併用住宅を建ててから1年、やっとオーナー部分の全部屋にエアコンを付けられました。

公開日: : 最終更新日:2017/03/20 初めての賃貸併用住宅

私が建てた自宅兼務貸しアパートである賃貸併用住宅は、1階に二部屋、2階の半分を一部屋貸し出しており、3階一フロアと、2階の半分に大家である私が住んでいます。

 

賃貸部分はもちろん、「人に貸し出す部屋」になるので、建築時からエアコンを備え付けであったのですが、オーナー部分は完成後に備え付ける形で建築は進みました。

 

実際には、これは大失敗でした。

 

それは、以下のエントリーで書いたとおりです。(簡潔にいうと、後からつけるとかなり割高になってしまう)

【大失敗!】相場の5倍の費用になってしまった!3階建ての賃貸併用住宅を建てる時は、必ずエアコンも工事時に設置してもらった方が良いです。

 

今後、併用住宅を建てられる方は確実に「オーナー部分」も建築時にエアコンを一緒につけてしまった方が良いです。

 

上記のエントリーでは、初年度を夏を乗り切るのに、「とりあえずリビングに一台エアコンを設置」したことを書きました。この時は家を建てたばかりでキャッシュが少なく、とりあえずはリビングだけでもという思いでその部分だけ設置したのですが、他の部屋はまだエアコンが付いていない状態でした。

 

併用住宅を建築してから、今月で1年二ヶ月が経つのですが、このたびようやく全部屋にエアコンを付けることができました。

 

併用住宅を建ててから1年、やっとオーナー部分の全部屋にエアコンを付けられました。

 

エアコンがまだ付けられていなかったのは、寝室と2階にある6畳強の部屋です。リビングと寝室がつながっているので、去年の夏はリビングでエアコンをつけて、寝室入り口のドアを開けっ放しにして何とか涼しい状態にしていました。

 

しかし、小さな娘が先に寝た際は、寝室のドアを閉めることになるので、その時は寝室は真夏の夜でもエアコンが無い状態で娘を寝かしておかなければならなくなっており、窓はもちろん開けていたものの娘が毎回汗だくになっており、相当寝苦しそうでした。(いま考えると可哀想なことをしました・・・)

 

今年の夏は、そうならないように寝室は絶対につけたいと思い、シーズンで込む前に寝室と、あと残っていた2階の部屋の設置もまとめて設置依頼をしてしまいました。

 

いやあ、これでもう真夏と真冬にどの部屋に行っても悩まされることがなくなります。エアコンは快適に真夏、真冬を乗り切るには本当に必須ですよね。。

 

 

2台設置だったが、工事費用は割と安く済んだ

冒頭でリンク掲載したエントリーでは、3階のリビングにエアコン設置、室外機は1階になってしまったために、工事に足場を再構築する必要が出てしまい、なんと9万円(相場の5倍)も工事費がかかってしまったのですが、今回は割と安く済みました。

 

2台の設置で、合計38、000円です。

 

寝室はリビングと同様、3階にありますが、なんとバルコニーに室外機が設置できる位置に電源があった為に、工事費は格段に安くなったのです。

 

これは予想していなかったので、本当にラッキーでした。(また9万円かかっていたら、本当にトホホだったので、、、)

 

 

エアコンは電気量販店で買った方が便利だった

前回のリビング設置のときは、ネットでエアコンを買って、自分たちで工務店を探したのですが、これは自分たちで全部やったにも関わらず大して安くなりませんでした。

 

その教訓をいかして、今回はビックカメラでエアコンを2台買い、そのままビックカメラと提携している代理店に設置までの手続きを行いました。量販店だと型落ちのエアコンが値引きされていたり、工務店の設置費もそんなに高くないので凄いらくですね。

 

実際、今回私も寝室のエアコンはPanasonicの昨年モデルのかなり値引きされたエアコンを買う事ができました。

 

エアコンを買うときは、絶対量販店で買う事がオススメです。

 

 

以上になります。

いやあ、これで今後10年以上住む中で真夏に悩ませられることはなさそうです。

繰り返しになりますが、エアコンは必ず建築時に一緒につけてもらうようにお願いしてしまった方がよいです!

もし付けられない場合は、3階にエアコン設置がある場合は、なんとかバルコニーに室外機を置ける設計にしておいた方が良いです。

工事費が全く違います。ご参考までに。

 

 

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

アパートの入居者にお中元・年賀状を贈るべきか?

『「賃貸併用住宅」という自宅兼アパートをサラリーマン大家として運営しています。』と知人や友人に言うと

記事を読む

思い切って食器棚を捨てたらキッチンがもの凄いスッキリした

以前賃貸マンションに住んでいたときには、キッチンに食器棚を置き、そこに食器を収納していました。

記事を読む

購入した賃貸併用住宅の物件の収益性はとても高かった

前回のエントリーで、物件を購入する意思決定をするところまで書きました。 不動産投資を以前から行

記事を読む

なぜ自分の周りで「賃貸併用住宅」をはじめる人がいないのか?

昨年の4月から自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」の運営を開始してから、早いものでこの9月で1年

記事を読む

不動産投資の中でも「賃貸併用住宅」が良いと思った理由

今回は不動産投資の中でも、なぜ「賃貸併用住宅」が良いと思ったのか? について書きたいと思います

記事を読む

夫婦の融資で賃貸併用住宅を建てると確定申告が複雑になる理由

確定申告の時期なので、関連するエントリーをたくさん書きたいと思います。   今

記事を読む

貸しアパートに空室ができた際にあなたがやるべきたった一つのこと。

賃貸併用住宅やアパート大家を運営している中で出てくる一番のリスクは、当たり前ですが「空室」です。

記事を読む

アパートの名称を決めるにあたって考えた6つのこと

本日は「賃貸併用住宅やアパート」の名称についての話題です。   「賃貸併用住宅

記事を読む

1月に入ってから「賃貸併用住宅」の検索ワードで検索結果3位になりました

1月から当ブログのアクセスが急に増えました。 更新頻度をものすごい増やしたわけでもないのに、何

記事を読む

建物の打ち合わせが始まる!

土地の決済が無事終わり、次は建物についての打ち合わせです。   マンションだと

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑