賃貸併用住宅をはじめたら、「個人事業の開業届け」と「青色申告承認申請書」の提出を忘れずに!

公開日: : 最終更新日:2017/03/21 初めての賃貸併用住宅, 確定申告・節税

賃貸併用住宅の運営をはじめた際に忘れてはいけないのが、

 

・個人事業の開業届け

・所得税の青色申告承認申請書

 

を提出することです。

 

個人事業の開業届けは、開業から一ヶ月以内。

所得税の青色申告承認申請書は、開業から二ヶ月以内の提出が必須なので、

住み始めたら忘れないうちに両方とも対応してしまった方がよいです。

 

私も初めてのことだったので、

ネットで色々と調べながら、見よう見まねで届けを提出しました。

 

参考にしたのは、以下のサイトです。

 

<個人事業の開業届け>

個人事業の開業・廃業等届出書の書き方

 

<青色申告承認申請書>

個人事業主が「青色申告承認申請書」を簡単に書く13のポイント

 

詳しく書かれているので、上記サイトの手順通りに書けば、

誰でも申請できると思います。

 

ちなみに、「青色申告承認申請書」の

「6 その他参考事項」欄の簿記方式などは以下のように記載しました。

 

20130513231206

 

「簿記方式」は青色申告のメリットを得れるように、

「複式簿記」での提出に○をつけました。

 

私の賃貸併用住宅は賃貸ルームが3戸だけしかなく、

いわゆる「青色申告のメリット」を最大限に受けられる事業的規模(5棟10室)ではないので、

簡易簿記の申請でも問題ないのですが、将来的に賃貸業を拡大した際に、

複式簿記に慣れていた方が良いかと感じ、「複式簿記」での提出にしました。

 

青色申告のメリット? 事業的規模? という方は以下のサイトをご覧いただけると、

とても良く理解できると思います。

 

「白色申告と青色申告の違い」とは?

 

簡潔に考えると、白色申告は申告が楽だけど、節税メリットがない。

青色申告は申告が大変だけど、節税メリットがあるということです。

 

 

備付帳簿名は「現金出納帳」、「経費帳」、「固定資産台帳」に○をつけました。

正直提出した際はなんのこっちゃよくわからなかったのですが、

 

賃貸併用住宅コンサルタントからの紹介の税理士さんにどの帳簿提出で○をすべきかを確認して、提出しました。

 

厳密にこれで管理されるわけでないので、まずは届け出はざっくり上記の対応で問題ないとのことです。

 

 

必要事項の記入が終わったら、管轄の税務署に送付して申請は完了です。

 

ちなみに、申請が受領されたら何か届くのかな?と思っていましたが、

特に何も届きませんでした。

 

しかし、今の確定申告の時期になって必要書類がたくさん郵送されてくるので、

うまく受理されていたようです。

不安な方は送付した後に税務署に確認されても良いかもしれません。

 

 

来月はいよいよ、「確定申告」の月です。

はじめてなので、何からやればよいのかもまだ良くわかっていませんが、

諸々調べて対応してみようと思います。

 

ちなみに、確定申告・青色申告をするにあたって、

以下の本を事前知識の勉強として読みましたが、

とてもわかりやすく、理解しやすかったので、掲載しておきます。非常にオススメです。

 

<大家さんのための青色申告>

 

 

実際の申告作業はこれからですが、

申告で行った手順は本ブログでも紹介したいと思います。

 

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

マイホームを建てる際に絶対付けた方が良い設備。天井からつり下げる洗濯物干し金具はとても便利

賃貸併用住宅のオーナールームを建てる際に付けて良かったという設備を一つご紹介します。 &nbs

記事を読む

賃貸併用住宅を建てる土地、中古物件を探すために行った行動1

「賃貸併用住宅」での不動産投資を始めるには、土地を買って新たに建築するか、 もしくは中古物件を

記事を読む

土地の契約日がついに決まる!

前回のエントリーで、土地不動産の売り主から産休中の妻に対する質問があったことを書きました。本日はその

記事を読む

土地を買った後、施工会社選びに便利なサービス「タウンライフ土地活用」のご紹介[PR]

こんにちは、私です。   自宅兼貸しアパートである賃貸併用住宅は、土地から購入

記事を読む

「賃貸併用住宅」の専門仲介業者の物件提案はやはりレベルが高かった!

前回のエントリーで「賃貸併用住宅」専門の仲介コンサルタントの方と 新宿で初面談をしたことを記載

記事を読む

建物の打ち合わせが始まる!

土地の決済が無事終わり、次は建物についての打ち合わせです。   マンションだと

記事を読む

建物工事請負仮契約について -施工会社にも手付金の入金は必要!-

今回は短いエントリーです。   土地の決済が無事終わり、「賃貸併用住宅」の建物

記事を読む

謹賀新年:賃貸併用住宅をはじめてから8ヶ月経ち思う事

新年あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いします。  

記事を読む

賃貸併用住宅の建築にはサードオピニオン以上が必須だと思います。

医療でよく使われる「セカンドオピニオン」という言葉。 意味はご存知のとおり、「自分の判断をより

記事を読む

家賃を減らす・無くすことは最強に効果のある節約術である

先日、「お金持ちというのは、キャッシュフローリッチな人のことである」というエントリーを書きました。こ

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

no image
賃貸併用住宅を建ててから7年が経った状況

1年ぶりの更新です。 マイホーム兼貸しアパートの賃貸併用住宅を建

賃貸併用住宅に住んでから6年が経った現在の状況

こんにちは、実に2年ぶりの更新です。 自宅兼アパートである賃貸併

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑