アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

公開日: : 最終更新日:2017/07/17 初めての賃貸併用住宅

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3部屋ある賃貸併用住宅のうち201号室という二階の部屋に空室が出てしまいました。

法人契約で借り上げ社宅として利用していただいていたので、この時期に途中解約は想定外でした。

解約の理由は「結婚をするから」とのこと。であれば、しょうがないですね。。

お世話になっている管理会社さんに頑張ってもらうしか無さそうです。

早く決まれば良いのですが、気になるのが6月に解約が出てしまった点。もうすぐ一ヶ月が経ちますが、まだ決まっていません。。管理会社さんに聞くとやはり6月退去は空室が長くなってしまう傾向があるのだそうです。

 

6月の退去を避けたい理由

6月は賃貸を探す需要がかなり低迷する時期

賃貸は2〜3月が最も活況な時期です。想像すれば当たり前のことでして、4月の新しい期に向けて、入学や人事異動のために探す方が多くなるからです。

また、その時期に入るので、2年の更新期間がその時期に自然と集中するということも理由にあります。

なので、4月〜新しく入居し、二ヶ月が経った6月というのは「新しく住居を探す」というニーズがかなり低くなるのだそうです。そりゃ確かによっぽど気に入っていない限りは二ヶ月でもう一回探すということはしないですよね。。。

 

6月は天気も悪い

また、6月は誰もが嫌いな「梅雨の時期」です。雨の日が増えるので、自然と外出する機会が減ります。

部屋探しは何軒もの家を回ることになるので、その時に雨だったらかなり憂鬱になりますよね。なので、6月はそもそも部屋を探そうという気すら起きなくなるみたいです。

考えてみれば、そうですね。いま住んでいる部屋から引っ越ししようかなと考えている人でも、梅雨の時期は避けようと思うのは当然のことだと思います。

 

6月の退去はやっぱり痛い

6月の空室を避けたいのは、上記のとおりそもそも決まりにくいからというのと、空室が長期化する可能性があるからです。

梅雨は一ヶ月続きます。そして梅雨が開けると真夏の到来。

近年の都心の体感温度はめちゃめちゃに暑いので、そんな時期に外を歩き回る部屋探しをしようとはなかなか思わないですよね。

下手をすると、二ヶ月以上決まらない可能性もあるかもしれません。。。ちょっとさすがにそれは避けたいです。

 

幸いなことに不動産サイトの流入は「比較的には」好調

6月の空室は悪いことだらけということをお伝えしましたが、管理会社さんからのSUUMOやHOMESのレポートによると、検索流入自体は良好とのこと。

私の併用住宅は「最寄り駅から徒歩3分」なのですが、その検索条件でいうと目立ったライバルもほぼいないので、競争状態自体は良い状態みたいです。

なんとか、そのまま早く決まって欲しいですね。。

 

まとめ

以上、6月の退去は痛いという記事でした。

6月の退去を避ける方法というのは、こればっかりは入居者さんの事情によるので難しそうですね。

管理会社さんにプレッシャーをかけつつ、頑張っていただくのを期待しています。

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

キッチン備え付きの食洗機はコストが上がっても絶対につけるべき設備

本日はキッチン周りの話題です。   賃貸併用住宅の建築では、賃貸部分については

記事を読む

夫婦の融資で賃貸併用住宅を建てると確定申告が複雑になる理由

確定申告の時期なので、関連するエントリーをたくさん書きたいと思います。   今

記事を読む

アパートの名称を決めるにあたって考えた6つのこと

本日は「賃貸併用住宅やアパート」の名称についての話題です。   「賃貸併用住宅

記事を読む

建物の打ち合わせ一回目の後に施行会社に送った要望イメージ資料

建物の打ち合わせ第二回目について書かせていただく前に、一回目の打ち合わせの後に、私夫妻が施行会社向け

記事を読む

エアコンが故障した時に気を付けること

先日のお盆の話です。 私は特に旅行や帰省の予定もないので、いつも通り自宅でくつろごうかと思って

記事を読む

土地を購入するための第一歩は「買付証」の送付

今回は、賃貸併用住宅を建てるために、5,380万円の東横線「C駅」の物件を買うことを決めてから

記事を読む

はじめて「住宅ローンの繰り上げ返済」をやってみた!

前回、「併用住宅オーナーにとって最も確実な投資は「住宅ローンの繰り上げ返済」である。」というエントリ

記事を読む

併用住宅オーナーにとって最も確実な投資は「住宅ローンの繰り上げ返済」である。

併用住宅のオーナーとして、1年2ヶ月が経ちました。 相変わらず貸し部屋は満室稼働で動いており、

記事を読む

アパートの管理会社を選ぶ際にこだわりたい4つのポイント

「賃貸併用住宅」はマイホームでもありながら、賃貸アパートでもあります。 そのため、「賃貸ルーム

記事を読む

車の衝突でヒビが入った住宅の壁がようやく修復されました。

今年の1月に車の衝突でヒビが入ってしまった賃貸併用住宅の壁がようやく修復しました。  

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

no image
賃貸併用住宅を建ててから7年が経った状況

1年ぶりの更新です。 マイホーム兼貸しアパートの賃貸併用住宅を建

賃貸併用住宅に住んでから6年が経った現在の状況

こんにちは、実に2年ぶりの更新です。 自宅兼アパートである賃貸併

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑