引っ越し代を相場の半額以下に節約する方法

公開日: : 最終更新日:2017/03/20 初めての賃貸併用住宅

本日は引っ越しに関する話題です。

不動産賃貸業は2〜3月が繁忙期です。ということは、それにあわせて引っ越し業界も繁忙期になります。

 

繁忙期になるということは、当たり前ですが、需要がピークになり、料金が一年で最も高くなるということとイコールです。

 

私は、2013年の4月に賃貸併用住宅に移居するために、3月の末に引っ越しをしました。

3月末は繁忙期の中でも特に、引っ越し需要が盛んな時期です。引っ越し業者も強気な値付けをしてきます。

 

しかし、私はなんと幸運にもその時期の相場の半額以下で引っ越しをすることができました。

この時期では、近い距離でも夫婦2人分の引っ越しでは、20万円弱するようなのですが、8万円でおこなう事ができました。

 

その経緯について書きたいと思います。

 

 

まずは、引っ越し業者のポータルサイトに登録

「引っ越し侍」という引っ越し見積もりのポータルサイトに登録しました。

このサイトに登録するだけで、複数の引っ越し業者からの見積もりを受けられるというサイトです。

 

現住所と、引っ越し先の住所など、見積もりをお願いしたい引っ越し業者などを選択します。

 

なんと、入力が完了すると、10分もしないうちに引っ越し業者から電話がかかってきます!凄いスピードです。

見積もりの日取りのアポ取り電話です。引っ越し業者は中々サービス内容で差別化をしにくい業界なので、いかに早くお客さんにリーチするかを競いあっているようです。

 

ある業者の電話に出ているときに、他の業者からの電話がキャッチホンで聞こえるほどのスピードです。

 

私は4社の引っ越し業者とアポとをとりました。

・アート引っ越しセンター

・ありさんマークの引っ越し社

・サカイ引っ越しセンター

・ファミリー引っ越しセンター

 

の4社です。

 

 

 

アポはあえて4社同じ日の同時刻に来てもらう

アポは同じ日の、全く同じ時刻に来ていただきました。普通は業者さんに悪いから少しずらしたりとかするみたいなのですが、私はあえて同じの同時刻に来ていただきました。

 

マンションの中に、引っ越し業者さんが黙々と見積もりをするという少し異様な光景です。。。

 

なぜ、同時刻に来ていただいたのか?それは、「業者さんにライバルが複数いることを知っていただきたかったから」です。当たり前ですが、引っ越し代は基本的には安い業者にお願いする人がほとんどだと思います。各社によってあまりサービスには変化ないので、価格の安さが一番の意思決定のポイントになります。

 

そうなると、引っ越し業者さんは、ライバルが1社、2社、3社と複数いればいるほど、価格を抑えて提案いただける可能性が高くなります。あまりに強気に見積もりを提案すると、発注者からすぐに愛想をつかれてしまうので、そこまで強気な価格提案ができません。

 

また、ライバルが複数社いることを目の当たりにしているので、発注者が価格値下げ交渉をしてきたときの説得力がとても高まります。「●●さん(引っ越し業者名)は●万円で提案してきたので、あと5千円下げてくれたら御社に決定する」なんて、提案にかなり説得力が増すのです。

 

実際に私は、この方法で何とか価格を下げてもらう交渉をして、結果「アリさんマークの引っ越し社」さんが最も安い価格を提供いただいたので、すぐに意思決定をしました。

 

最終的には、アートさんと、アリさんマークの引っ越し社さんが残りましたが、最後の値下げの一押しまでつき合っていただいたのは、アリさんマークさんでした。

 

賃貸併用住宅の建築費用で予算がかつかつだったため、無理な値下げにご対応いただいたアリさんマークさんには本当に感謝です。

 

 

結果、冒頭でも書きましたが、相場の半額以下の8万円という価格で行っていただくことになりました。

 

 

 

引っ越し当日も無事に終了

アリさんマークさんは、「安かろう、悪かろう」ではなく、引っ越し当日は価格以上の対応をしていただきました。

 

私の併用住宅は3階に自宅用のリビングがあり、そのフロアに洗濯機を設置しているのですが、なんと3階までの階段に洗濯機が入らない事が当日発覚したのですが、急きょクレーン車を要請していただき、3階の窓から運ぶことになりました。

 

通常クレーン車を出すと、追加代金が発生するのですが、アリさんマークさんは、「ちょうど空きがあったので」と無償で行っていただけることになりました。本当に感謝です。

 

ここまでしていただいので、次回もアリさんマークさんにお願いしようかと思っております。

 

以上、今回は引っ越しの話題でした。

賃貸併用住宅を建てた方は、予算がかつかつだと思うので、できる限り引っ越し代は安く抑えたいとお思いかと思います。

その際は、私がおこなったように、「4社以上の業者さんに、必ず同日同時刻に見積もりに来ていただき、価格交渉をすること」が必須だと思います。

 

引っ越し業は、発注者の交渉によっては、半額以下にもなる可能性が秘めているので、試してみる価値はあるかと思います。

 

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

1月に入ってから「賃貸併用住宅」の検索ワードで検索結果3位になりました

1月から当ブログのアクセスが急に増えました。 更新頻度をものすごい増やしたわけでもないのに、何

記事を読む

賃貸併用住宅のデメリットで言われる「住民同士のトラブル」を少しでも防ぐ工夫について

今回は賃貸併用住宅における、「住民同士のトラブル」についてのエントリーです。  

記事を読む

お金をかけずに夫婦だけで地鎮祭を行う方法

マイホームや賃貸併用住宅を土地から建てる際に、必ず検討するイベントの一つが「地鎮祭」です。 地

記事を読む

プロパンガスか都市ガスか、どちらを選ぶべき?

こんにちは、私です。   久々の更新です。   「賃貸併

記事を読む

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。 まだ4年ですが、とはいえ

記事を読む

建物の打ち合わせ一回目の後に施行会社に送った要望イメージ資料

建物の打ち合わせ第二回目について書かせていただく前に、一回目の打ち合わせの後に、私夫妻が施行会社向け

記事を読む

洗濯機をお風呂の近くに設置しなかった理由

無事「賃貸併用住宅」の図面が完成しましたが、本日はなぜ我々夫婦は洗濯機をお風呂のある2階ではなく、3

記事を読む

「賃貸併用住宅」というビッグワードでGoogle検索のSEO10位入り。ブログもニッチ戦略が重要。

先日、【Wordpressテーマ】Stinger3を導入したところPV数が2倍になりました。というエ

記事を読む

賃貸併用住宅をはじめたら、「個人事業の開業届け」と「青色申告承認申請書」の提出を忘れずに!

賃貸併用住宅の運営をはじめた際に忘れてはいけないのが、   ・個人事業の開業届

記事を読む

賃貸併用住宅の建築は子供が産まれる前に行った方が良いです

私は子供が産まれる前に賃貸併用住宅の建築を行ったのですが、今から振り返ると「子供が産まれる前にもろも

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑