3階建ての賃貸併用住宅に10か月住んでみて、これは困ったなと思うデメリットについて

公開日: : 最終更新日:2017/03/20 初めての賃貸併用住宅

2013年の4月から自宅兼アパートである、賃貸併用住宅に住み始めて10か月経ちます。

 

今回は、10か月経ってみて、これは困ったな…とか、面倒だな…とか思ったことをいくつか書いてみたいと思います。

 

はじめに、私が住んでいる賃貸併用住宅は以下のような作りになっています。

1

 

 

3階建てになっており、1階の二部屋と2階の半分を賃貸ワンルームとして貸し出しています。

 

そして、大家である私は、2階の半分と、3階1フロアを住まいとしています。

 

3階がリビング・寝室・バルコニー。2階にクローゼット・お風呂があります。

 

この構造をもとに困ったと思ったことをいくつか書いてみたいと思います。

 

 

1階が玄関、3階がリビングなので、登り降りが本当にタイヘン!

上述のとおり、3階にリビングなので、家にいるときは大体リビングにいます。

そうすると、訪問者がいらっしゃった際に、ピンポンがなるのですが、いちいち一階まで階段を下りて、対応をしてから、また3階まで階段を登るのが、非常に面倒です。

 

しかも訪問者は大体、ネットで購入したものを届けてくださる宅配の方なので、荷物を受け取って、それを持ちながら3階に行かなければなりません。受け取ったモノが2リットルの水6個パックとかだと、もう相当な重労働です。

たまに、20~30分の時間差で訪問者がいらっしゃるときなどは、「またか!・・・」となってしまいます。(宅配の方ごめんなさい)

あと、1階ドア、3階リビング大変なのは、スーパーで大量に食材を買ってきたあとですね。これも宅配物と同じく、3階まで食材を運ぶのは重労働です。

賃貸併用住宅となると、構造上オーナーが2階以上となってしまうことが多いようなのですが、長く住むならできれば1階と2階をオーナールームにする可能性を施工会社さんと相談した方がよいと思います。

 

2階にクローゼット、3階がバルコニーなので、服をたたんだ後に2階に運ぶのがタイヘン!

これも、フロア別に機能を分けてしまったがゆえの悩みです。

 

3階に洗濯機と、バルコニーがあるので、必然的に洗濯後は3階で干します。

そして乾いた衣類は、3階のリビングでテレビを見ながらなんかしながら、畳みます。そこまではスムーズにいくのですが、この後がそれを2階のクローゼットまで運ぶのが相当に面倒です。

 

たまに、せっかく畳んだのにそのまま2日くらい置いてあって、娘に荒らされて、畳んだ努力がおじゃんということもあります。

 

クローゼットと、洗濯物を干す環境は同じフロアが良いなと感じました。

 

入居者の方にうるさいと思われないように音に気を使う

これは通常のアパートに住んでいる方も同じですが、音は大分気を遣います。

しかも、大家なので、うるさくて入居者の方に迷惑をかけたら大変なので、普通のアパートに住むよりも意識します。

 

我が家は1歳の娘がいるので、ドタドタ歩いたり、2階で泣いたりしたときは、ビクビクします。

幸い、気を遣っているので特にクレームなどをいただいたことは無いのですが、今後も気を遣いながら生活をする必要はあります。

 

ちなみに、賃貸併用住宅はほとんどの方が木造で建てることになると思いますが、音が伝わりにくいように努力をすることは可能です。以下のエントリーで以前に書いたのでご参考までに。

 

「賃貸併用住宅」で住民同士の音漏れをできる限り無くす方法

夜に2階に住んでいる方のイビキが聞こえることがある

私家族の真下に、2階の賃貸ワンルームがある構造のため、たまに夜になると2階の入居者の方のイビキが聞こえます。

(耳をすませば聞こえる程度ですが…)

妻は全く気にならないと言っているのですが、私は睡眠にデリケートなので、たまにイビキが気になって眠れなくなることがあります。そのため、最近は耳栓を付けて寝ることもあります。

 

できれば、寝室の真下が入居者スペースにならないようにしたいです。

 

以上になります。

 

上記書いたことについて、「それくらいのことであれば、我慢できそう」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

実際には、最近は困ったなと思うものの、慣れてきて、普通の生活の一部になっています。

 

以前は、1階の賃貸マンションに住んでいて、上に書いたようなことは起こらない構造だったので、3階建てに急に移り変わったので、慣れてない部分が困ったという形で現れただけかもしれません。

 

基本的には、賃貸併用住宅はメリットだらけになるので、とてもオススメです。

 

以上、これから賃貸併用住宅を建てようと思っている方は、設計の際に参考にしてみてください。

 

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

【平成28年度】手書きなのに確定申告の作業を2時間で終わらせる方法

昨日、平成28年度の確定申告の作業が完了しました。 賃貸併用住宅を建ててから、確定申告の提出は

記事を読む

住宅ローン決済当日の流れについての体験レポート

銀行から住宅ローンの事前審査でOKをもらい、本申込みでも融資許可がおりました。  

記事を読む

いま「家を建てたい人」には天国?フラット35の適用金利が過去最低に

自宅兼アパートである賃貸併用住宅や、マイホームを建てる場合は、ほぼすべての方が「銀行や金融支援機構」

記事を読む

平成28年度の確定申告はマイナンバー記載が必須。すぐに自分のマイナンバーを調べる方法

平成28年度の確定申告の締め切り3月15日(水)がせまってきました。 まだ確定申告を提出してい

記事を読む

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさんの人に入居してもらいました。

記事を読む

引っ越し代を相場の半額以下に節約する方法

本日は引っ越しに関する話題です。 不動産賃貸業は2〜3月が繁忙期です。ということは、それにあわ

記事を読む

賃貸併用住宅専門のコンサルタントを利用するメリット

今回は「賃貸併用住宅」を建てるにあたって、専門の仲介コンサルタントを利用するメリットについて書かせて

記事を読む

アパートの入居者にお中元・年賀状を贈るべきか?

『「賃貸併用住宅」という自宅兼アパートをサラリーマン大家として運営しています。』と知人や友人に言うと

記事を読む

賃貸併用住宅を建てる土地、中古物件を探すために行った行動3

前回に引き続き賃貸併用住宅の物件探しについて書きます。   ●「賃貸併用住宅」に絞

記事を読む

キッチン備え付きの食洗機はコストが上がっても絶対につけるべき設備

本日はキッチン周りの話題です。   賃貸併用住宅の建築では、賃貸部分については

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Comment

  1. キシダ より:

    現在、賃貸併用住宅を建築しようとしています。
    工務店さんはどちらがおすすめでしょうか。
    お教えくださいますようお願いいたします。

    • なぐ太 より:

      キシダさん
      コメントいただきありがとうございます。
      工務店などは個別にメールからご連絡させていただいております。
      お手数ですが、プロフィール欄の連絡先から連絡頂戴してもよろしいでしょうか。よろしくお願いします。

  2. エミちゃん より:

    最近賃貸併用住宅を思案中です。いつも大変参考にさせていただいております。
    なぐ太さんは住宅に大変満足されていますが、どこの工務店で建てられましたか?あと、管理会社はどちらでしょうか?
    こちらは地方の田舎者です。同じ工務店&管理会社があればいいのですが・・・

    • なぐ太 より:

      エミさん
      仕事の都合で中々ブログを開けず返信が遅れまして申し訳ありません。
      コメントありがとうございます、工務店などの情報については個別にメールいただいてもよろしいでしょうか。
      よろしくお願い致します。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑