いま「家を建てたい人」には天国?フラット35の適用金利が過去最低に

公開日: : 最終更新日:2017/04/01 住宅ローン・保険, 初めての賃貸併用住宅

自宅兼アパートである賃貸併用住宅や、マイホームを建てる場合は、ほぼすべての方が「銀行や金融支援機構」から「融資」を得て、建築費用にまわすと思います。

 

融資する際に気になるのが「金利」です。「0、01%でも金利が低いときに借り入れたい」と誰もが思います。金利が低ければ低いほど、毎月の返済額が減るため、「家を買うとき」は最重要検討項目になります。

 

ましてや借り入れ時の金利からずっと変わらない「固定金利」であれば、できる限り低いときに住宅を買いたいです。

 

住宅ローンの「固定金利」でいえば、住宅金融支援機構が提供する「フラット35」が有名です。

 

なんとこの「フラット35」 今月の2月の発表で「過去最低の固定金利」を発表しました。

 

 

「家を買いたい人はいまでしょ?」フラット35が過去最低金利を発表

 

2月4日に住宅支援機構が発表した内容を見ると、フラット35の2月の適用金利を「1,79%」にすると発表しました。これは昨年2013年4月以来約10ヶ月ぶりに過去最低を更新したようです。

 

2014年2月4日の朝日新聞デジタルより抜粋。

長期固定住宅ローン「フラット35」の2月の適用金利が過去最低になった。住宅金融支援機構が4日発表した。利用が最も多い「返済期間21年以上35年以下」の最低金利は、過去最低に並んでいた前月より0・01ポイント低い年1・79%で、昨年4月以来10カ月ぶりに最低を更新した。

金利の引き下げは2カ月ぶり。指標となる長期金利の低水準が続いているためという。一方、「返済期間20年以下」の最低金利は1月より0・01ポイント高い1・53%となり、2カ月連続で上昇した。

 

「1,79%」これは世界でも類い稀なる低金利です。

例えば、アメリカ版フラット35のフレディマックの長期固定金利は「約4、4%前後」です。(高い!)

 

現在の日本では、「家を買いたい」と考えている方にとってはとても好条件になっているのです。

 

私は銀行の変動金利の住宅ローンで融資を得て、賃貸併用住宅を建築しました。金利は現在「0,875%」です。私も低金利のときに融資を得たので、現状毎月の返済額は安く抑えられていますが、「変動金利」なので、今後の景気局面によっては上がる可能性は容易に考えられます。

今の条件で「固定金利」に金利見直しをするのも一つの手段としてもありだと感じます。

 

 

著名な大前研一氏もいまの低金利状態をメルマガで記載

元マッキンゼー日本支社長の大前研一氏も本日2月14日配信のメルマガで下記のように記載していました。

 

2014年2月14日 配信 「大前研一ニュースの視点」
住宅金融支援機構は4日、長期固定金利の住宅ローン「フラット35」の
2月の適用金利を発表しましたが、それによると主力の返済期間35年以下は、
取扱金融機関の最低金利が1.79%と前月比で0.01%下がり、
昨年4月以来10カ月ぶりに過去最低を更新したとのことです。

35年間の固定金利でこの利率というのは、
世界でも類を見ない数字です。

残念ながら、日本は空き家率が13%もあり、
今後は家を欲しがる人が少なくなるかもしれませんが、
この数字だけを見れば「家を建てたい人には天国」と言える条件です。

いずれ日本にハイパーインフレが起きると、
このような数字は維持できないでしょうから、
その意味でもチャンスかも知れません。

 

大前研一氏のような鋭い視点を持った方でも「家を建てたい人には天国」と表現するくらい、現状況は住宅の書いどきになっているようです。

 

ちなみに、大前氏のメルマガは以下から登録できます。独自の視点で最新ニュースを論じるコンテンツが大変ためになります。オススメです。(しかも無料です)

 

「大前研一ニュースの視点」
4月からは消費税も上がるので、家を買いたい人はいまが本当に買い時かもしれません。若干アベノミクスの影響で住宅価格は高くなっているとはいえ、この低金利は大変メリットになると思います。

 

ご参考までに。

 

 

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

マイホームやアパートの建築現場見学で意識しておきたい4つのこと

自宅兼アパートの「賃貸併用住宅」の建築では、設計や内装の仕様が決まると、施工会社と「工事請負契約書」

記事を読む

C駅の5,380万円の土地を買うことに決めた!しかしライバルが、、、

前回のエントリーで「賃貸併用住宅」専門のコンサルタントの方に3つの土地を紹介されたことを書きました。

記事を読む

土地の契約日がついに決まる!

前回のエントリーで、土地不動産の売り主から産休中の妻に対する質問があったことを書きました。本日はその

記事を読む

退去が出てしまった部屋の入居者が決まりました。

賃貸併用住宅の運営を昨年4月から開始し、1年2ヶ月が経ったところで退去者がでてしまったことは、以前当

記事を読む

最終的に完成した図面について(自宅部分)

今日は最終的に図面についてのエントリーです。     最終的に決ま

記事を読む

【賃貸併用住宅】建物の敷地内に知らない自転車が置いてありました。

  本日は最近起きたとある出来事についての話題です。 そうです。タイトルとおり

記事を読む

地盤調査の結果、改良工事が必要となった際の追加資金はいくらかかるのか?

本日は地盤調査の話題です。   地盤調査とは? 地盤調査とは何でしょうか。wik

記事を読む

家計の中では何を節約すべきなのか?食費は節約すべきではないと思う理由。

「できる限り節約してお金を貯めておきたい」   どんな家庭でも一度はそう思った

記事を読む

賃貸併用住宅専門のコンサルタントを利用するメリット

今回は「賃貸併用住宅」を建てるにあたって、専門の仲介コンサルタントを利用するメリットについて書かせて

記事を読む

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。 賃貸併用住宅を建てた経緯につい

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑