アパート賃貸部分の内装(壁、ドア、床)の色は「白」を基調とした方が良い理由。

公開日: : 最終更新日:2017/03/21 初めての賃貸併用住宅

賃貸アパートの内装にはオーナーの趣味を反映できる場面でもありますが、

私は「賃貸併用住宅の賃貸部分は基本全て白で統一するのが一番」だと思っております。

 

理由について説明させていただきます。

 

 

白は部屋が広く見える

最大のメリットはこれにつきます。

白は一番部屋が広く見える色だからです。

 

これはコンサルタントの方のアドバイスでも聞いたのですが、入居希望者が内覧時に、黒や茶系で統一された部屋よりも、白で統一された部屋の方がほぼ確実に広く見えるようです。

 

実際に私もショールームなどで確認しましたが、やっぱり白が一番広く見えました。

 

賃貸併用住宅だと、単身者用のワンルームや1Kの部屋がほとんどだと思いますので、そうなると少しでも部屋が広く見えた方がいいに決まっています。

白に統一するだけで、入居者の満室率が上がるのならよほどのこだわりがない限り白で良いのではと思います。

 

 

白は男女で好みの差がない

白系は男性、女性とも好みの差が無いと思います。

これは何かデータがあるとかでなく、私の身の回りの友人にアンケートをざっくりとった感想です。

 

実際、私の周りの単身者の中で部屋の内装の色は何色が好みか(茶系、黒系、白系で)?を聞いてみました。

(サンプル数は男性5名、女性5名とごく少ないのですが、、)

 

結果は下記のような回答でした。

男性:近さや広さを重視するから特に色はこだわり無し。(5名とも)

女性:白は全員○(特別好きな人もいるし、無難だから問題ないという声がほとんど)

茶は△(好きとあんまり好きじゃない半々)。

黒や焦げ茶系は×(基本選ばないが2名)

 

男性は色には特に関心無いようですが、女性はやっぱり人によって好みが分かれるようです。

中でも白系はオールマイティで全員の支持が得られる色のようです。(少なくとも私の周りでは)

 

現状全て男性の単身者の方に入居いただいており、満室稼働中です。

 

白は家具の様々な色とも相性が良い

白系は茶色や焦げ茶やもちろん白い家具など、様々な色との相性が良いです。

 

逆に黒系や焦げ茶系の無いそうだと、少し明るい色の家具が浮いてしまったりします。

 

入居者が引っ越し前に持っていた家具の色は様々な色があると思うので、できる限り多くにマッチするような色は入居者の満足度も高まるのではないでしょうか(特に女性)

 

以上の理由から、私が建てた賃貸併用住宅の賃貸ルーム部分の内装は基本全て「白」にしました。

実際のドアやクローゼットの色は下記のような色です。(白に木目があるようなデザイン)

 

写真 (1)

 

 

写真

 

 

以上、私的な感覚が多いですが、賃貸ルームの内装の色でお悩みの方はご参考までに。

 

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption] 3部屋ある賃貸併用住宅のう

記事を読む

賃貸併用住宅で新しい入居者が決まった際におこなう4つのこと

昨年4月から運営開始した賃貸併用住宅において、先月にはじめての退去者が出てしまったことは当ブログでも

記事を読む

建物の打ち合わせ一回目の後に施行会社に送った要望イメージ資料

建物の打ち合わせ第二回目について書かせていただく前に、一回目の打ち合わせの後に、私夫妻が施行会社向け

記事を読む

アパートの名称を決めるにあたって考えた6つのこと

本日は「賃貸併用住宅やアパート」の名称についての話題です。   「賃貸併用住宅

記事を読む

2回目にいただいた図面のフィードバックについて

「賃貸併用住宅」の建物を建てるにあたって、施行会社から修正図面案をいただいた私夫妻ですが、 本

記事を読む

賃貸併用住宅スタートしてもうすぐ4年。相変わらず満室稼働できています。

自宅兼賃貸アパートの「賃貸併用住宅」を建ててからもう少しで4年が経とうとしています。2013年4月に

記事を読む

賃貸併用住宅をはじめたら、「個人事業の開業届け」と「青色申告承認申請書」の提出を忘れずに!

賃貸併用住宅の運営をはじめた際に忘れてはいけないのが、   ・個人事業の開業届

記事を読む

車の衝突でヒビが入った住宅の壁がようやく修復されました。

今年の1月に車の衝突でヒビが入ってしまった賃貸併用住宅の壁がようやく修復しました。  

記事を読む

サラリーマン大家が退去者の立ち会い当日にすることは何も無い

当ブログでも何度か書いていますが、賃貸併用住宅を建築し、賃貸部分の満室稼働が開始してから約1年2ヶ月

記事を読む

「投資をしよう」、「個人事業を開業しよう」、と決めたその日から領収書を保管するのを忘れずに!開業費は魔法の経費

個人事業主(フリーランス、大家さん、投資家など)で年間20万円以上の収入がある方は、確定申告が必須と

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑