20年ぶりの大雪で我が家のバルコニーがとんでもないことに!

公開日: : 最終更新日:2017/03/20 初めての賃貸併用住宅, 雑感・よもやま話

土曜日の大雪はすごかったですね。私は生まれも育ちも東京ですが、あそこまで積もったのは初めての経験だったように思います。

 

東京では、「積雪20センチという記録的な大雪になった」というニュースが盛んにやっていました。facebookのタイムラインも雪の話題で埋め尽くされていた土日でした。

 

我が家も雪で想像以上のことが起きました。

タイトルでも書いたとおり、バルコニーの積雪がとんでもないことになったのです!

 

 

我が家での積雪は50センチ以上!

 

↓↓↓

20140209000320
一瞬なんの映像かよくわからないくらい積もっていますよね?

どこだこれは?雪国か?いや北欧スウェーデンか??というくらい積もっています。

 

「20センチの積雪」とニュースでは盛んにやっていましたが、我が家のバルコニーでは「50センチ規模」の積雪になりました。

 

たまに、雪国を取材した番組などで、雪でドアが埋まって部屋が暗くなるというようなことを見た記憶がありますが、その現象が雪国でもない我が家で起こったわけです。

 

こんな機会は中々ないので、夜にもパシャリとおさめてみました。

20140209000328

 

 

幸い日曜日には溶けた

こんな雪の量本当に溶けきるのか?重さでガラスにひびが入ったらどうしよう?とリアルに心配していましたが、幸い日曜日天気が良かったこともあり、日曜の午後にはほとんど溶けました。

 

いやあ、見つけた当初は少しテンションあがりましたが、段々不安になっていたので、ほっとしました。

 

 

 

バルコニーに屋根があったらもっと大変だった?

ところで、今回思ったのはバルコニーに簡易的な屋根とかつけておかなくて良かったなということです。雨をしのぐために、簡易的な屋根を作ることも考えたのですが、結局雨に日には外に干さないし、バルコニーは開放感があった方が良いということでつけませんでした。

 

もし付けていたら、雪の重さで押しつぶされていた可能性もあります。

そうなると、我が家のバルコニーは三階にあるので、1階に雪がドバっと落ちたりしたら危険でした。。。

 

雪国ではないので、普段は「記録的な豪雪があった時にこういう設計だったら危ないので」と住宅の設計を考えることは無いと思いますが、万が一ということもあるので、頭の片隅にはいれておくべきだなと思いました。

 

よくあるのが、駐車場の屋根が雪でつぶれてしまうことですよね。本当に駐車場に屋根は必要か万が一のことも考えて十分に検討した方がよさそうですね。

 

これから住宅建築を検討する方は一度、大雪がおきたら?ということも考慮するとより安全な住宅設計になるかもしれません。

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

非正規のiPhone画面修理業者の品質は実際のところどうなのか?体験してみたのでレポートします。

半年ほど前、街で歩いている時に咄嗟の不注意でiPhoneを落としてしまい、液晶がバッキバキに割れてし

記事を読む

「賃貸併用住宅」初回に提案いただいた設計図 〜賃貸部分について〜

「賃貸併用住宅」についての建築打ち合わせ第二回目について書きたいと思います。  

記事を読む

自炊代行業者詐欺に遭い2万円騙しとられた上に、185冊の本が無くなった話

「自炊(じすい)」という言葉をご存知でしょうか?kindle等の電子書籍リーダーが普及した現在では、

記事を読む

1月に入ってから「賃貸併用住宅」の検索ワードで検索結果3位になりました

1月から当ブログのアクセスが急に増えました。 更新頻度をものすごい増やしたわけでもないのに、何

記事を読む

スマホの分割払いのせいで住宅ローンが通らなくなる?

賃貸併用住宅やマイホームを建てるときに必ず起きる行事が「住宅ローンの審査」です。 中にはキャッ

記事を読む

住宅ローン決済当日の流れについての体験レポート

銀行から住宅ローンの事前審査でOKをもらい、本申込みでも融資許可がおりました。  

記事を読む

マイホームに「ダミー監視カメラ」を設置することをオススメします。

今回は空き巣についての話題です。 「空き巣なんて自分はあわないだろう・・・」ほとんどの方はそう

記事を読む

賃貸併用住宅でフル稼働すること1年2ヶ月、ついに初の退出者が出てしまった。

昨年の4月から自宅兼賃貸アパートの運営を開始してから、1年2ヶ月間賃貸ルームの3部屋は満室稼働してお

記事を読む

「夫婦会社員で共働き」の状態で賃貸併用住宅を建てるべき理由

賃貸併用住宅は賃貸アパートでもあり、「自宅」でもあるので、基本的には家族世帯の方が建てることが多いか

記事を読む

貸しアパートに空室ができた際にあなたがやるべきたった一つのこと。

賃貸併用住宅やアパート大家を運営している中で出てくる一番のリスクは、当たり前ですが「空室」です。

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑