自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

公開日: : 最終更新日:2017/05/19 初めての賃貸併用住宅

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

まだ4年ですが、とはいえ4年でも家自体は経年劣化します。

今回は、4年間経ってからおきた不具合について書いてみたいと思います。

 

寝室のドアが閉まらなくなった

まず一つ目はこれです。

家を建ててから3年目くらいで寝室のドアが完全には閉まらなくなりました。

閉めようとしたら、ドアを無理やり上に押し上げから閉めないと、うまく閉まらないという非常に不便なドアになってしまいました。。。

 

施工業者に連絡して直してもらう

寝室のドアなので、そこまで困る話ではないものの、毎回閉めるときに持ち上げなければならないのは煩わしいので、施工業者の担当の方に電話し、見に来てもらうことにしました。

幸い、ドアは調整ができるもので、その場で調整すれば直るとのことだったので、対応いただきました。

10〜20分ほどの作業でドアは以前の状態に直り、ちゃんと閉まるようになりました。

 

 

ベランダの引き戸が傾き少しの隙間ができてしまった

もう一点目もドア、引き戸の不具合です。寝室のドアの次は、リビングに面したベランダに出入りするための引き戸が傾き、まず鍵がかけられなくなってしまいました。

また、わずかながら隙間ができ、雨風が強い日はサッシに水が侵入してしまうという事態が発生しました。

すぐに施工業者に連絡し、応急処置をしてもらう

サッシの水の侵入や鍵がかけられないのはさすがに放っておけないので、これまたすぐに施工業者に連絡しました。

施工業者経由でサッシ業者につないでいただき、サッシ業者の方が来てみてくれました。

引き戸の傾きを直すために、専用のトンカチやらを用意し、調整してもらいました。

この調節により、鍵は閉まるようになり、サッシから水が侵入するほどの事態は回避できるようになりましたが、よーくみると若干傾いており、これ以上を直すとしたらサッシ交換から費用がかかるという結論に。

とりあえず、鍵はかけられ、水の侵入はなくなったので良しとして、いまはそのまま過ごしています。とくに不便はないので、一旦はまあこれで良いかなと思っています。

 

木造は経年劣化でドアや引き戸のトラブルが起こりやすい

業者の方に聞いてみると、木造(とくに3階建)は経年劣化でゆがんだり、傾いたりということが起きやすく、建物に挟まれているドアや引き戸、窓に不具合が出ることはよく起こるとのことでした。

さすがにまだ4年なので、そんなことあるのか?という疑問も湧きましたが、そういったケースもあるみたいです。。

ただ私の実家も木造なのですが、両親に聞いたところそんな不具合は起きたこと無いとのことでした。

ケースバイケースみたいです。

 

まとめ

ドアが閉まらなくなったり、引き戸の隙間を見つけたときには焦りましたが、気にならない程度に直る不具合で良かったです。

ちなみに、この不具合での修繕費は0円です。調整で済む場合は無料のケースがほとんどみたいなので、参考にしてみてください。

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

個人で申告する人はほとんどいない?償却資産申告書の提出にいってきました。

賃貸併用住宅の運営は、「不動産賃貸業」になるので、 個人事業主として事業を開業したことになりま

記事を読む

賃貸併用住宅を建てるにあたっては、「駅から徒歩5分以内」はこだわりたい。

昨日、ついに賃貸部分の退去者が出てしまったことを書きました。   本日、ネット

記事を読む

建物の打ち合わせが始まる!

土地の決済が無事終わり、次は建物についての打ち合わせです。   マンションだと

記事を読む

謹賀新年:賃貸併用住宅をはじめてから8ヶ月経ち思う事

新年あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いします。  

記事を読む

no image

賃貸併用住宅を建ててから7年が経った状況

1年ぶりの更新です。 マイホーム兼貸しアパートの賃貸併用住宅を建設してから実に7年が経ちました

記事を読む

地盤調査の結果、改良工事が必要となった際の追加資金はいくらかかるのか?

本日は地盤調査の話題です。   地盤調査とは? 地盤調査とは何でしょうか。wik

記事を読む

スマホの分割払いのせいで住宅ローンが通らなくなる?

賃貸併用住宅やマイホームを建てるときに必ず起きる行事が「住宅ローンの審査」です。 中にはキャッ

記事を読む

住宅ローンの申し込み・三大疾病保障付きローンは入るべき?

住宅ローンに申し込むとほとんどの場合は、団体生命保険への加入を求められます。  

記事を読む

不動産売り主から「産休中の妻」についての質問が!

前回のエントリーで、土地不動産の売り主へ買い付け証の送付を 行ったことを書かせていただきました

記事を読む

併用住宅オーナーにとって最も確実な投資は「住宅ローンの繰り上げ返済」である。

併用住宅のオーナーとして、1年2ヶ月が経ちました。 相変わらず貸し部屋は満室稼働で動いており、

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

no image
賃貸併用住宅を建ててから7年が経った状況

1年ぶりの更新です。 マイホーム兼貸しアパートの賃貸併用住宅を建

賃貸併用住宅に住んでから6年が経った現在の状況

こんにちは、実に2年ぶりの更新です。 自宅兼アパートである賃貸併

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑