「賃貸併用住宅」で住民同士の音漏れをできる限り無くす方法

公開日: : 最終更新日:2017/03/26 初めての賃貸併用住宅

私が建てた「賃貸併用住宅」は、私夫妻が住むオーナースペースと、賃貸用の部屋3戸でできています。

 

「賃貸併用住宅」を建てるときに、一番心配したのが「他の住民の生活音が気にならないか」でした。

 

鉄筋コンクリートでは、ほぼ音は気になりませんが、今回建てたのは木造の併用住宅です。

木造はコストメリットがありますが、音を通しやすいことが一つデメリットとしてあると思います。

 

しかも、私夫婦は娘が生まれたばかり。幼児の走る音が他人様の迷惑にならないかも心配です。

 

木造でも他人の生活音を防ぐことはできるのでしょうか。

 

結論、施工会社の方の秀逸な設計によって、ほぼ気にならないくらいまで生活音は防げたのですが、

今回はなぜそういったことができたかについて書かせていただきます。

 

 

木造では生活音の通りを防ぐことはできない。部屋の配置で工夫するべし。

私の「賃貸併用住宅」の各部屋の位置関係はざっくり表すと下記のようになっています。

1階にオーナースペースの玄関、そして、賃貸ルーム2部屋。

2階の半分は賃貸ルーム1部屋。半分はオーナースペース。

3階は1フロアまるごとオーナースペースです。

 

1

 

生活音が気にならないようにするにはどうすれば良いのでしょうか?

 

施工会社の方に私夫婦の心配を伝えるとこんな答えが返ってきました。

 

「木造では音の通りやすさを防ぐことは限界があります。基本的に音は通ってしまうものだと考えてください。

生活音の気になるのを防ぐには、音の通りにくい工夫をするのではなく、音が聞こえないような配置にすることが重要です。

生活音を聞こえにくくするために、このような配置はいかがでしょうか。」

 

そういって、示された部屋配置が下記の図になります。

 

2

工夫ポイントは・・・・

 

 

①3階のリビングの位置を201とずらす

→これにより、リビングで遊ぶであろう子供の足音が201に響きにくい。

また生活のほとんどはリビングで過ごすことになるので、毎日の生活音も響きにくくなる。

 

②2階の201との隣接点にウォークインクローゼット(青色部分)を設置する

→クローゼットの空間を間に挟むことで、クッション代わりになり音漏れを防止できる。

 

③また、上の図では示してませんが、101と102の間もお風呂などを向かい合わせることで、

毎日の生活音が聞こえずらい設計にしています。

 

 

なるほど、防音設備などの前に、まずは「聞こえにくくする配置工夫」が大事ということです。

 

実際住んでみて、ほぼ賃貸に住まわれている方の生活音は気になりませんし、住民同士の苦情も一件も出ておりません。

 

「音が気になる」で併用住宅の建築に悩まれている方は、部屋の工夫次第で追加コストゼロで対策可能ですので検討材料にしていただけると幸いです。

 

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

【賃貸併用住宅】建物の敷地内に知らない自転車が置いてありました。

  本日は最近起きたとある出来事についての話題です。 そうです。タイトルとおり

記事を読む

賃貸併用住宅の退去後の部屋のクリーニング費用の相場について

自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」の運営を開始してから約1年と2ヶ月間ずっと満室稼働を続けられ

記事を読む

アパート管理会社の管理手数料は値引きできる可能性もあるので必ず交渉した方が良い

前回「アパートの管理会社を選ぶ際にこだわりたい4つのポイント」のというエントリを書きました。

記事を読む

賃貸併用住宅スタートしてもうすぐ4年。相変わらず満室稼働できています。

自宅兼賃貸アパートの「賃貸併用住宅」を建ててからもう少しで4年が経とうとしています。2013年4月に

記事を読む

2回目にいただいた図面のフィードバックについて

「賃貸併用住宅」の建物を建てるにあたって、施行会社から修正図面案をいただいた私夫妻ですが、 本

記事を読む

賃貸併用住宅専門のコンサルタントを利用するメリット

今回は「賃貸併用住宅」を建てるにあたって、専門の仲介コンサルタントを利用するメリットについて書かせて

記事を読む

スマホの分割払いのせいで住宅ローンが通らなくなる?

賃貸併用住宅やマイホームを建てるときに必ず起きる行事が「住宅ローンの審査」です。 中にはキャッ

記事を読む

プロパンガスか都市ガスか、どちらを選ぶべき?

こんにちは、私です。   久々の更新です。   「賃貸併

記事を読む

貸しアパートに空室ができた際にあなたがやるべきたった一つのこと。

賃貸併用住宅やアパート大家を運営している中で出てくる一番のリスクは、当たり前ですが「空室」です。

記事を読む

建物工事請負仮契約について -施工会社にも手付金の入金は必要!-

今回は短いエントリーです。   土地の決済が無事終わり、「賃貸併用住宅」の建物

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑