賃貸併用住宅を建てる土地、中古物件を探すために行った行動1

公開日: : 最終更新日:2017/03/25 初めての賃貸併用住宅

「賃貸併用住宅」での不動産投資を始めるには、土地を買って新たに建築するか、

もしくは中古物件を買うかの二つの選択肢があると思います。

どちらにするか?

 

私の場合は、まずどちらを決めることなく、

両方をターゲットに探してみることにしました。

 

どういう風に探したのかについて、今日はエントリーいたします。

 

まずはポータルサイトへ登録した

私は以前からもいっているとおり、投資の知識も全くない素人で、

右も左もわからずなのでとりあえず「不動産投資専門のポータルサイト」に登録いたしました。

 

(実際に登録した不動産投資専門サイト)

 

□健美家

http://www.kenbiya.com/

 

あまり聞き慣れないかと思いますが、健美家も日本では有数の収益物件サイトです。

物件種別で賃貸併用住宅専門のカテゴリもあり、紹介する中では一番賃貸併用住宅の物件数が多いです。

併用住宅を探している方には一番おすすめのサイトです。

 

□ホームズ不動産投資

http://toushi.homes.co.jp/

 

賃貸サイト「ホームズ」の収益物件専門のサイトです。

件数はそれほどありませんが、検索やメール通知設定など物件を探しやすい工夫がされています。

しかし、物件種別カテゴリが賃貸併用住宅がないので、あまり使いませんでした。

 

□楽待

http://www.rakumachi.jp/

 

国内最大の収益物件サイトです。一棟マンション、アパートなどの物件に強いです。賃貸併用住宅専門のカテゴリもあります。

 

上記3サイト登録しましたが、やはり収益不動産の中で賃貸併用住宅の数は少ないので、物件もいまいちだし、あまり件数も多くありませんでした。

 

楽待で常時約100件、健美家で約140件ほどです。

 

全国でこの数なので、我々が探している首都圏にするとほとんど数はありません。。。

 

これは気長に探しすかないな、、と思った瞬間でした。

 

 

仲介業者にも登録した

 

上記サイトで件数をチェックしつつ、仲介業者にも登録にいきました。

 

きれいな受付を通されると若手の支店長が出てきて、物件についての要望ヒアリングが開始されました。

賃貸併用住宅での不動産投資を考えていると伝えたところ、かなり微妙な反応でした。

 

「まずはアパートやマンションの区分所有などで実績を積まれてから、併用住宅にいった方がよいかと思われます、最初に背伸びし過ぎです。。」

というようなことをいわれました。。。

 

支店長の話だけを信じてあきらめるわけにもいかないので、とりあえず中古物件や土地が見つかったら連絡してほしい旨を伝えておきました。

 

いま思えば、こちらの業者に行ったのは完全に失敗でした。

 

失敗というか収益不動産専門の業者ではなく、一戸建ての建て売り販売や分譲マンションの販売などに一般的な住宅購入に強い業者だったので、頼む相手が違いました。。

 

とまあ最初はサイトも件数が少なく、業者もあまり頼りにならずで本当に併用住宅はたてられるのか??・・と不安な立ち上がりでした。

 

とはいえ、本当に探してくれるのか?とも思ったこの業者でしたが、何件か土地や中古物件を紹介していただけました。

 

いくつかの例をふまえて、こちらはまた次回で詳細を書きます。

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

建物の打ち合わせ一回目の後に施行会社に送った要望イメージ資料

建物の打ち合わせ第二回目について書かせていただく前に、一回目の打ち合わせの後に、私夫妻が施行会社向け

記事を読む

1月に入ってから「賃貸併用住宅」の検索ワードで検索結果3位になりました

1月から当ブログのアクセスが急に増えました。 更新頻度をものすごい増やしたわけでもないのに、何

記事を読む

賃貸併用住宅を建てる土地、中古物件を探すために行った行動2

こんにちは。私です。   前回に引き続き、賃貸併用住宅を建てるにあたって、

記事を読む

なぜ自分の周りで「賃貸併用住宅」をはじめる人がいないのか?

昨年の4月から自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」の運営を開始してから、早いものでこの9月で1年

記事を読む

併用住宅オーナーにとって最も確実な投資は「住宅ローンの繰り上げ返済」である。

併用住宅のオーナーとして、1年2ヶ月が経ちました。 相変わらず貸し部屋は満室稼働で動いており、

記事を読む

賃貸併用住宅の退去後の部屋のクリーニング費用の相場について

自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」の運営を開始してから約1年と2ヶ月間ずっと満室稼働を続けられ

記事を読む

退去者が出てしまった部屋にようやく申し込みが1件入る。

以前も書きましたが、賃貸併用住宅の運営を昨年の4月から開始して、しばらく満室稼働が続いていたのですが

記事を読む

事故物件サイト「大島てる」で借りる部屋を必ず調べてみよう

昨今、「事故物件」が注目を浴びているようです。 「事故物件」とは、名前のとおり、何らかの理由で

記事を読む

サラリーマン大家が退去者の立ち会い当日にすることは何も無い

当ブログでも何度か書いていますが、賃貸併用住宅を建築し、賃貸部分の満室稼働が開始してから約1年2ヶ月

記事を読む

20年ぶりの大雪で我が家のバルコニーがとんでもないことに!

土曜日の大雪はすごかったですね。私は生まれも育ちも東京ですが、あそこまで積もったのは初めての経験だっ

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑