土地を購入するための第一歩は「買付証」の送付

公開日: : 最終更新日:2017/03/25 初めての賃貸併用住宅

今回は、賃貸併用住宅を建てるために、5,380万円の東横線「C駅」の物件を買うことを決めてから

買付証の送付を行った部分まで書きたいと思います。

 

 

土地購入にあたって、売り主に直接、素人の一般購入希望者が電話をかけるのは避けた方が良い

 

以前のエントリーで、土地購入を意思決定してから、仲介コンサルタントと中々連絡がとれず、思わず、売り主に直接電話してしまったことを書きました。

 

実はこれは、土地購入にあたって、素人は絶対やってはいけないことらしいです。

 

理由としては、一つ。仲介コンサルタントと購入希望者の信頼関係が疑われるためです。

 

土地の売り主は、もちろんできる限り早く売れることを期待しています。そのため、購入希望者の中でも、「この人は最終的に買ってくれそうだな」という方に狙いを定めてさっさと売ってしまいたいのです。

 

一般人が土地を買うときは、ほとんどの場合は仲介のコンサルタントがつきます。

というか、素人だけでは購入にいたる手続きなどが大変で、確実にできません。

なので、売り主もできる限り仲介コンサルタントに入ってもらって、スムーズに取引を進めたいと思っています。

 

しかし、ここで、仲介コンサルタントと、一般購入希望者の間の信頼関係が微妙だと、本当に最後までスムーズに事が進むのか?と売り主は不安がるわけです。

 

今回も、私が勢いあまって電話してしまったため、売り主は相当な不信感を持ってしまったようです。

 

 

土地を購入するにはまずは買付証の送付

売り主にとっての我々の初回の第一印象は良くありませんでしたが、購入できる意思とそれだけの資金量をお伝えすれば、売り主はとっとと売ってしまいたいわけですから、まだまだ巻き返せます。

 

幸い、今回の土地はもう一人購入希望者がいたのですが、住宅ローンがおりるかどうかわからない、という状態でした。

 

 

まず信頼を取り戻すために、仲介コンサルタントの指示で、私夫妻は早速前年の「源泉徴収票」を送りました。

 

資金量は大丈夫ですよ、とお伝えするためです。

 

「源泉徴収票」は会社から6月頃に配布される↓のような書類です。

 

images

 

 

 

早速、コンサルタントに携帯の写メールをとって送付いたしました。

 

源泉徴収額は、

私が、660万円
妻が、400万円。計1、060万円です。
コンサルタントの方はこれをもとに、この夫婦であれば住宅ローンが約●万円確実におりるから手堅い客である、ということを売り主に伝えていたようです。
次に「買い付け証」の送付です。

 

不動産の売買では、必ずこの「買い付け証」の送付を行います。
「買い付け証」とは、不動産の購入希望の意思があることを売り主に伝えるための証明書です。
契約書ではないので、あとで撤回はできます。
「買い付け証」については、下記に詳しく載っていました。

 

買付証明書とは?

 

買付証明書のフォーマットは仲介業者によって、様々ですが、↓のようなものです。

私のときもこのような書類でした。

kaitsukeshomeisho01

 

 

早速、コンサルタントに「買い付け証」を作成して頂、、売り主へ送付してもらいました。

 

 

さて、売り主の反応はどうだったのか?続きは次回書かせていただきます。

 

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

平成28年度の確定申告はマイナンバー記載が必須。すぐに自分のマイナンバーを調べる方法

平成28年度の確定申告の締め切り3月15日(水)がせまってきました。 まだ確定申告を提出してい

記事を読む

電子レンジがいらなくなったので、思い切って捨ててみました

家の中の不必要なモノを整理する断捨離生活にはまっています。 以前は、食器棚も不必要と思い、思い

記事を読む

併用住宅を建ててから1年、やっとオーナー部分の全部屋にエアコンを付けられました。

私が建てた自宅兼務貸しアパートである賃貸併用住宅は、1階に二部屋、2階の半分を一部屋貸し出しており、

記事を読む

【賃貸併用住宅】建物の敷地内に知らない自転車が置いてありました。

  本日は最近起きたとある出来事についての話題です。 そうです。タイトルとおり

記事を読む

賃貸併用住宅の退去後の部屋のクリーニング費用の相場について

自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」の運営を開始してから約1年と2ヶ月間ずっと満室稼働を続けられ

記事を読む

購入したい土地が決まった時にチェックしたい3つのこと

「田園都市線のある駅」から徒歩2分、5,380万円の土地を購入する意思決定をしたことを書いてきました

記事を読む

賃貸併用住宅の「自宅部分の内装」を検討するときに気をつけたいたった一つのコト

賃貸併用住宅を建てる時に必ず検討ステップに入る「自宅部分の内装」 結論から言うと、自宅部分の内

記事を読む

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。 賃貸併用住宅を建てた経緯につい

記事を読む

住宅ローンの「フラット35」が更に借りやすくなりますがご用心

先日、住宅金融支援機構が提供する住宅ローン「フラット35」の2月金利が過去最低値を更新したことをブロ

記事を読む

賃貸併用住宅をはじめたら、「個人事業の開業届け」と「青色申告承認申請書」の提出を忘れずに!

賃貸併用住宅の運営をはじめた際に忘れてはいけないのが、   ・個人事業の開業届

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

no image
賃貸併用住宅を建ててから7年が経った状況

1年ぶりの更新です。 マイホーム兼貸しアパートの賃貸併用住宅を建

賃貸併用住宅に住んでから6年が経った現在の状況

こんにちは、実に2年ぶりの更新です。 自宅兼アパートである賃貸併

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑