土地の契約日がついに決まる!

公開日: : 最終更新日:2017/03/25 初めての賃貸併用住宅

前回のエントリーで、土地不動産の売り主から産休中の妻に対する質問があったことを書きました。本日はその続きになります。

 

 

無事土地の契約日程が決まった

産休中の妻に対する不動産の売り主からの質問に答えた翌日、コンサルタントより連絡が入りました。

 

「売り主様から前向きに契約を進めたいとのことです、つきましては契約日の調整をさせていただいてもよろしいでしょうか」

 

 

やった!コンサルタントからの助言をもとに迅速に対応した甲斐がありました。

 

売り主の気持ちが冷めないうちに、早く契約日を調整しました。

 

契約日は2012年6月8日(金)19時30分

平日でしたが、少し早めに会社をあがらせてもらうことにし、契約日を確定させました。

 

 

 

コンサルタントからの助言:売り主にこういった質問をされたら、必ずこう答えてください。

 

契約日が決まった日に、コンサルタントより当日の詳細ついて、説明がありました。

 

・当日は売買契約になるので、「宅地建物取引主任者」を持つ別のコンサルタントも同席する

・手付け金の200万円はキャッシュで必ず用意する

 

などなど基本的な事項ですが、最後に注意点がありました、

 

「今回の売主様ですが、かなり心配性のかたで、下記の対応をお願いできますでしょうか。

 

売主様は、ローンが場合によっては2~300万円減額になるのでは?と懸念されています。理論上は大丈夫なのですが、もしそうご質問された場合は、とりあえず、嘘でも良いので、何とか準備頑張りますとお伝えください。

 (減額の場合は、解約は可能です。)」

 

「なるほど、まだ心配はされているのですね。了解いたしました」

 

 

内容はわかったものの、当日ちゃんと喋れるのか!?既に緊張状態になりました。

 

 

次回は、契約日の当日について書きます。

 

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

2回目にいただいた「賃貸併用住宅」の図面について

初回に提案いただいた「賃貸併用住宅」の図面に様々なフィードバックを返し、2週間後には修正の図面が上が

記事を読む

賃貸併用住宅を建てるにあたっては、「駅から徒歩5分以内」はこだわりたい。

昨日、ついに賃貸部分の退去者が出てしまったことを書きました。   本日、ネット

記事を読む

キッチン備え付きの食洗機はコストが上がっても絶対につけるべき設備

本日はキッチン周りの話題です。   賃貸併用住宅の建築では、賃貸部分については

記事を読む

住宅ローンの申し込み・三大疾病保障付きローンは入るべき?

住宅ローンに申し込むとほとんどの場合は、団体生命保険への加入を求められます。  

記事を読む

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption] 3部屋ある賃貸併用住宅のう

記事を読む

併用住宅オーナーにとって最も確実な投資は「住宅ローンの繰り上げ返済」である。

併用住宅のオーナーとして、1年2ヶ月が経ちました。 相変わらず貸し部屋は満室稼働で動いており、

記事を読む

「賃貸併用住宅」というビッグワードでGoogle検索のSEO10位入り。ブログもニッチ戦略が重要。

先日、【Wordpressテーマ】Stinger3を導入したところPV数が2倍になりました。というエ

記事を読む

マイホームにベランダはいらないと感じる4つの理由

マイホーム兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、もう少しで3年が経とうとしています。

記事を読む

「賃貸併用住宅」初回に提案いただいた設計図 〜賃貸部分について〜

「賃貸併用住宅」についての建築打ち合わせ第二回目について書きたいと思います。  

記事を読む

謹賀新年:賃貸併用住宅をはじめてから8ヶ月経ち思う事

新年あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いします。  

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑