「賃貸併用住宅」初回に提案いただいた設計図 〜賃貸部分について〜

公開日: : 最終更新日:2017/03/25 初めての賃貸併用住宅

「賃貸併用住宅」についての建築打ち合わせ第二回目について書きたいと思います。

 

第一回目は、とにかくこちらのざっくりな希望を伝えるのみでしたが、

第二回目は、一回目のヒアリング内容をもとに図面におこしてくれるとのことでした。

 

 

一体どんな図面になったのかとてもワクワクし二回目の打ち合わせ当日を迎えました。

 

 

打ち合わせ二回目も施行会社の社長さんは、妻が妊婦であることを気遣い私夫妻の自宅まで来ていただけました。

本当に感謝です。

 

 

初回に提案いただいた建築設計図

二回目の打ち合わせが始まり、社長の方が図面をカバンから取り出し見せていただけました。

その際の図面が↓になります。

 

【初回提案の図面】

スクリーンショット 2013-08-16 21.27.53

 

 

3階建ての賃貸併用住宅

なんと、以前からコンサルタントや社長から聞いてはいましたが、図面におこされていたのは階建ての「賃貸併用住宅」でした。

 

1階に2部屋と2階に1部屋、ワンルームの賃貸専用の住居があります。

私ファミリーが暮らす自宅は、2階部分の半分と、3階という図面でした。

 

元々の希望は、1階に自宅が欲しかったのですが、賃貸部屋を3部屋にするとなると、この設計にならざるを得ないとのことでした。

 

賃貸部分を2部屋にすると、なんとかいけるかもとのことでしたが、「賃貸併用住宅」で収益を落とす設計は本末転倒になってしまうので、

いただいたご提案通り賃貸部分3部屋、残りをオーナースペースということでお願いしました。

 

 

賃貸部分は3部屋とも約7帖の1K・ワンルーム、バストイレ別、ウォークインクローゼット付き

 

賃貸部分は全て掲題のとおりの設計でした。

 

広さは約7帖、1Kもしくは、ワンルームでバストイレは別、ウォークインクローゼット付きでした。

 

賃貸部分は私夫婦も素人なので、初回の設計は全て施行会社にお願いしたのですが、賃貸部分をこういった仕様にしたのは、もちろん「一番満室稼働がしやすい」ためのようです。

 

 

田園都市線は大学もあるので、まず学生をターゲットにワンルームタイプ。

また、都心を勤務地にした独身サラリーマンも多いので、これもワンルームが効くとのことです。

 

そして、満室稼働しやすい部屋の条件として、「バストイレ別」は必須のようです。

(もちろんある程度の広さは確保できるのであれば)

 

賃貸希望者の求める部屋の要件は、人によって諸々ありますが、一番多くかつ入居意思決定に直結しやすいのが「バストイレ別」だということでした。

 

そして、その次にくるのが「ウォークインクローゼット」かどうか。

 

この二つがあれば、ある程度駅から近ければ、満室稼働になる確率は上がるとのことです。

 

 

追い炊き機能や、ウォシュレット、宅配ボックスなどを必須に求める顧客もいるらしいのですが、ごく少数のようです。

私は個人的にはウォシュレット必須なので、この情報は少し意外でした。。

 

(なるほど、賃貸部分はこういう設計か!説明されたとおり、これなら人気のある物件になりそうだぞ!・・)

私は内心とてもワクワクしていました。

 

 

賃貸部分については、私夫妻は素人なので、図面については概ね賛成ですと伝えました。

(床や壁の色や材料などの内装はまた別日程で打ち合わせを行うようです)

 

 

さて、自宅部分はどういう設計だったのか?

こちらについては次回書かせていただきます。

 

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

【賃貸併用住宅】建物の敷地内に知らない自転車が置いてありました。

  本日は最近起きたとある出来事についての話題です。 そうです。タイトルとおり

記事を読む

併用住宅を建ててから1年、やっとオーナー部分の全部屋にエアコンを付けられました。

私が建てた自宅兼務貸しアパートである賃貸併用住宅は、1階に二部屋、2階の半分を一部屋貸し出しており、

記事を読む

マイホームやアパートの建築現場見学で意識しておきたい4つのこと

自宅兼アパートの「賃貸併用住宅」の建築では、設計や内装の仕様が決まると、施工会社と「工事請負契約書」

記事を読む

最終的に完成した図面について(自宅部分)

今日は最終的に図面についてのエントリーです。     最終的に決ま

記事を読む

マイホームの樹木は「シマトネリコ」よりも「ローリエ」をオススメする理由

マイホームを建てる際にシンボルツリーに憧れる方は多いかと思います。 そしてそのシンボルツリーの

記事を読む

賃貸併用住宅のデメリットで言われる「住民同士のトラブル」を少しでも防ぐ工夫について

今回は賃貸併用住宅における、「住民同士のトラブル」についてのエントリーです。  

記事を読む

いま「家を建てたい人」には天国?フラット35の適用金利が過去最低に

自宅兼アパートである賃貸併用住宅や、マイホームを建てる場合は、ほぼすべての方が「銀行や金融支援機構」

記事を読む

退去者が出てしまった部屋にようやく申し込みが1件入る。

以前も書きましたが、賃貸併用住宅の運営を昨年の4月から開始して、しばらく満室稼働が続いていたのですが

記事を読む

これから家を建てる方へ、「カーテンレール」は絶対施工会社に付けてもらった方が良いです。

新居に移った際に、その日じゅうに行うこととして、「カーテンをつけること」を挙げる方も多いのではないで

記事を読む

エアコンが故障した時に気を付けること

先日のお盆の話です。 私は特に旅行や帰省の予定もないので、いつも通り自宅でくつろごうかと思って

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑