賃貸併用住宅運営から9か月目にして起きたはじめてのトラブル

公開日: : 最終更新日:2017/03/21 初めての賃貸併用住宅

2013年の4月から賃貸併用住宅を運営してから、今月で9か月経ちますが、はじめてトラブルがおこりました。

 

私の賃貸併用住宅には、駐車場があり、その駐車場も貸すことで月間2万3,000円の収入を得ています。

 

駐車場は併用住宅の物件管理会社の営業車の駐車スペースとして貸し出しています。つまり法人に貸しています。

 

先日のことですが、管理会社の営業マンの方が駐車場に車を駐車する際に、誤って、建物の壁を擦ってしまい、壁にヒビができてしまいました。。。

 

営業マンの方が擦ってしまったことにすぐに気が付いて、管理会社の店長と共に正直にお詫びにきて頂きました。

 

幸い、壁のヒビは大したことはなかったので、管理会社から保険会社に電話してもらい、新しい壁材と取り換えることで事なきをえました。

 

「新築の住宅に本当に申し訳ございません!!」と店長と若い営業マンの方は青ざめた表情でお詫びいただきましたが、

幸い大したことはなく、先方の保険で修復できますし、私自体にはとくに費用も発生しないので、「気にしなくていいですよ、逆に駐車場が狭くてごめんなさい」と伝えておきました。

 

賃貸併用住宅は、集合住宅にそれぞれの人たちが共有するので、いつか必ず何かあると思っていましたが、大したトラブルでなくて良かったです。

 

また、駐車場に管理会社に貸し出していて本当に良かったと思いました。

 

なぜなら、何があったとしても法人との会話になるので、個人同士のトラブルよりも事態は収拾しやすいと感じたためです。

 

個人同士だと何かと感情が入ってしまい、思わぬ方向にトラブルが発展してしまうこともあると思いますが、法人は論理で会話できるので、その後の対応もスムーズでした。

 

管理会社の店長から、今後の対応として、「二度と今回のことが起きないように、軽自動車を所有している個人に貸出ができるか検討します。」という

提案をいただきました。

 

実は、私の賃貸併用住宅にある駐車場は、若干スペースが狭いので、軽自動車のサイズの駐車には適当なのですが、管理会社の営業車はセダンタイプの車なので、正直かなり止めづらいのです。

 

また営業車なので、車庫の出し入れの頻度が多く、今後もどこかにぶつけたりする可能性があるため、「軽自動車を保有している個人」の貸し出しを検討しようと思います、という提案をいただけたのでした。

 

これに対して私は、「今後も御社でご利用いただけると非常に助かるので、多少止めづらい部分もあることは承知ですが、何とかご利用いただけないでしょうか」と回答しました。

 

理由としては、

・上述のとおり、法人に貸し出している方が何か起きた際に大きなトラブルに発展しにくい

・出し入れの頻度が多い方(人が良く敷地内に来る方)が防犯上安心

 

と感じたためです。

 

もちろん、店長がおっしゃるとおり、今後も管理会社のセダン系の車に貸し出す方が、「破損事故などはおきやすい」と思いますが、それよりも、上記のあげたメリットの方が確実に大きいと思いました。

 

特に2点目は、平日の日中は必ず大家も留守にしているので、管理会社の方々が頻繁に顔を出すのはとても安心です。

 

こういった、ことを説明し、何とか今後もご利用いただくようにお願いしました。

 

駐車をする際には少し大変ですが、私夫妻のわがままを飲んでいただいて本当に良かったです。

 

 

以上、今回は併用住宅の運営9か月目にしてはじめてトラブルがおきた話でした。

何度も書くように、入居者様同士のトラブルでなくて本当に良かったです。

 

今のところ、何も起きる気配はありませんが、

引き続き注意して運営していきたいと思っています。

 

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

車の衝突でヒビが入った住宅の壁がようやく修復されました。

今年の1月に車の衝突でヒビが入ってしまった賃貸併用住宅の壁がようやく修復しました。  

記事を読む

賃貸併用住宅の建築にはサードオピニオン以上が必須だと思います。

医療でよく使われる「セカンドオピニオン」という言葉。 意味はご存知のとおり、「自分の判断をより

記事を読む

退去が出てしまった部屋の入居者が決まりました。

賃貸併用住宅の運営を昨年4月から開始し、1年2ヶ月が経ったところで退去者がでてしまったことは、以前当

記事を読む

併用住宅を建ててから1年、やっとオーナー部分の全部屋にエアコンを付けられました。

私が建てた自宅兼務貸しアパートである賃貸併用住宅は、1階に二部屋、2階の半分を一部屋貸し出しており、

記事を読む

木造アパートにはオートロックや宅配ボックス等は設置する必要が無い理由

前回、最終的に完成した図面を投稿させていただきましたが、しばらくはいくつか最終図面を決めるまでに施行

記事を読む

引っ越し代を相場の半額以下に節約する方法

本日は引っ越しに関する話題です。 不動産賃貸業は2〜3月が繁忙期です。ということは、それにあわ

記事を読む

「賃貸併用住宅」専門の仲介業者との面談で新宿へ

前々回のエントリーで「賃貸併用住宅」専門の仲介業者のHPに会員登録したことを書きました。今回はその続

記事を読む

賃貸併用住宅の土地の契約日当日で物件オーナーと交わした緊張の会話

駅から徒歩2分の5,380万円の土地の購入を決めた我々についに土地の契約日当日を迎えることになりまし

記事を読む

賃貸併用住宅を建てる土地、中古物件を探すために行った行動1

「賃貸併用住宅」での不動産投資を始めるには、土地を買って新たに建築するか、 もしくは中古物件を

記事を読む

賃貸併用住宅でフル稼働すること1年2ヶ月、ついに初の退出者が出てしまった。

昨年の4月から自宅兼賃貸アパートの運営を開始してから、1年2ヶ月間賃貸ルームの3部屋は満室稼働してお

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑