平成28年度の確定申告はマイナンバー記載が必須。すぐに自分のマイナンバーを調べる方法

公開日: : 最終更新日:2017/03/20 初めての賃貸併用住宅, 確定申告・節税 ,

平成28年度の確定申告の締め切り3月15日(水)がせまってきました。

まだ確定申告を提出していないという方でこの土日に仕上げよう!という方も結構いらっしゃるかと思います。

そんな方のために一点注意です。

 

平成28年度以降の確定申告からは「マイナンバーの記載と証明できる書類の添付」が必須になります。

サラリーマンの方は会社にマイナンバーの原本を提出していて、「証明できる書類が無い!」「写しをとっていなくて、そもそも番号すらわからない!」という方もいらっしゃっるかもしれません。そんな方のために、即日で自分のマイナンバーを調べる方法を書きたいと思います。

 

すぐに自分のマイナンバーを調べる方法

マイナンバー記載の住民票を発行する

結論から書きます。マイナンバーの原本・写しがなく、番号がわからない!という時は、「マイナンバー記載の住民票」を発行することで即日で自分のマイナンバーを調べることができます。

最寄りの市役所や、土日でもオープンしている行政サービスコーナーに行き、「マイナンバー記載の住民票を発行したい」と申し出てみましょう。300円の手数料で、個人番号付きの写しを即日発行することができます。

また、家族全員分のマイナンバーが記載された形式のものも発行することができます。

平成28年度以降の確定申告で配偶者控除や扶養控除を記載する場合は、家族のマイナンバーも必要なので、全員分のが記載された書類を発行した方が便利です。

 

マイナンバーカードの再発行は時間がかかる

このタイミングでマイナンバーカードを紛失したことがわかったとしても、まずは確定申告を優先して、上記の住民票で知る方法をまずは行った方が良いかと思います。

なぜなら、マイナンバーカードの発行は申請から3週間〜1ヶ月前後とわりと時間がかかるためです。

もちろん、紛失は紛失で早く対処すべき問題なので、確定申告作業が終わった後は、再発行手続きはとるべきです。ちなみにマイナンバーの再発行は警察の遺失物受理番号が必要なケースもあるので、申請にも時間を要します。

 

確定申告のマイナンバー証明添付書類は、住民票の写しと個人が証明できる書類の2点でOK

マイナンバーの証明添付書類は、「原本の写し」の場合はそれのみでOKですが、「住民票の写し」の場合は、更に個人を証明できる書類の写しも添付する必要があります。

免許証、パスポート、保険証等がそれにあたりますので、ご自身がお持ちの証明書類を印刷して、2枚添付すれば証明書類の準備は完了です。

 

あとは、きっちり通期の収入と経費を記載して提出しましょう。3月15日締め切りなので、このタイミングであればそのまま管轄の税務署に足を運んで提出した方が良いかもしれません。

 

確定申告に関する記事はいくつか書いているので、以下、読んでみてください。

 

・【平成28年度】手書きなのに確定申告の作業を2時間で終わらせる方法

・今年も確定申告の季節がやってきた。はじめての確定申告でやることまとめ。

・【はじめての確定申告】賃貸併用住宅の不動産収入で税務署に提出する書類まとめ

・サラリーマン大家が確定申告をする前に読んでおきたい本5冊を紹介!

 

<確定申告におすすめの本>

当ブログで最も購入されている確定申告関連のおすすめ本です。カクテイシンコクってなに?という状態の方にはとてもオススメの入門書です。

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

賃貸併用住宅専門のコンサルタントを利用するメリット

今回は「賃貸併用住宅」を建てるにあたって、専門の仲介コンサルタントを利用するメリットについて書かせて

記事を読む

個人で申告する人はほとんどいない?償却資産申告書の提出にいってきました。

賃貸併用住宅の運営は、「不動産賃貸業」になるので、 個人事業主として事業を開業したことになりま

記事を読む

「投資をしよう」、「個人事業を開業しよう」、と決めたその日から領収書を保管するのを忘れずに!開業費は魔法の経費

個人事業主(フリーランス、大家さん、投資家など)で年間20万円以上の収入がある方は、確定申告が必須と

記事を読む

お金をかけずに夫婦だけで地鎮祭を行う方法

マイホームや賃貸併用住宅を土地から建てる際に、必ず検討するイベントの一つが「地鎮祭」です。 地

記事を読む

賃貸に「全室無料Wi-Fiサービス」の人気設備を低予算で実現する方法

アパートや賃貸併用住宅の大家にとって気になることの一つが住宅設備どこまで充実させるかです。 ヘ

記事を読む

アパートの管理会社を選ぶ際にこだわりたい4つのポイント

「賃貸併用住宅」はマイホームでもありながら、賃貸アパートでもあります。 そのため、「賃貸ルーム

記事を読む

マイホームの樹木は「シマトネリコ」よりも「ローリエ」をオススメする理由

マイホームを建てる際にシンボルツリーに憧れる方は多いかと思います。 そしてそのシンボルツリーの

記事を読む

電子レンジがいらなくなったので、思い切って捨ててみました

家の中の不必要なモノを整理する断捨離生活にはまっています。 以前は、食器棚も不必要と思い、思い

記事を読む

引っ越し代を相場の半額以下に節約する方法

本日は引っ越しに関する話題です。 不動産賃貸業は2〜3月が繁忙期です。ということは、それにあわ

記事を読む

アパート敷地内に勝手に自転車を止められる事件の一部始終

以前、【賃貸併用住宅】建物の敷地内に知らない自転車が置いてありました。という記事を書きました。

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑