一日二食の「半日断食」で花粉症が劇的に改善(ほぼ完治)しました。

以前に当ブログで書いたとおり、私は重度の花粉症持ちです。

もう20年以上悩まされており、毎年バレンタインデー以降からゴールデンウィーク前までが憂鬱で、花粉症によって学校や会社を休んだこともあるほど強いアレルギー反応が発生します。

学生の頃は症状が酷すぎて強烈なステロイド系の薬も処方していたのですが、最近一日二食の「半日断食」を始めてみたところ、なんと花粉症が劇的に改善しました。

これまでは桜が咲く今頃の花見は「マスクなし」では花見ができなかったのですが、マスクをつけるのを忘れるほどになりました。

 

一日二食の「半日断食」で花粉症が劇的に改善する

半日断食とは?

半日断食とは以下の書籍で知りました。

一日三食の中で「朝食のみ」を抜き、昼と夜だけの一日二食にするという健康法です。

通常断食は、「何も食べない」ことを指しますが、それだと医師の立ち会いが必要だったり、リスクもあるので「朝食抜きの半日断食」でも十分に断食に近い効果が得られることから、上記著者の甲田氏が提唱している方法になります。

一日二食にすると、前日の夜から昼まで約16〜18時間は何も食べないことになります。そうすると体の免疫の6割以上も支えているという胃腸が休まり、本来の機能を発揮することができるようになるのです。

 

半日断食って昼と夜は何を食べるの?

半日断食と言っても、昼と夜にお腹がパンパンになるまで食べてしまっては胃腸は休まりません。基本腹八分、理想は六分です。

私の場合は、朝は本当に水やお茶(柿の葉茶、ドクダミ茶など)だけ。

昼は、自分で弁当を作り「まごわやさしい」を意識した和食のメニューで食事を摂っています。

夜は、その時の好きなものを基本食べますが、肉やラーメンなどの胃腸に負担がかかるものは基本的には避けています。

 

花粉症が劇的に改善した

上記の食生活を2週間ほど行ったところ、なんと気づいたら20年以上悩まされてきた花粉症が劇的に改善しました。

今の時期(4月初旬)でもマスクなしで外を歩くことができます。この暖かくなってきたタイミングでマスクなしで快適に歩けることは20年間全くなかったので、とても幸せです。

ちなみに甲田氏も上記の著書で「花粉症や蕁麻疹などのアレルギー」は胃腸の回復による劇的に改善するとおっしゃっています。

腸に溜まってしまった宿便が異常発酵(腐敗)する過程で、有害物質が発生して炎症を引き起こすのです。

そうなると、食だとか外から入ってくるアレルゲン(アレルギーを引き起こす物質)が炎症を起こしている傷ついた腸の粘膜からどんどん侵入してきて、その結果、花粉症などのアレルギーが引き起こされる

なお、一日一食にすると更に効果が高いようです。

花粉症や蕁麻疹などのアレルギー症状に悩まされている方は「朝食を摂らない」ことをお勧めします。

 

ちなみに半日断食はもともとは「風邪予防」のために以下の本を読んで実践していました。

この本を読んで書いたエントリーはこちらです。
風邪予防の食事改善。ふるさと村の「食養」があなたを病気にならない体に変える。

この本でも健康のためには一日二食を提唱しています。

もともとは風邪予防と健康のために始めた「一日二食」ですが、なんと花粉症まで改善してしまいました。

「半日断食 花粉症」で検索すると私と同じく改善したとレポートしている方も多くいらっしゃいます、是非気になる方は試してみてください。

 

一日一食、一日二食の効能は以下の本も参考になります。

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

糖質制限生活を7ヶ月間続けてみた結果!

最近ブームにもなっている「糖質制限ダイエット」 私も今年の1月くらいから初めてすでに7ヶ月が経

記事を読む

入院してわかったこと、やっぱり医療保険は入る必要が全くない

昨年の11月頃、腸の憩室というところが炎症をおこし緊急入院しました。 <入院中に書いた記事>

記事を読む

入院生活をポジティブ・前向きに過ごすために大事にしたい5つの習慣

昨日のエントリーで書いたように、腸炎のため入院してしまいました。 本日入院4日目です。 30

記事を読む

え?キャバクラ代も経費でおとせるの!?:「あらゆる領収書は経費で落とせる」書評

以前、「サラリーマンの9割は税金を取り戻せる」という本の書評を書きました。大村さんという元国税調査官

記事を読む

一日二食の半日断食をしてから私に起きた好天反応

一日二食の「半日断食」生活相変わらず続けています。 参考リンク: 風邪予防の食事改善。ふ

記事を読む

風邪予防の食事改善。ふるさと村の「食養」があなたを病気にならない体に変える。

最近風邪が流行っています。 先日、私も久々に風邪になってしまいまして、熱も出て会社を休むことに

記事を読む

食器洗いの手間が激減する。家のご飯はワンプレートで盛りつけることをオススメします。

自宅でご飯を作り器に盛りつける際、多くの方は料理一つに付き、食器も一つという形で盛り付けていると思い

記事を読む

本棚に溜まった本を効率的に断捨離する方法

私は普段から断捨離を習慣にしており、本や衣服もある程度溜まったなと思ったら思いきって処分してしまいま

記事を読む

ユニクロの服でもオシャレに着こなすコツ

先日、かなり面白い本を読んだので、ご紹介いたします。 その本とは、こちらです。 &nbs

記事を読む

元AKB・現HKT48の指原(さしこ)に学ぶサラリーマン仕事術。「逆転力〜ピンチを待て〜」レビュー。

日本を代表する大人気アイドルグループAKB48。 その姉妹グループであるHKT48に所属する指

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑