いま「家を建てたい人」には天国?フラット35の適用金利が過去最低に

公開日: : 最終更新日:2017/04/01 住宅ローン・保険, 初めての賃貸併用住宅

自宅兼アパートである賃貸併用住宅や、マイホームを建てる場合は、ほぼすべての方が「銀行や金融支援機構」から「融資」を得て、建築費用にまわすと思います。

 

融資する際に気になるのが「金利」です。「0、01%でも金利が低いときに借り入れたい」と誰もが思います。金利が低ければ低いほど、毎月の返済額が減るため、「家を買うとき」は最重要検討項目になります。

 

ましてや借り入れ時の金利からずっと変わらない「固定金利」であれば、できる限り低いときに住宅を買いたいです。

 

住宅ローンの「固定金利」でいえば、住宅金融支援機構が提供する「フラット35」が有名です。

 

なんとこの「フラット35」 今月の2月の発表で「過去最低の固定金利」を発表しました。

 

 

「家を買いたい人はいまでしょ?」フラット35が過去最低金利を発表

 

2月4日に住宅支援機構が発表した内容を見ると、フラット35の2月の適用金利を「1,79%」にすると発表しました。これは昨年2013年4月以来約10ヶ月ぶりに過去最低を更新したようです。

 

2014年2月4日の朝日新聞デジタルより抜粋。

長期固定住宅ローン「フラット35」の2月の適用金利が過去最低になった。住宅金融支援機構が4日発表した。利用が最も多い「返済期間21年以上35年以下」の最低金利は、過去最低に並んでいた前月より0・01ポイント低い年1・79%で、昨年4月以来10カ月ぶりに最低を更新した。

金利の引き下げは2カ月ぶり。指標となる長期金利の低水準が続いているためという。一方、「返済期間20年以下」の最低金利は1月より0・01ポイント高い1・53%となり、2カ月連続で上昇した。

 

「1,79%」これは世界でも類い稀なる低金利です。

例えば、アメリカ版フラット35のフレディマックの長期固定金利は「約4、4%前後」です。(高い!)

 

現在の日本では、「家を買いたい」と考えている方にとってはとても好条件になっているのです。

 

私は銀行の変動金利の住宅ローンで融資を得て、賃貸併用住宅を建築しました。金利は現在「0,875%」です。私も低金利のときに融資を得たので、現状毎月の返済額は安く抑えられていますが、「変動金利」なので、今後の景気局面によっては上がる可能性は容易に考えられます。

今の条件で「固定金利」に金利見直しをするのも一つの手段としてもありだと感じます。

 

 

著名な大前研一氏もいまの低金利状態をメルマガで記載

元マッキンゼー日本支社長の大前研一氏も本日2月14日配信のメルマガで下記のように記載していました。

 

2014年2月14日 配信 「大前研一ニュースの視点」
住宅金融支援機構は4日、長期固定金利の住宅ローン「フラット35」の
2月の適用金利を発表しましたが、それによると主力の返済期間35年以下は、
取扱金融機関の最低金利が1.79%と前月比で0.01%下がり、
昨年4月以来10カ月ぶりに過去最低を更新したとのことです。

35年間の固定金利でこの利率というのは、
世界でも類を見ない数字です。

残念ながら、日本は空き家率が13%もあり、
今後は家を欲しがる人が少なくなるかもしれませんが、
この数字だけを見れば「家を建てたい人には天国」と言える条件です。

いずれ日本にハイパーインフレが起きると、
このような数字は維持できないでしょうから、
その意味でもチャンスかも知れません。

 

大前研一氏のような鋭い視点を持った方でも「家を建てたい人には天国」と表現するくらい、現状況は住宅の書いどきになっているようです。

 

ちなみに、大前氏のメルマガは以下から登録できます。独自の視点で最新ニュースを論じるコンテンツが大変ためになります。オススメです。(しかも無料です)

 

「大前研一ニュースの視点」
4月からは消費税も上がるので、家を買いたい人はいまが本当に買い時かもしれません。若干アベノミクスの影響で住宅価格は高くなっているとはいえ、この低金利は大変メリットになると思います。

 

ご参考までに。

 

 

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

賃貸併用住宅をはじめたら、「個人事業の開業届け」と「青色申告承認申請書」の提出を忘れずに!

賃貸併用住宅の運営をはじめた際に忘れてはいけないのが、   ・個人事業の開業届

記事を読む

マイホームの樹木は「シマトネリコ」よりも「ローリエ」をオススメする理由

マイホームを建てる際にシンボルツリーに憧れる方は多いかと思います。 そしてそのシンボルツリーの

記事を読む

地盤調査の結果、改良工事が必要となった際の追加資金はいくらかかるのか?

本日は地盤調査の話題です。   地盤調査とは? 地盤調査とは何でしょうか。wik

記事を読む

「夫婦会社員で共働き」の状態で賃貸併用住宅を建てるべき理由

賃貸併用住宅は賃貸アパートでもあり、「自宅」でもあるので、基本的には家族世帯の方が建てることが多いか

記事を読む

賃貸併用住宅は「一時的にオーナールームも貸し出す」という選択肢もある?

マイホーム所持否定派の方によく言われる意見が、 「将来子供を何人産むかわからないし、産んだとし

記事を読む

お金をかけずに夫婦だけで地鎮祭を行う方法

マイホームや賃貸併用住宅を土地から建てる際に、必ず検討するイベントの一つが「地鎮祭」です。 地

記事を読む

入院してわかったこと、やっぱり医療保険は入る必要が全くない

昨年の11月頃、腸の憩室というところが炎症をおこし緊急入院しました。 <入院中に書いた記事>

記事を読む

住宅ローンの申し込み・三大疾病保障付きローンは入るべき?

住宅ローンに申し込むとほとんどの場合は、団体生命保険への加入を求められます。  

記事を読む

【平成28年度】手書きなのに確定申告の作業を2時間で終わらせる方法

昨日、平成28年度の確定申告の作業が完了しました。 賃貸併用住宅を建ててから、確定申告の提出は

記事を読む

マイホームにベランダはいらないと感じる4つの理由

マイホーム兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、もう少しで3年が経とうとしています。

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

no image
賃貸併用住宅を建ててから7年が経った状況

1年ぶりの更新です。 マイホーム兼貸しアパートの賃貸併用住宅を建

賃貸併用住宅に住んでから6年が経った現在の状況

こんにちは、実に2年ぶりの更新です。 自宅兼アパートである賃貸併

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑