車の衝突でヒビが入った住宅の壁がようやく修復されました。

公開日: : 最終更新日:2017/03/20 初めての賃貸併用住宅

今年の1月に車の衝突でヒビが入ってしまった賃貸併用住宅の壁がようやく修復しました。

 

衝突時の詳細は以下のエントリーで書いています。

賃貸併用住宅運営から9か月目にしてはじめてトラブルがおこりました。

 

衝突といっても、駐車場を貸し出している管理会社の営業マンさんが駐車する際に誤って壁にぶつけて、若干のヒビが入った程度です。

営業マンの方も無事で、住宅も大した傷でなくて良かったです。

 

・修復は3ヶ月後になってようやく行われた

2月〜3月には修復工事をおこないますということだったのですが、結局行われたのは3ヶ月後の4月後半でした。

昨年末から新築の受注が増え、また記録的な豪雪の影響で取りかかりが遅れてしまったとのことです。

 

大したヒビでなく、生活をする上では全く困らないので、いつか直ってくれればいいやという気持ちではありましたが、無事に行われて良かったです。

遅れたお詫びにと、管理会社の方々が豪華なティーパックセットを届けに来てくれました。そんなに気を遣わなくてもいいのに、、、

 

逆に駐車しにくい駐車場を借りていただいて有り難いです。

今後もずっと契約してくれるようで良かったです、この事故が原因で契約を切りますなんて話になることが一番ショックなので。

 

 

・外壁の修復は思ったよりも大規模工事になった

腰の高さほどの場所に約10センチほどの小さなヒビだったので、修復工事は大したことないと思っていたのですが、足場を組むほどの大掛かりな工事になりました。修復費用も60〜70万円もかかってしまったみたいです。(もちろん管理会社の損害保険で支払い)

 

施行会社いわく、外壁を一枚変えるだけの工事をすると、他の部分は日焼けで若干色が変わっているので外観上おかしくなってしまうため、同じ側面の外壁は全て新しいものに変える必要があるとのことでした。

 

これには、びっくり。外壁はちょっとの傷をつけてしまうだけでも、完全修復するとなると大掛かりになってしまうんですね。。。

 

今回は被害側でしたが、自分が加害側になる可能性も今後の人生でありうるので自分も気をつけようと思いました。

 

 

・管理会社さんの車はセダンタイプから、軽自動車タイプに変更して頂けるらしい

以前にブログでも借りましたが、私が貸し出している駐車場は少し狭いので、管理会社さんが所有しているセダンタイプの車を止めるのは一苦労です。今回の事故も駐車スペースの狭さと車の大きさが合わなかったことも一つの要因だと思います。

 

この事故で、管理会社さんの営業者のタイプも少し小振りなサイズに変更して頂けるようです。

駐車場が狭いのに合わせて車を変更してくれるなんて本当に感謝です、、いやあ申し訳ない。。。

 

はじめての賃貸併用住宅の運営でこの管理会社さんにお願いして本当に良かったと思いました。事故が起きた当日はびっくりして、少し不安にもなりましたが、この事故をきっかけに大家と管理会社さんの信頼関係は更に強くなった気がします。

 

今年でアパート運営から2年目になるのですが、引き続き満室稼働となっているのも、管理会社さんのおかげです。

サラリーマン大家さん業もこれから3年、5年と続けて行く中で色々なことが起きると思いますが、引き続き頑張ってまいります。

 

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

キッチン備え付きの食洗機はコストが上がっても絶対につけるべき設備

本日はキッチン周りの話題です。   賃貸併用住宅の建築では、賃貸部分については

記事を読む

「賃貸併用住宅」というビッグワードでGoogle検索のSEO10位入り。ブログもニッチ戦略が重要。

先日、【Wordpressテーマ】Stinger3を導入したところPV数が2倍になりました。というエ

記事を読む

マイホームにベランダはいらないと感じる4つの理由

マイホーム兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、もう少しで3年が経とうとしています。

記事を読む

洗濯機をお風呂の近くに設置しなかった理由

無事「賃貸併用住宅」の図面が完成しましたが、本日はなぜ我々夫婦は洗濯機をお風呂のある2階ではなく、3

記事を読む

購入した土地の「賃貸併用住宅」の賃貸部分はファミリー向けよりも、単身者向けの方が「安定満室稼働」しやすい3つの理由

「賃貸併用住宅」の建設を進めるにあたって、担当の施行会社から初回の図面提案をいただきました。

記事を読む

賃貸併用住宅を建てる土地、中古物件を探すために行った行動2

こんにちは。私です。   前回に引き続き、賃貸併用住宅を建てるにあたって、

記事を読む

契約していない仲介会社から物件を紹介したいという誘いを受けた時の対応について

先日、ブログでも書いたとおり1年2ヶ月満室稼働していた賃貸アパートにもついに退出者が出てしまいました

記事を読む

「賃貸併用住宅」の専門仲介業者の物件提案はやはりレベルが高かった!

前回のエントリーで「賃貸併用住宅」専門の仲介コンサルタントの方と 新宿で初面談をしたことを記載

記事を読む

賃貸併用住宅でフル稼働すること1年2ヶ月、ついに初の退出者が出てしまった。

昨年の4月から自宅兼賃貸アパートの運営を開始してから、1年2ヶ月間賃貸ルームの3部屋は満室稼働してお

記事を読む

自宅前に植えた植物や樹木は結局すべて廃棄して捨ててしまった理由

3年前に賃貸併用住宅を建てた際、玄関前に植物を植えるスペースをつくり、そこでガーデニング的な趣味もや

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑