住宅ローンの「フラット35」が更に借りやすくなりますがご用心

公開日: : 最終更新日:2017/03/20 初めての賃貸併用住宅

先日、住宅金融支援機構が提供する住宅ローン「フラット35」の2月金利が過去最低値を更新したことをブログで取り上げました。

↓のエントリーです。
いま「家を建てたい人」には天国?フラット35の適用金利が過去最低に

 

ここにきて、更に「フラット35」が借りやすくなる施策が打たれます。

 

2014年4月から「フラット35」の上限融資率が100%に引き上げられます。

表題のとおり、更に借りやすくなる施策とは、今まで上限融資率が90%だった「フラット35」が100%に引き上げられるというものです。つまり、「頭金なし」で家が買えてしまう状態になるわけです。

 

こうなると、家を買うのに必要な費用は、登記料などの諸費用のみで済む事になります。貯蓄がない家庭でも、夢のマイホームを持ちやすくなるのです。

 

施策の背景は、消費税が8%に引き上げられることによる、需要の低下を補うための施策です。昨年の補正予算に組み込まれたこの施策はすでに国会を通過をしているので、確実に実行されます。

 

フラット35の上限融資率の100%化はオイシイのか?

このフラット35の上限融資率の100%化はオイシイものなのでしょうか?私は個人的には注意点が必要だと思っています。

それは、シンプルな一つの理由ですが、「100%ローンで住宅を買う際には金利が約0、4%上乗せされる」ということです。

 

住宅ローンは当たり前ですが、長期の固定金利になるので、できる限り借りるときの金利は低い方が得です。2月の発表では、現在のフラット35の金利は、過去最低値の1、79%ですが、100%ローンを利用すると、2、2%ほどになってしまいます。これでは、現状のフラット35のオイシサを最大限活かしきれません。

 

やはり、いまのフラット35は、先進国の中でも稀にみる低金利状態なので、その状態を維持してフラット35を利用した方がよいでしょう。

 

 

頭金が足りない場合は、何とかしてかき集めた方が良い

仮に、4,000万円の物件をフラット35を利用して購入するとします。その場合に、1、79%の低金利を得るには、最低でも住宅価格の約10%を自分の資金で用意しなければなりません。つまり400万円です。

 

400万円であれば、親兄弟・親戚・親友を回ってお願いすれば、借りられる額ではないでしょうか。私も昨年に自宅兼アパートを購入しましたが、頭金のほとんどを家族・親戚から借り入れることによって用意しました。

 

そして、多くの場合は「家族・親戚」からの借り入れであれば、金利はつきません。(人の考え方によりますが、、、)であれば、お金のことは中々家族に相談・お願いしにくい事ではありますが、一つの手段として捉えておいた方が良いと思います。

 

 

金利が決まるのはローン実行時のため、それも注意が必要

またこれは、今回の100%化だけでなく、住宅ローン全体に関係することですが、「ローン金利が決まるのは、ローン実行時になる」ということも注意点として覚えておいた方がよいです。

 

近年、タワーマンションがバンバン建設されていますが、タワーマンションなどの工期が長い物件は、建築段階で入居者を募ります。そのときに焦って、いまの住宅ローンは低いからと行動してしまうと、物件引き渡し時には「金利が高くなっていた」ということも十分考えられるので、工期が長い物件を買う場合は注意してください。

 

 

以上です。マイホーム購入に関して様々な促進措置が取られていますが、こういった時流に焦って乗るのではなくて、もう一度冷静になって考えた方が良いと感じたので、今回のエントリーを書きました。また、こういった「買いやすくなる」施策を行うと、もちろん供給サイド(不動産の売り手)も「売りやすく」なるわけなので、住宅価格自体は高止まりの傾向があります。

 

そのため、今はローン的には「オイシイ」状態ですが、住宅価格的には「オイシクない」傾向になっています。今年の4月以降は更に住宅価格は高止まりになるでしょう。いまの時期は見過ごして、貯蓄をし、また景気が冷え込むタイミングで住宅を買うのも一つの手だとも感じます。

 

個人のライフプランと、景気の状況を考え、慎重な判断をされるべきだと思います。ご参考までに。

 

●Amazonで人気のマイホームに関する書籍

お金を生み出す家を買いたい!

年収200万円からのマイホーム戦略

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

マイホームやアパートの建築現場見学で意識しておきたい4つのこと

自宅兼アパートの「賃貸併用住宅」の建築では、設計や内装の仕様が決まると、施工会社と「工事請負契約書」

記事を読む

賃貸併用住宅を建てるにあたっては、「駅から徒歩5分以内」はこだわりたい。

昨日、ついに賃貸部分の退去者が出てしまったことを書きました。   本日、ネット

記事を読む

賃貸併用住宅運営から9か月目にして起きたはじめてのトラブル

2013年の4月から賃貸併用住宅を運営してから、今月で9か月経ちますが、はじめてトラブルがおこりまし

記事を読む

スマホの分割払いのせいで住宅ローンが通らなくなる?

賃貸併用住宅やマイホームを建てるときに必ず起きる行事が「住宅ローンの審査」です。 中にはキャッ

記事を読む

アパート管理会社の管理手数料は値引きできる可能性もあるので必ず交渉した方が良い

前回「アパートの管理会社を選ぶ際にこだわりたい4つのポイント」のというエントリを書きました。

記事を読む

2回目にいただいた「賃貸併用住宅」の図面について

初回に提案いただいた「賃貸併用住宅」の図面に様々なフィードバックを返し、2週間後には修正の図面が上が

記事を読む

はじめて「住宅ローンの繰り上げ返済」をやってみた!

前回、「併用住宅オーナーにとって最も確実な投資は「住宅ローンの繰り上げ返済」である。」というエントリ

記事を読む

アパートの管理会社の賃料査定は当てにしなくても良い理由

管理会社の話題で、以前に下記のエントリを書かせていただきました。 アパートの管理会社を選ぶ際にこだ

記事を読む

事故物件サイト「大島てる」で借りる部屋を必ず調べてみよう

昨今、「事故物件」が注目を浴びているようです。 「事故物件」とは、名前のとおり、何らかの理由で

記事を読む

退去者が出てしまった部屋にようやく申し込みが1件入る。

以前も書きましたが、賃貸併用住宅の運営を昨年の4月から開始して、しばらく満室稼働が続いていたのですが

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑