購入した賃貸併用住宅の物件の収益性はとても高かった

公開日: : 最終更新日:2017/03/25 初めての賃貸併用住宅

前回のエントリーで、物件を購入する意思決定をするところまで書きました。

不動産投資を以前から行っている、知人のおすすめも購入の理由ですが、実はもう一点、最大の購入理由があります。
それは、コンサルタントの方から教えていただいた「土地」の収益性試算でした。

 

投資目的の土地や、物件を買うときはもちろん、その物件の収益性はどれくらいなのかは一番重要な指標になると思います。

これが、利回りだとか色々な指標があるわけです。

(利回りの解説は↓がわかりやすいです)

不動産の利回りとは?

 

 

購入を決めた物件はとても収益性が高かった

不動産購入にあたる最重要指標となると、もちろん私もこれは確認しました。といっても、全くのど素人なので、すべてコンサルタントの方に依頼しました。

 

そのときに、いただいた試算メールが下記になります。

***********************************
借入最大可能額を計算しますと、
 
ご主人 5048万円
奥様  3108万円
合計   8156万円
 
となります。
 
多少余裕をもって借入8100万円としますと、自己資金1000万円を含め、
物件価格は土地+建物で約8400万円くらいになると思われます。
 
今回のC駅で考えますと、建物予算が3000万円くらいとれる
ことになりますので、もう少し建物を拡張し、1フロア51㎡×3
くらい可能になるかもしれません。
 
そうすれば、
1F:17㎡(ロフト付×3
2F:25㎡×1(賃貸) + 26㎡(オーナー:水回り+1部屋)
3F:52㎡(大きなLDK+1部屋)
 
オーナーも大きな2LDKが取れるようになり、とても良い感じです。
 
返済は借入8100万円ですと、23.1万円/月、
家賃収益は固く見ても7万円×3+8.5万円で29.5万円/月
 
非常に素晴らしい収益性です・・・
稼働率が90%でも26.5万円/月となり、80%で23.6万円/月
それでもなおプラス収支という、あり得ない数値になります。
 
収益性としては、これまで私が見てきた中でも最高峰で、これ以上のものは
今後もそう簡単にはでないと思われます。
 
恐らく、明日、来週あたりが山場になると思われますので、
是非、前向きにご検討頂けると幸いです。
***********************************

 

 

営業トークかもしれませんが、コンサルタントの方がこれまで見た中でも最高峰とおっしゃったのは相当背中を押された気がします。

 

そんなこんなで、購入を意思決定しました。

 

購入を決めたときに、既に手を上げている方がいたことは前回書いたとおりですが、
その続きについては次回書きたいと思います。

 

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

1月に入ってから「賃貸併用住宅」の検索ワードで検索結果3位になりました

1月から当ブログのアクセスが急に増えました。 更新頻度をものすごい増やしたわけでもないのに、何

記事を読む

事故物件サイト「大島てる」で借りる部屋を必ず調べてみよう

昨今、「事故物件」が注目を浴びているようです。 「事故物件」とは、名前のとおり、何らかの理由で

記事を読む

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。 賃貸併用住宅を建てた経緯につい

記事を読む

賃貸併用住宅を建てる土地、中古物件を探すために行った行動1

「賃貸併用住宅」での不動産投資を始めるには、土地を買って新たに建築するか、 もしくは中古物件を

記事を読む

スマホの分割払いのせいで住宅ローンが通らなくなる?

賃貸併用住宅やマイホームを建てるときに必ず起きる行事が「住宅ローンの審査」です。 中にはキャッ

記事を読む

キッチン備え付きの食洗機はコストが上がっても絶対につけるべき設備

本日はキッチン周りの話題です。   賃貸併用住宅の建築では、賃貸部分については

記事を読む

併用住宅オーナーにとって最も確実な投資は「住宅ローンの繰り上げ返済」である。

併用住宅のオーナーとして、1年2ヶ月が経ちました。 相変わらず貸し部屋は満室稼働で動いており、

記事を読む

3階建ての賃貸併用住宅に10か月住んでみて、これは困ったなと思うデメリットについて

2013年の4月から自宅兼アパートである、賃貸併用住宅に住み始めて10か月経ちます。 &nbs

記事を読む

引っ越し代を相場の半額以下に節約する方法

本日は引っ越しに関する話題です。 不動産賃貸業は2〜3月が繁忙期です。ということは、それにあわ

記事を読む

住宅ローン申し込みに必要な7つの書類と団体信用生命保険について

前回のエントリーで土地の売り主と無事契約が済んだことを書きました。   土地は

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑