庭でも一度はそう思った

記事を読む

夫婦の融資で賃貸併用住宅を建てると確定申告が複雑になる理由

確定申告の時期なので、関連するエントリーをたくさん書きたいと思います。   今

記事を読む

アパートの名称を決めるにあたって考えた6つのこと

本日は「賃貸併用住宅やアパート」の名称についての話題です。   「賃貸併用住宅

記事を読む

20年ぶりの大雪で我が家のバルコニーがとんでもないことに!

土曜日の大雪はすごかったですね。私は生まれも育ちも東京ですが、あそこまで積もったのは初めての経験だっ

記事を読む

賃貸併用住宅運営から9か月目にして起きたはじめてのトラブル

2013年の4月から賃貸併用住宅を運営してから、今月で9か月経ちますが、はじめてトラブルがおこりまし

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑