マイホームのコンセント設置はとにかくたくさん付けておいた方が良い理由

公開日: : 最終更新日:2017/03/21 初めての賃貸併用住宅

賃貸併用住宅やマイホームの建設の際に、どこかの工程の中に、「コンセントをどこに設置するか?」という工程は必ず発生します。

 

このコンセントの設置、私ももちろん施工会社さんから聞かれて、設置箇所を決めたのですが、暮らしてみて、

 

「ああ、ここにもコンセント付けておけばよかったな…」と後悔することがたくさんありました。

 

本ブログに訪れていただいた方で、これから賃貸併用住宅やマイホームの建築を考えている方には、後悔が出ないように僭越ながら、アドバイスさせていただくと、コンセントの設置については、「迷ったらつける」が正解だと思います。

 

理由をいくつか、書かせていただきます。

 

 

コンセントの設置は大した費用かからない

コンセントの設置は、設計前の段階であれば大した費用はかかりません。

私の場合、施工会社さんからの回答は、

「一つ設置するにつき、4,000~5,000円になります」とのことでした。

 

賃貸併用住宅、建築の際は多くの方がギリギリの予算で取捨選択をすると思いますが、

4,000~5,000円の費用であれば、とりあえず迷っておいたらつけておいても、

大した費用にならないかと思います。

 

他に、いらない部分や、少しこの部屋の壁紙はグレードを落とすなど、

どんと大きな額の費用が落とせる工夫はあるかと思います。

 

費用がかからないのであれば、「とりあえず迷ったら付けておく」は良いかと思います。

 

 

完成してから、やっぱり付けるとなると大変

住宅が完成した後に、

「やっぱりここにもコンセントほしい…」

と思った時の増設工事は面倒ですし、費用もかかります。

 

増設工事のスケジュールを調整する必要がありますし、

費用については、建築後になると、12,000~16,000円が相場になるようです。

 

私の賃貸併用住宅の自宅部分でも、「ここにコンセントあれば、もっと便利だったな…」と

感じる部分は何点かあるのですが、結局増設工事のスケジュールと費用を考えると、

なかなか動けず、結局そのままになっています。

 

 

コンセントは増えてもインテリア影響はほぼ無し

コンセントは増えてもそこまで、室内の雰囲気が変わるということはないと思います。

おそらく付けるか迷う場所があっても、3つか、多くて5つの場所かくらいだと思います。

 

その場所にコンセント有る無しを比較しても、部屋の雰囲気や、インテリアの雰囲気が変わることはありません。

そうであるとしたら、やっぱり「迷ったら付ける」が得策だと感じます。

 

 

簡単ですが以上です。コンセントはとても地味ですが、

快適な生活をする上では重要なものだと感じます。

 

実際暮らしてみると、「ここにあったら、スマホの充電がもっと楽だった…」とか、「ここにあったら、PCを移動できた…」とか、本当に感じることは多いです。

 

しかも、設計図時点でどの方も何となく、部屋に何を置くかを考えて、コンセントの配置を決めると思いますが、

実際に出来上がってから住んでみると、「やっぱりこの家電はここにあった方が良い」など、配置が変わることは必ずあると思います。

 

その時、いたるところにコンセントが付いていると、インテリアの可能性も広がるのではないかと感じます。

 

延長コードで無理矢理つなぐとかも格好悪いですよね、なので、やっぱり、「コンセントは迷ったらできる限り付けておく」くらいの気持ちが

一番後悔が無いと感じました。

 

これから家を建てられる方は、良かったら参考になさってください。

 

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

不動産売り主から「産休中の妻」についての質問が!

前回のエントリーで、土地不動産の売り主へ買い付け証の送付を 行ったことを書かせていただきました

記事を読む

「賃貸併用住宅」初回に提案いただいた設計図 〜自宅部分について〜

「賃貸併用住宅」の設計図面の案を初回提案いただき、前回のエントリーで賃貸部分の解説を書きました。

記事を読む

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさんの人に入居してもらいました。

記事を読む

住宅ローン申し込みに必要な7つの書類と団体信用生命保険について

前回のエントリーで土地の売り主と無事契約が済んだことを書きました。   土地は

記事を読む

個人で申告する人はほとんどいない?償却資産申告書の提出にいってきました。

賃貸併用住宅の運営は、「不動産賃貸業」になるので、 個人事業主として事業を開業したことになりま

記事を読む

これから家を建てる方へ、「カーテンレール」は絶対施工会社に付けてもらった方が良いです。

新居に移った際に、その日じゅうに行うこととして、「カーテンをつけること」を挙げる方も多いのではないで

記事を読む

アパートの管理会社を選ぶ際にこだわりたい4つのポイント

「賃貸併用住宅」はマイホームでもありながら、賃貸アパートでもあります。 そのため、「賃貸ルーム

記事を読む

不動産投資の中でも「賃貸併用住宅」が良いと思った理由

今回は不動産投資の中でも、なぜ「賃貸併用住宅」が良いと思ったのか? について書きたいと思います

記事を読む

併用住宅オーナーにとって最も確実な投資は「住宅ローンの繰り上げ返済」である。

併用住宅のオーナーとして、1年2ヶ月が経ちました。 相変わらず貸し部屋は満室稼働で動いており、

記事を読む

マイホームを建てる際に絶対付けた方が良い設備。天井からつり下げる洗濯物干し金具はとても便利

賃貸併用住宅のオーナールームを建てる際に付けて良かったという設備を一つご紹介します。 &nbs

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

賃貸併用住宅に住んでから6年が経った現在の状況

こんにちは、実に2年ぶりの更新です。 自宅兼アパートである賃貸併

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑