賃貸併用住宅の「自宅部分の内装」を検討するときに気をつけたいたった一つのコト

公開日: : 最終更新日:2017/03/26 初めての賃貸併用住宅

賃貸併用住宅を建てる時に必ず検討ステップに入る「自宅部分の内装」

結論から言うと、自宅部分の内装はは、これから何十年も住むにあたって、いかに快適に自分たちが過ごせるかによるので、個人の好みで色々注文して良いと思いますが、私夫婦は「個人の好み」だけでなく、少し違った視点も入れて内装を考えました。どのような考え方で決めていったのかを紹介させていただきます。

 

 

自宅部分の内装も「人に貸してもおかしくない」内装にした。

いきなり、導入と逆のことを言っていますが、誤字ではありません。私夫婦も基本的には個人の好みで色々内装は考えましたが、一点守っていたルールがありました。

 

それは、「将来人に貸すことになってもおかしくない内装」です。

 

住宅ローンが返し終わると、もちろん自宅部分も何をしようが自分たちの勝手になります。

 

私は人生計画として、今回の賃貸併用住宅の住宅ローンを賃貸収入のレバレッジを生かして、できれば15年以内で返したいと思っています。

また、子供が予期せずに増える可能性もあります。そうなると、もし今後別の所に住もうと思ったときに、自宅部分をファミリー用に貸し出せるという選択肢がでてくることも0ではありません。

 

そういったことを考慮して、内装を決めるにあたっては「人に貸してもおかしくない内装」を頭に入れながら、個人の好みも入れて決めていきました。

 

つまり、個人の趣味が走りすぎて、奇抜な内装になったりすることは避けようと頭の片隅にいれながら夫婦で決めていきました。

 

 

ベースは基本的には白で統一

賃貸部分の内装でも書きましたが、万人に嫌われない内装の色は白だと思います。

そのため、壁やドアの色など基本的には全ての部屋白で統一しました。

 

全部一色の白ではつまらないので、一部トイレには薄い花柄がついた壁紙にするなどしました。

その辺は妻のセンスにお任せしました。

 

 

とはいえ、自分たちも何十年か住むので飽きない工夫を

将来的には人に貸すかもしれないと思っていても、全て無難にするのはせっかくのマイホームなのにもったいないので、飽きない工夫もしました。

 

以前も載せましたが、私の賃貸併用住宅の部屋割りはざっくり下記のようになっています。

 

2

 

寝室、リビング、書斎と大きな部屋の構成でいうと3つあります。

 

飽きない工夫というのは、この3つの部屋にそれぞれ特徴をつけたことです。

 

2階の寝室は少しアンティークな雰囲気がでるように、壁紙や床を奇抜にしすぎないように、決めていきました。

 

リビングは多くの時間を過ごすので、広がる雰囲気が出るように北欧系のスタイルで白を基調としました。

 

そして、3階の書斎は少し南国リゾートのような雰囲気がでるように、床を少し茶系にするなどしました。(茶をいれたのはこの部屋だけです、他は基本的に白で統一)

 

こうして、各部屋に個性を加えることによって、これから住む家に飽きないように工夫をしました。

 

リビングにいるとき、寝るときなど少し雰囲気が変わって、夫婦でとても気に入っています。

 

自宅の内装については、また写真も添えて説明させていただきますが、今回は決めるにあたって私夫婦が大切にしたことを紹介させていただきました。

 

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

賃貸に「全室無料Wi-Fiサービス」の人気設備を低予算で実現する方法

アパートや賃貸併用住宅の大家にとって気になることの一つが住宅設備どこまで充実させるかです。 ヘ

記事を読む

建物の打ち合わせ一回目の後に施行会社に送った要望イメージ資料

建物の打ち合わせ第二回目について書かせていただく前に、一回目の打ち合わせの後に、私夫妻が施行会社向け

記事を読む

家計の中では何を節約すべきなのか?食費は節約すべきではないと思う理由。

「できる限り節約してお金を貯めておきたい」   どんな家庭でも一度はそう思った

記事を読む

マイホームやアパートの建築現場見学で意識しておきたい4つのこと

自宅兼アパートの「賃貸併用住宅」の建築では、設計や内装の仕様が決まると、施工会社と「工事請負契約書」

記事を読む

賃貸併用住宅専門のコンサルタントを利用するメリット

今回は「賃貸併用住宅」を建てるにあたって、専門の仲介コンサルタントを利用するメリットについて書かせて

記事を読む

住宅ローンの「フラット35」が更に借りやすくなりますがご用心

先日、住宅金融支援機構が提供する住宅ローン「フラット35」の2月金利が過去最低値を更新したことをブロ

記事を読む

退去が出てしまった部屋の入居者が決まりました。

賃貸併用住宅の運営を昨年4月から開始し、1年2ヶ月が経ったところで退去者がでてしまったことは、以前当

記事を読む

「賃貸併用住宅」の専門仲介業者の物件提案はやはりレベルが高かった!

前回のエントリーで「賃貸併用住宅」専門の仲介コンサルタントの方と 新宿で初面談をしたことを記載

記事を読む

賃貸併用住宅運営から9か月目にして起きたはじめてのトラブル

2013年の4月から賃貸併用住宅を運営してから、今月で9か月経ちますが、はじめてトラブルがおこりまし

記事を読む

賃貸併用住宅は「一時的にオーナールームも貸し出す」という選択肢もある?

マイホーム所持否定派の方によく言われる意見が、 「将来子供を何人産むかわからないし、産んだとし

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑