アパート管理会社の管理手数料は値引きできる可能性もあるので必ず交渉した方が良い

公開日: : 最終更新日:2017/03/21 初めての賃貸併用住宅

前回「アパートの管理会社を選ぶ際にこだわりたい4つのポイント」のというエントリを書きました。

 

その際に一点書き忘れたことがあるので、補足したいと思います。

 

それは、「管理会社を選ぶ際は、必ず管理手数料は交渉すべき!」ということです。

 

 

管理手数料とは?

管理手数料とは、マンションやアパートの管理(入居者問合せ対応、共有部分の清掃など)を

行った対価として、管理会社に月々支払う手数料になります。

 

月の家賃の5.25%を管理手数料と設定している管理会社がほとんどだと思います。

 

つまり家賃8万円の部屋を3戸あるアパートの場合、

8万円×3戸×5.25% = 1万2,600円 が月々管理会社に支払う手数料となります。

 

私の場合も、今回建築した「賃貸併用住宅」の管理をお願いする際に、

4社の管理会社を回ったのですが、5社とも設定手数料は5.25%でした。

 

 

管理手数料は交渉次第で安くなる!

さて、この管理手数料。

業界一律で決まっている相場かと思いきや実はそうでもないです。

 

知り合いの投資家に聞いたところ、1%や2%で管理手数料契約を結んでいるケースもあるとのことでした。

 

つまり、ざっくり5.25%と設定しているだけであって、交渉次第では値引きも可能な手数料なのです。

 

この話を聞いた私は、4社とも管理手数料はもう少し低くできないか?という交渉を行いました。

 

結果、何と4社の内、2社が交渉に応じていただけました。

 

交渉に乗ってくれた2社は、地場の中小の管理会社でした。

逆に値引きが難しかった2社は、いずれも大手不動産会社系列の管理会社でした。

大手だと中々融通が利きにくいのかもしれません。

 

交渉の方法については、最終的に2社の管理会社で迷っていることを打ち明け、最後は管理手数料の安い方で決めようと思っている。と率直に担当者に伝えました。

 

そうすると、地場の中小の管理会社のうち1社がなんと手数料を5.25%から3.0%に値引きしてくれました。(マイナス2.25%!)

 

たった2.25%か。と感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、計算してみると割と大きい金額です

 

私の賃貸併用住宅は、毎月23万5,000円の賃貸収入があるのですが、

 

5.25%の場合だと、月々の管理手数料は約1万2,300円3%の場合だと、約7,100円となります。

その差は約5,200円

 

これが年間だと6万2,400円。 

10年運営すると、60万2,400円も違ってきます。

たった2%の差ですが、長い目でみると割と大きい金額になります。

 

しかも、最初の交渉を頑張れば、今後長い間その手数料になるので、交渉する価値は非常に大きいかと思います。

 

以上、今回は管理会社に支払う手数料の話題でした。

管理手数料だけでなく、アパートやマイホームの建築の際はできる限り費用を安くするために、様々な場面で交渉が必要だと思います。

 

不動産物件は価格が大きいので、少しの値引き交渉でも10万以上の値引きになることが多々あると、私は今回の「賃貸併用住宅」の建築で感じました。

 

10万円以上の値引きって、価格がでかいと麻痺してしまいますが、実生活で考えれば、すごい金額ですよね。。。

 

しかし、気を付けたいのは、ただ毎回理由も無しに「値引き、値引き」というと、ただのクレーマーで相手に不快感を与え、その後のやりとりに支障が出る可能性もあるので、何らかの交渉すべき正当な理由を持ってから、交渉するべきだとも思います。

 

交渉する前に、担当のコンサルタントがいらっしゃる場合は確認してみても良いかもしれません。

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

賃貸併用住宅スタートしてもうすぐ4年。相変わらず満室稼働できています。

自宅兼賃貸アパートの「賃貸併用住宅」を建ててからもう少しで4年が経とうとしています。2013年4月に

記事を読む

【賃貸併用住宅】建物の敷地内に知らない自転車が置いてありました。

  本日は最近起きたとある出来事についての話題です。 そうです。タイトルとおり

記事を読む

賃貸併用住宅の「自宅部分の内装」を検討するときに気をつけたいたった一つのコト

賃貸併用住宅を建てる時に必ず検討ステップに入る「自宅部分の内装」 結論から言うと、自宅部分の内

記事を読む

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption] 3部屋ある賃貸併用住宅のう

記事を読む

20年ぶりの大雪で我が家のバルコニーがとんでもないことに!

土曜日の大雪はすごかったですね。私は生まれも育ちも東京ですが、あそこまで積もったのは初めての経験だっ

記事を読む

賃貸併用住宅スタートから2年が経過しました。この2年の感想。

期末から仕事が忙しくなり、ブログの更新が後回しになっていました。 結局約2ヶ月放置していたこと

記事を読む

「賃貸併用住宅」の専門仲介業者の物件提案はやはりレベルが高かった!

前回のエントリーで「賃貸併用住宅」専門の仲介コンサルタントの方と 新宿で初面談をしたことを記載

記事を読む

スマホの分割払いのせいで住宅ローンが通らなくなる?

賃貸併用住宅やマイホームを建てるときに必ず起きる行事が「住宅ローンの審査」です。 中にはキャッ

記事を読む

キッチン備え付きの食洗機はコストが上がっても絶対につけるべき設備

本日はキッチン周りの話題です。   賃貸併用住宅の建築では、賃貸部分については

記事を読む

土地を買った後、施工会社選びに便利なサービス「タウンライフ土地活用」のご紹介[PR]

こんにちは、私です。   自宅兼貸しアパートである賃貸併用住宅は、土地から購入

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑