賃貸併用住宅を建てる土地、中古物件を探すために行った行動2

公開日: : 最終更新日:2017/03/25 初めての賃貸併用住宅

こんにちは。私です。

 

前回に引き続き、賃貸併用住宅を建てるにあたって、

土地・中古物件をどのように探したか?を書いていきます。

 

ある仲介業者(A社と記載しておきます)に登録したことは前回書きました。

A社からの紹介で何件か内覧に行ってみた

 

通常のファミリー向けの住宅に強いA社でしたが、

「賃貸併用住宅」を探している私にも何件か物件を紹介してくれました。

少し興味ある物件もあったので、勉強がてら何軒か内覧にもいきました。

 

1、中古二世帯住宅物件 3,980万円

東急東横線 「妙蓮寺駅」より徒歩6分

約50坪 3DK×2戸

 

以前は親夫婦と息子夫婦で住んでいた二世帯住宅物件でした。

親夫婦と住むことがなくなったので、息子夫婦が売り出しをかけていたようです。

しかし、あくまでも二世帯住宅なので、賃貸住宅として考えると少し、厳しいし、

改築も相当必要だと思ったためこちらは見送りました。

 

2、中古二世帯住宅 6,780万円

横浜市営ブルーライン線「片倉町駅」より徒歩2分

約68坪 3LDK+3DK

 

こちらも二世帯住宅です。1よりも広めで、ドアも別々に設置して

あったので、工夫すれば賃貸用もいけるかな?と思いましたが、

片倉町という駅が賃貸需要があまり高くないと感じたので、こちらも見送りました。

資金的に割安でなかったことも理由です。

 

と、まあ他にも何軒かご案内いただきましたが、

結局A社からはめぼしい物件の紹介はありませんでした。

 

※A社は前述の通り、併用住宅や収益物件には確かにそこまで強くありませんが、ファミリー向けの住宅には本当に強いと思います。

特筆すべきは提案の数と、営業マンの行動力です、とても真摯に探していただけるので、ファミリー住宅を探している方にはおすすめの仲介業者です。

 

 

他の業者にも紹介してもらうようにチラシを配った

 

しばらく収益物件サイトとA社からの物件で探していましたが、もう少し数が欲しいと感じたので仲介業者に希望物件のチラシを配ることを実行しました。

 

こんな方法あるの?と思われる方もいらっしゃると思いますが、私も最初は戸惑いましたが、下記の書籍に有効な土地探し法として記載があったので、ものは試しと実行してみることにしました。

●「お金を生み出す家を買いたい!」長谷川高

 

実際のビラにはワードファイルで下記のことを書きました。

***************************

タイトル:住居付き収益不動産探しています

 

投資対象 :住居付き収益物件

(中古一戸建て、中古アパートもしくは土地)

 

予算   :3,000万円~7,000万円

 

エリア  :第一希望 田園都市線沿線

第二希望 目黒線沿線

 

※賃貸需要が高い物件であれば上記以外も可

 

利回り  :表面利回り9%以上

 

築年数  :25年以内

 

面積   :オーナー住居部分50平米以上

 

最寄駅徒歩:10分以内

指名:***

TEL:***

Mail:***

 

***************************

※なぜ上記の条件にしたのかは次回以降で解説いたします。

 

このビラを自分たちがターゲットにしているエリアの仲介業者さん約10業者ほどに手渡しで私夫婦で回りました。

 

「こんにちはー!こういった物件を探しています!」ともう飛び込み営業のようにです。

(今思えばちょっと風変わりな夫婦だったように思います。)

 

 

「こんだけビラを蒔いたんだから、何かしら反応がくるよね」

 

と夫婦で期待していました。

 

 

しかし、、、、

結果は散々でした。

 

待てども待てども、いっこうにどの業者からの一通の連絡も入りません。

(結局約一年間一件も紹介がありませんでした)

 

「長谷川さんのいう通りに実行したのに、、、なぜ、、、」

 

 

利回り条件を高く設定しすぎたのがいけなかったのか、若い二人だったので紹介しても無駄だと思われたのか、、原因はよくわかりませんが、とにかく作戦は失敗でした。

 

 

物件・土地探しは甘くないと痛感した出来事でした。。。

 

 

このままでは、何も進まないので、もう一度考え直してみることにしました。

 

そもそも私が感じたのは、「賃貸併用住宅」を探しています。と不動産業者に伝えると、「?」という顔をする方が多かったことです。

 

もしかしたら、そういった物件を探す方が少なすぎて不動産業者も「希望がよくわからない人がきたな、まあ優先順位は下かな」と思っていたのかもしれません。

 

これは、もう少し併用住宅について詳しい方に協力を得ないと厳しいと感じました。

 

この考えの変化が功をそうし、実際にはよい物件が見つかったのですが、こちらについては次回詳しく書かせていただきます。

 

 

↓1クリック応援お願いします!

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 賃貸併用住宅へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 住まいブログ アパート経営へ
にほんブログ村

 


一戸建て ブログランキングへ

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

夫婦の融資で賃貸併用住宅を建てると確定申告が複雑になる理由

確定申告の時期なので、関連するエントリーをたくさん書きたいと思います。   今

記事を読む

購入したい土地が決まった時にチェックしたい3つのこと

「田園都市線のある駅」から徒歩2分、5,380万円の土地を購入する意思決定をしたことを書いてきました

記事を読む

貸しアパートに空室ができた際にあなたがやるべきたった一つのこと。

賃貸併用住宅やアパート大家を運営している中で出てくる一番のリスクは、当たり前ですが「空室」です。

記事を読む

土地を購入するための第一歩は「買付証」の送付

今回は、賃貸併用住宅を建てるために、5,380万円の東横線「C駅」の物件を買うことを決めてから

記事を読む

固定資産税の納税通知は一括で払った方が良いと思う理由

自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」の運営を開始してから、1年と1ヶ月が経ちました。 先々

記事を読む

マイホームやアパートの建築現場見学で意識しておきたい4つのこと

自宅兼アパートの「賃貸併用住宅」の建築では、設計や内装の仕様が決まると、施工会社と「工事請負契約書」

記事を読む

「賃貸併用住宅」で住民同士の音漏れをできる限り無くす方法

私が建てた「賃貸併用住宅」は、私夫妻が住むオーナースペースと、賃貸用の部屋3戸でできています。

記事を読む

併用住宅オーナーにとって最も確実な投資は「住宅ローンの繰り上げ返済」である。

併用住宅のオーナーとして、1年2ヶ月が経ちました。 相変わらず貸し部屋は満室稼働で動いており、

記事を読む

併用住宅に自転車置き場を設置しておらず少し困った話。

8月に賃貸併用住宅のある一室の部屋に空きが出てしまいましたが、先日新しい方が決まったことは以前当ブロ

記事を読む

賃貸併用住宅でフル稼働すること1年2ヶ月、ついに初の退出者が出てしまった。

昨年の4月から自宅兼賃貸アパートの運営を開始してから、1年2ヶ月間賃貸ルームの3部屋は満室稼働してお

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

no image
賃貸併用住宅を建ててから7年が経った状況

1年ぶりの更新です。 マイホーム兼貸しアパートの賃貸併用住宅を建

賃貸併用住宅に住んでから6年が経った現在の状況

こんにちは、実に2年ぶりの更新です。 自宅兼アパートである賃貸併

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑