個人で申告する人はほとんどいない?償却資産申告書の提出にいってきました。

公開日: : 最終更新日:2017/03/21 初めての賃貸併用住宅, 確定申告・節税

賃貸併用住宅の運営は、「不動産賃貸業」になるので、

個人事業主として事業を開業したことになります。

 

個人事業主は、毎年1月31日までに、前年の償却資産についての申告を

しなければなりません。

 

開業届を出していれば、かならず申告書の封書が税務署から11月~12月頃に送られてきます。

 

「償却資産申告??何それ??」

 

と思われた方、ご安心ください!

恥ずかしながら私も税務署からきた封書をみて、これ何?と思っていました。。。

 

 

償却資産の申告とは?

償却資産とはなんでしょうか?区役所の市税課のホームページに以下のように書いてあります。

「固定資産税の対象となる償却資産とは、毎年1月1日現在所有する土地及び家屋以外の事業の用に供することができる資産」

 

難しそうな言葉並んでいますが、

 

つまりは、「土地」や「建物以外」で事業用に使用している資産のことです。

例えば、事業用のパソコン、賃貸部屋のエアコンなどが償却資産の対象になります。

 

税務署は事業を始めた、個人や法人が建物以外で何の資産を所有しているかは

「わからない」ので、そういう資産を持っていたら申告してね、ということです。

 

「賃貸併用住宅」の場合は、上記のエアコンや外壁などが償却資産にあたります。

繰り返しますが、「建物や土地」はすでに固定資産税・都市計画税で税金がかかっているので、

償却資産の申告の対象には含みません。

 

また、自動車も自動車税がかかっているので、申告対象外となります。

 

所持している人は少ないと思いますが、牛・馬などの動物も申告対象外となります。

 

償却資産申告については、以下のQAサイトのやりとりがわかりやすいです。

 

償却資産税とは何ですか?

 

どれくらいの税金がかかるの?

「償却資産の申告」はもちろん、課税額を決定するために申告します。

課税額は、資産評価額の1.4%になります。

 

しかし、評価額が150万円未満の場合は、税金は何もかかりません。

 

もう一度いいますが、150万円未満の場合は税金がかかりません。

 

そのため、賃貸併用住宅を始めた方は、賃貸ルームは多くても2~4戸だと思いますので、

申告により償却資産税がかかる方は、個人の場合はほとんどいないと思います。

 

しかし、税務署からの封書には、

「該当資産がなくても申告してください」

と書いてあります。

 

皆さん現実はどうしているのでしょうか?

 

 

税理士さんに聞いてみたところ、提出する人は少ない。もしくは該当資産無しで申告。

そこで、私は賃貸併用住宅のコンサルタントから紹介された税理士さんに

以下のように質問してみました。

 

「償却資産の申告ですが、150万円以上になることはまず無いと思うのですが、

皆さんエアコンなどいちいち報告しているのでしょうか?」

 

「いや申告しない人は多いです。また申告しても該当資産無しとして

申告してしまう人も多いです。なぜなら結局税金はかからないのですから

 

現実は、やはりきちんとは申告している人は少ないようです。。。

 

なるほど。

 

 

とはいえ、初めてなので一応申告にトライしてみた

「申告しない」選択肢はあったのですが、

初めてですし、申告しなくて何か目をつけられるのも嫌だと感じたので、

私は申告してみました。

 

該当の償却資産は賃貸部屋3戸にある「エアコン」です。

 

当初エアコンの見積額をちゃんと調べて申告しようと思いましたが、

見積書にエアコンの欄がない!工事代金としてざっくり含まれてしまったみたいです。

 

メーカーを調べて、定価をチェックするか?

とも考えましたが、正直、

 

「メンドウクサイ」

 

と感じ、えいや!と「該当資産無し」で申告することにしました。

 

↓のような感じで書きました。

資産申告

 

上の写真にはありませんが、17の備考欄に、「該当資産無し」に○をつけて、

提出しました。

 

そして、本日おそるおそる区役所の市税課で提出すると、、、

 

資産申告承認

 

 

あっさりと、受領のハンコがもらえました。

 

このあと、審査の結果もう一度再提出が求められることも

あるみたいですが、とりあえず期日までに提出はできました。。。

 

今回私の場合は、仕事が忙しく時間がなかったので、

結局、上記のように申告してしまいましたが、

申告はちゃんとした方が良いとは思うので、個人の判断で参考にしてください!

 

※注意※

当たり前ですが、150万円以上の償却資産がある場合は、申告しないと脱税になってしまいます。

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

家賃を減らす・無くすことは最強に効果のある節約術である

先日、「お金持ちというのは、キャッシュフローリッチな人のことである」というエントリーを書きました。こ

記事を読む

賃貸併用住宅を建てる土地、中古物件を探すために行った行動1

「賃貸併用住宅」での不動産投資を始めるには、土地を買って新たに建築するか、 もしくは中古物件を

記事を読む

アパート賃貸部分の内装(壁、ドア、床)の色は「白」を基調とした方が良い理由。

賃貸アパートの内装にはオーナーの趣味を反映できる場面でもありますが、 私は「賃貸併用住宅の賃貸

記事を読む

自宅のシンボルツリー・庭木にオススメな植物と選定基準

私が運営している自宅兼アパートである賃貸併用住宅には庭木を植えるスペースがあります。 妻が植物

記事を読む

「賃貸併用住宅」の専門仲介業者の物件提案はやはりレベルが高かった!

前回のエントリーで「賃貸併用住宅」専門の仲介コンサルタントの方と 新宿で初面談をしたことを記載

記事を読む

サラリーマン大家が退去者の立ち会い当日にすることは何も無い

当ブログでも何度か書いていますが、賃貸併用住宅を建築し、賃貸部分の満室稼働が開始してから約1年2ヶ月

記事を読む

マイホームやアパートの建築現場見学で意識しておきたい4つのこと

自宅兼アパートの「賃貸併用住宅」の建築では、設計や内装の仕様が決まると、施工会社と「工事請負契約書」

記事を読む

サラリーマン大家が確定申告をする前に読んでおきたい本5冊を紹介!

2月といえばいよいよ確定申告の時期です。 私は自宅兼アパートである、賃貸併用住宅の運営をしてか

記事を読む

賃貸併用住宅の「自宅部分の内装」を検討するときに気をつけたいたった一つのコト

賃貸併用住宅を建てる時に必ず検討ステップに入る「自宅部分の内装」 結論から言うと、自宅部分の内

記事を読む

賃貸併用住宅の建築にはサードオピニオン以上が必須だと思います。

医療でよく使われる「セカンドオピニオン」という言葉。 意味はご存知のとおり、「自分の判断をより

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑