固定資産税の納税通知は一括で払った方が良いと思う理由

公開日: : 最終更新日:2017/03/20 初めての賃貸併用住宅, 確定申告・節税

自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」の運営を開始してから、1年と1ヶ月が経ちました。

先々月に人生ではじめての「確定申告」をおこなったのもホッとつかの間、本年度の固定資産税の「納税通知書」が届きました。

 

ちなみにはじめて確定申告の際に書いた主エントリーは下記です。

 

・【はじめての確定申告】賃貸併用住宅の不動産収入で税務署に提出する書類まとめ

・【はじめての確定申告】アパート収入で計上した経費を公開します。

・え?キャバクラ代も経費でおとせるの!?:「あらゆる領収書は経費で落とせる」書評

 

もし、お時間がある方は読んでいただけると嬉しいです。

 

話を本年度の固定資産税の話に戻します。

 

 

私の「賃貸併用住宅」の本年度の固定資産税額は約23万円でした。

市税分室から届いた、本年度(H26)の固定資産税納付額は約23万円でした。。。

人生はじめて不動産を購入した去年に、固定資産税の通知書が届くのをはじめて経験しましたが、毎年「高いな・・・」と思いますね。一気に10万円以上の税金を要求される経験ってあまりないですからね。。

 

ご存知の方も多いと思いますが、固定資産税の支払いはまとめて一括に支払ってもよいし、4回に分けて支払っても問題ありません。固定資産税の納付通知に、「全期」「第1期」「第2期」「第3期」「第4期」と計5枚の納付書が入っていますが、まとめて払いたい場合は「全期」の納付書で支払いを済ませれば、その年の固定資産税の納付は完了です。

 

「キャッシュに余裕を持ちたいので、4回に分けて支払いたい」という場合は、1期〜4期の納付書を期日までに支払えばOKです。全期の納付金額を4分の1にした金額が1期〜4期の納付書に記載されています。

 

ちなみに、一括で払っても納付金額が「安くなる」ということはありません。。。税金なのでそりゃそうですよね。キャッシュに余裕を持たせたい場合は、4回に分けての支払いがオススメです。税金は高くなりもしないし、低くなりもしないわけですので。

 

私も、初年度は不動産を購入したばかりでキャッシュが相当厳しかったので、4回払いにしました。

 

 

本年度は一括で全部払いました。

固定資産税は一括でも4回にわけても税額が変わらないので、キャッシュに余裕を持ちたい場合は4回に分けた方がよいと書きました。しかし、逆にいえばキャッシュにある程度の余裕がある場合は一括で払ってしまっても全く問題ありません。

 

というのも、私も本年度分は一括で支払ってしまいました。銀行から20万円以上おろすことはあまりない事なので緊張しましたね。。

 

なぜ、一括で支払ったのか?

それは、4回の期日の精神的ストレスを感じるのが面倒だからです。

 

4回にわけて、1期〜4期で支払う場合は各期に納付締め切り期日が存在します。1期は4月30日まで、2期は7月30日までという具合に決まっています。

 

この期日前に、納付するのを一年に4回思い出さなければならないのが面倒ですし、忘れてしまって納税が遅れてしまうリスクも考えたら、一括で払ってしまった方が精神的に楽だと感じたので、今年度は一括で払ってしまいました。

 

実際払ってみると、トータルで払う金額は変わらないのになんだかスッキリしますね。去年は4度「あーまた銀行からおろして払わなきゃ・・・」という気持ちになることがあったので、今年それが無いと思うといいですね。

 

今後もキャッシュに余裕があれば、基本固定資産税は一括払いにしたいなと思いました。

 

 

ちなみに、先日のブログでも書きましたが、住宅ローン減税等もあり、確定申告の結果約20万円以上の還付金が返ってきたのですが、すぐに今回の「固定資産税」がきたので、なんだか還付をもらって、またすぐに返した感じですね。

税金って本当にうまくできてますよね。。

税金の知識をつけるためのオススメ書籍!

当ブログで最も売れている確定申告や納税に関する書籍です。入門編としてとてもオススメです。

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

建物工事請負仮契約について -施工会社にも手付金の入金は必要!-

今回は短いエントリーです。   土地の決済が無事終わり、「賃貸併用住宅」の建物

記事を読む

引っ越し代を相場の半額以下に節約する方法

本日は引っ越しに関する話題です。 不動産賃貸業は2〜3月が繁忙期です。ということは、それにあわ

記事を読む

賃貸併用住宅を建てる土地、中古物件を探すために行った行動2

こんにちは。私です。   前回に引き続き、賃貸併用住宅を建てるにあたって、

記事を読む

なぜ自分の周りで「賃貸併用住宅」をはじめる人がいないのか?

昨年の4月から自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」の運営を開始してから、早いものでこの9月で1年

記事を読む

個人で申告する人はほとんどいない?償却資産申告書の提出にいってきました。

賃貸併用住宅の運営は、「不動産賃貸業」になるので、 個人事業主として事業を開業したことになりま

記事を読む

家を建てたら・買ったら必ず「住宅ローン控除」の申告を忘れずに!

「住宅ローン」を利用して、マイホームを建てたり、土地を購入すると「住宅ローン控除」という所得税控除の

記事を読む

いま「家を建てたい人」には天国?フラット35の適用金利が過去最低に

自宅兼アパートである賃貸併用住宅や、マイホームを建てる場合は、ほぼすべての方が「銀行や金融支援機構」

記事を読む

退去者が出てしまった部屋にようやく申し込みが1件入る。

以前も書きましたが、賃貸併用住宅の運営を昨年の4月から開始して、しばらく満室稼働が続いていたのですが

記事を読む

賃貸併用住宅は1月に完成するスケジュールで調整した方が良い理由

自宅兼アパートである、賃貸併用住宅を建てようと決めた方は「一年の内でいつくらいに完成するのがベストな

記事を読む

「賃貸併用住宅」初回に提案いただいた設計図 〜自宅部分について〜

「賃貸併用住宅」の設計図面の案を初回提案いただき、前回のエントリーで賃貸部分の解説を書きました。

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑