ブルーハーツの名言に学ぶ「何事も始めるのに早すぎることはない」という教訓

公開日: : 最終更新日:2017/03/20 雑感・よもやま話

よく世の中では、「何事も始めるのに遅すぎるということはない」と言われます。人間、何歳になっても夢は叶えられる!という意味でよくこの言葉は紹介されます。

 

22年間司法試験を受け続け、40代になってから弁護士になった。

50代をすぎてからデザインの勉強をして、有名なデザイナーになった。

 

などのサクセスストーリーとともに、「この始めるのに遅すぎるということはない」という言葉はよく紹介されます。

 

この言葉に、私も賛成です。

しかし、最近はこの言葉の逆の「何事も始めるのに早すぎることはない」ということも非常に大事だなと感じるようになりました。

 

 

ブルーハーツの名言に学ぶ「何事も始めるのに早すぎることはない」を日本人はもっと意識するべき

「何事も始めるのに早すぎることはない」というのは、

 

「とりあえず未熟な状態でも良いから早く飛び込んで、とにかく経験⇒失敗をした方が結局早く夢は叶えられることができる。」という意味で解釈してください。

 

例えば、「英語を自由自在に喋れるようになりたい、洋画を字幕無しでみたい」という夢を持つ人は、最初にTOEICや英文法を真面目にコツコツと勉強して徐々にステップしていくよりも、いっそのこと少ない資金でも英語圏の国に飛びこんで住み込みのアルバイトや、ホームステイなどをやってしまった方が確実に語学力の上達は早いです。

 

「オリンピック選手みたいにスノボを滑れるようになりたい」という人も手っ取り早くゲレンデに行ってまずは滑ってみて、いっぱい転んで失敗をしながら学んでいった方が確実にうまくなります。

 

「いつかはフルマラソンを完走したい」という人も、まずはウォーキングから、徐々に距離を延ばしてなんて眠たい事言わずに、いきなりフルマラソンにエントリーしてしまった方が、最初のエントリーではリタイヤしてしまうかもしれませんが、フルマラソンに必要なトレーニングを肌感覚でつかむ事ができて、ぐっと「フルマラソン完走」という夢に近づきます。

 

元ブルーハーツのヴォーカリスト甲本ヒロトさんも何かのインタビューで次のように言いました。

 

「ギターがうまくなるのを待っていたら君はおじいちゃんになってしまうよ」

 

ロックで有名になりたいなら、ギターうまくなってからステージに上がるのではなく、とっととステージに上がって本番を経験しながら上達していけというアドバイスだと思います。

 

この考えは本当に大事だし、とても勇気を持てる言葉だなと最近感じます。

 

私の周りでも最近、「早く始めてしまって上手くいく人」をよく見かける

知人でサラリーマンを退職してから、夢であった「整体院」を開業した方がいらっしゃいます。整体に関してはユーザーとして利用していただけで、按摩やマッサージの経験もゼロからのスタートなので、通常であれば何年か修行してから開業するのが普通だと思います。

しかし、この方は数ヶ月「整体」のセミナーで基本を学んでからすぐに「開業」してしまったのです。「整体」のような技術が必要な分野でそんなに簡単に開業してしまっていいのか?と感じる方も多いかもしれませんが、既にリピーターを複数名持つほどの腕前になっています。

 

私の妻も、以前「キャンドル教室をやりたい」という願望があったのですが、たった数日の研修に参加した後に、すぐにネット上で「キャンドル教室やっています」というブログを開設してしまいました。

 

すると、何名かから受講の申し込みがあり、あっさりとキャンドル教室を開いてしまったのです。「人に教えることになった」瞬間にどういうメニューで教えるか、どういう内容なら喜んでもらえるか?という教室の本来最も大事な部分を真剣に考え、これもリピーターがくるくらいの教室になっていました。(妻は別の夢ができたらしく、いまはキャンドル教室を閉鎖しています)

 

投資や副業もいつかやろう。ではなく今やろう。

私は性格的に着々とSTEPを踏んでいくタイプだったのですが、こういった周りでの成功例を見て、とりあえず本番をやってしまおうということを非常に強く意識することにしました。

 

そうすると、仕事でも副業でも色々なことが上手く回りだしたのです。

 

例えば、自信がなかった仕事の分野でも、先に上司に「やります」と起案してしまって、そこからどうするか対応策を考える。そうすると、火事場の馬鹿力が働いて成果を残すことができました。

 

また、副業でも、「不動産投資いつかやってみたいな・・」ではなく、「実際に土地探しをはじめて、物件を買ってしまう」ということをやりました。もちろん、家の購入は大きなことなので、最低限の知識はつけました。また、お金についても自己資金がたまってから・・・でなく、頭金も親戚に頭を下げてキャッシュをつくりました。(貸していただいた親戚には本当に感謝です。)実際に買ってしまったので、もう投資をするしかありません。そうすると、不動産の勉強や、節税の勉強などもやるしかありません。

 

「確定申告」も「カクテイシンコク?ってなに?」という状態でしたが、申告の義務が必須の収入規模になってしまったのですから、勉強して申告するしかありません。

 

おかげで、かなりこの2年間はバタバタしましたが、個人的に以前の自分では考えられないような知識をつけることができました。自宅兼アパートである、賃貸併用住宅のオーナーになってまだ10ヶ月足らずですが、去年の自分とは比べ物にならないくらい多くのことを経験できましたし、メリットも受けることができました。

 

当ブログも、開設前はHTMLやCSSってなに?というくらいのネット知識レベルでしたが、とりあえず勉強するまえにレンタルサーバー借りて、ドメインとってブログを始めてしまいました。今では、ほぼ毎日更新するほどハマっており、ブログからも僅かですが、収入を得る事ができています。

 

これも、「まずは未熟な状態でもはじめてみてしまう!」を意識し、実践したから実現したのだと思います。

 

私は、学生時代に「英語をしゃべれるようになりたい」という願望があったのですが、そのときはまずはTOEICを勉強してからという順序を踏みましたが、結局最終的に勉強はやめてしまいました。。。

このとき、さっさと両親に頭を下げたり、バイトでお金を貯めるなりして、数ヶ月でも英語圏の国に行ってしまったら結果は違ったかもしれません。(現に、私の会社の先輩はこの方法でネイティブクラスに英語が喋れるようになったらしいです)

 

「今はお金がないから・・・」

「会社が忙しいから・・・」

「まずは本やセミナーで知識をつけてから・・・」

 

言い訳はたくさんあります。

日本人は真面目なので、「まずは基本を身につけてから」という意識に向きがちですが、「いきなり本番を経験してみる」精神で行った方が物事が好転するケースは多いなと最近非常に感じるので、自戒の意味をこめて今回のエントリーを書きました。

当ブログを読まれている方で、何か直近の願望がある人は、「とりあえず未熟でもいいから始めてしまう!」ことをオススメします。最初は転ぶかもしれませんが、最終的にきっとうまくいくはずです。

 

 

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

ブログ開設のススメ。現代において、もはやブログは個人資産である。

当ブログが開設されてから、先日記事数が150を超えました。 ブログからのアフィリエイト収入もわ

記事を読む

kindle paperwhiteを買うと読書量が3倍になる

電子書籍が騒がれてから数年経ちましたが、未だにkindle等の電子書籍リーダーをお持ちでいない方もま

記事を読む

なぜ自分の周りで「賃貸併用住宅」をはじめる人がいないのか?

昨年の4月から自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」の運営を開始してから、早いものでこの9月で1年

記事を読む

格安SIMに変更したら月々の携帯料金が1600円になりました。

皆さんは日々の携帯料金に月いくら支払っているでしょうか? 私はsoftbankで契約したiPh

記事を読む

入院生活をポジティブ・前向きに過ごすために大事にしたい5つの習慣

昨日のエントリーで書いたように、腸炎のため入院してしまいました。 本日入院4日目です。 30

記事を読む

「せどり」は儲かる副業なのか?

こんにちは、私です。   「せどり」という副業をご存知でしょうか?知らない方の

記事を読む

生命保険には一つも入る意味が無いと思う理由

賃貸併用住宅を建ててから1年と1ヶ月が経ちました。 今年で33歳、妻と小さな娘と3人家族の私で

記事を読む

ぶっちゃけレーシックってどうなの?手術後3年経過した私の感想ではオススメです。

私は3年前にレーシック手術を行いました。レーシックとは、眼の角膜にレーザー照射し、角膜の曲率を変える

記事を読む

大腸憩室炎という病気により入院することになりました。

少しの間入院することになりました。   理由は、右脇腹付近の腸がかなり腫れてお

記事を読む

20年ぶりの大雪で我が家のバルコニーがとんでもないことに!

土曜日の大雪はすごかったですね。私は生まれも育ちも東京ですが、あそこまで積もったのは初めての経験だっ

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑