キッチン備え付きの食洗機はコストが上がっても絶対につけるべき設備

公開日: : 最終更新日:2017/03/21 初めての賃貸併用住宅

本日はキッチン周りの話題です。

 

賃貸併用住宅の建築では、賃貸部分については、ある程度施工会社さんからの提案でほとんどオーナーがこだわりを入れる部分は少ないです。

 

しかし、オーナー部屋部分は、もちろん「自宅」になるので、オーナーのこだわりで色々できます。

 

今回はオーナー部屋のキッチン周りで私夫婦がこだわった点についていくつか書いてみたいと思います。

 

 

コスト10万円UPでも、食洗機付きのキッチンを選んだ

食洗機は非常に便利です。

これは本当に使ったことがある方にしかわからないですが、食洗機があると無いでは、食器洗いにかかる時間がものすごい短縮されます。

 

しかも、高温の水で洗浄されるので、熱殺菌ができて、衛生的にも手洗いよりも優れています。

 

私は以前住んでいた賃貸マンションでも、Panasonicの外付けの食洗機「プチ食洗」を利用していました。

 

しかし、外付けの食洗機、便利なのですが、めちゃくちゃにキッチンの場所をとります。

 

しかも、かなり見栄えが悪くなります。

 

そこで、新しいマイホームでは、食洗機備え付きのキッチンを絶対につけようと思い、実際にそのタイプのキッチンを選びました。(「プチ食洗」は買って2年も経っていないですが、廃品回収に出してしまいました)

備え付きの食洗機はこんな感じです。本当に便利。

20131204131624

 

 

私夫妻は、キッチンは夫婦二人で作業することが多いので、キッチンスペースは広くとりたいと思っていました。

 

上記のキッチンのどこかに外付けの食洗機をおくと、場所をかなりとり、とても二人で作業することができなくなってしまいます。

 

またせっかくのオープンキッチンなのに、見栄えが最悪になります。

 

コストは通常のキッチンに比べて+で10万円かかりましたが、

住んで、利用してみて全く高くないと感じています。

 

 

リビングが見渡せるカウンター型にし、ガスコンロの前も透明なガラスにした。

 

リビングはできる限り開放感が欲しいと思ったので、カウンター型のキッチンにしました。

また、リビングにいる1歳児の子供の様子がすぐにわかるようにしたかったのも、理由の一つです。

 

ガスコンロの前の油よけも、透明のガラスにすることで、炒め物など火を使っている最中でもリビングの様子がわかるようにしました。

 

これは、子供がいる家庭にとっては本当におすすめなので、是非ご参考にしてみてください。

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

マイホームにベランダはいらないと感じる4つの理由

マイホーム兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、もう少しで3年が経とうとしています。

記事を読む

土地の契約日がついに決まる!

前回のエントリーで、土地不動産の売り主から産休中の妻に対する質問があったことを書きました。本日はその

記事を読む

購入したい土地が決まった時にチェックしたい3つのこと

「田園都市線のある駅」から徒歩2分、5,380万円の土地を購入する意思決定をしたことを書いてきました

記事を読む

賃貸併用住宅の建築にはサードオピニオン以上が必須だと思います。

医療でよく使われる「セカンドオピニオン」という言葉。 意味はご存知のとおり、「自分の判断をより

記事を読む

建物工事請負仮契約について -施工会社にも手付金の入金は必要!-

今回は短いエントリーです。   土地の決済が無事終わり、「賃貸併用住宅」の建物

記事を読む

木造アパートにはオートロックや宅配ボックス等は設置する必要が無い理由

前回、最終的に完成した図面を投稿させていただきましたが、しばらくはいくつか最終図面を決めるまでに施行

記事を読む

スマホの分割払いのせいで住宅ローンが通らなくなる?

賃貸併用住宅やマイホームを建てるときに必ず起きる行事が「住宅ローンの審査」です。 中にはキャッ

記事を読む

賃貸併用住宅の土地の契約日当日で物件オーナーと交わした緊張の会話

駅から徒歩2分の5,380万円の土地の購入を決めた我々についに土地の契約日当日を迎えることになりまし

記事を読む

アパートの管理会社を選ぶ際にこだわりたい4つのポイント

「賃貸併用住宅」はマイホームでもありながら、賃貸アパートでもあります。 そのため、「賃貸ルーム

記事を読む

賃貸併用住宅を建てる土地、中古物件を探すために行った行動1

「賃貸併用住宅」での不動産投資を始めるには、土地を買って新たに建築するか、 もしくは中古物件を

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑