はじめて「住宅ローンの繰り上げ返済」をやってみた!

公開日: : 最終更新日:2017/03/20 住宅ローン・保険, 初めての賃貸併用住宅

前回、「併用住宅オーナーにとって最も確実な投資は「住宅ローンの繰り上げ返済」である。」というエントリーを書かせていただきました。

 

住宅ローンの繰り上げ返済は絶対に負けないし、確実なメリットがある投資先だよという内容です。

今回その考えにしたがって、はじめて住宅ローンの繰り上げ返済をネット上から実施してみました。

 

はじめて住宅ローンの繰り上げ返済をやってみた!

上記にも書いたように、今回の繰り上げ返済はネット上から行いました。※銀行によってはネット上から繰り上げ返済できない場合もあります。

 

マイページ画面から、「住宅ローン」の項目をクリックしてみると「繰り上げ返済」という項目があり、すぐにわかります。

 

繰り上げ返済には、毎月の返済額を変えずに残りの期間を短くする「期間短縮型」と、残りの期間を変えずに毎月の返済額を軽減する「返済額軽減型」の2種類があります。

 

私は今回「返済額軽減型」で200万円繰り上げ返済してみた

「期間短縮型」と「返済額軽減型」どちらの方がメリットがあるのでしょうか?

 

これは、一般的には「期間短縮型」の方が、最終的な利息軽減効果は高いと言われていますが、私は今回「返済額軽減型」で返済しました。

 

理由としては、「精神的な面」です。

「期間短縮型」というのは、上述のとおり「毎月の返済金は変わりません」、後からみると●●万円軽減効果があったと感じられる返し方です。

 

その逆で、「返済額軽減型」は次の月から、実際の返済額が何千円か少なくなるので目に見えて軽減効果が感じられます。

私も今回200万円を「返済額軽減型」によって、繰り上げ返済しましたが、来月のローン返済額は約6、000円安くなります。

 

毎月6、000円、年間で72、000円って冷静に考えると結構大きいです。こうやってコツコツと返していって、目に見えて進歩感がある方が私は今後も「繰り上げ返済」を着々と進められる気がしたので、「返済額軽減型」を選択しました。

 

 

返済はクリック一つであっという間に終わった

ネットが無い時代は繰り上げ返済はわざわざ借りている銀行の店舗まで足を運んで手続きをする必要がありましたが、今の時代はネットで簡単に返済できます。

 

このたび、私もはじめてやってみたのですが、本当に信じられないほどあっという間に、簡潔に実施できました。しかも手数料は0円です。

 

こんなに簡単にできるのなら、今回は200万円というある程度しっかり貯まってから返済しましたが、基本的には小額でも良いので、コツコツ返済した方がより利息軽減効果は高いので、「何十万円か貯まったら返済する」という小さいサイクルを繰り返したいですね。

 

ネットから手数料ほぼ0円で、繰り上げ返済できる金融機関を住宅ローンを借りる対象に選ぶことは今の時代ほぼ必須事項かもしれませんね。

 

これから、借りる銀行を検討している方は是非、「ネットから無料で繰り上げ返済できる」銀行を選んでみると良いと思います。借りた後の利息軽減メリットは非常に高いかと思います。

 

 

<読みたいと思っている本>
私が「賃貸併用住宅」を建てる上でお世話になったコンサルティング会社の社長が本を出版されたようです。近日読んでみたいと思います。

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

アパートの名称を決めるにあたって考えた6つのこと

本日は「賃貸併用住宅やアパート」の名称についての話題です。   「賃貸併用住宅

記事を読む

賃貸併用住宅で新しい入居者が決まった際におこなう4つのこと

昨年4月から運営開始した賃貸併用住宅において、先月にはじめての退去者が出てしまったことは当ブログでも

記事を読む

謹賀新年:賃貸併用住宅をはじめてから8ヶ月経ち思う事

新年あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いします。  

記事を読む

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。 賃貸併用住宅を建てた経緯につい

記事を読む

アパートの管理会社の賃料査定は当てにしなくても良い理由

管理会社の話題で、以前に下記のエントリを書かせていただきました。 アパートの管理会社を選ぶ際にこだ

記事を読む

賃貸併用住宅の建築は子供が産まれる前に行った方が良いです

私は子供が産まれる前に賃貸併用住宅の建築を行ったのですが、今から振り返ると「子供が産まれる前にもろも

記事を読む

併用住宅オーナーにとって最も確実な投資は「住宅ローンの繰り上げ返済」である。

併用住宅のオーナーとして、1年2ヶ月が経ちました。 相変わらず貸し部屋は満室稼働で動いており、

記事を読む

「夫婦会社員で共働き」の状態で賃貸併用住宅を建てるべき理由

賃貸併用住宅は賃貸アパートでもあり、「自宅」でもあるので、基本的には家族世帯の方が建てることが多いか

記事を読む

賃貸併用住宅を建てる土地、中古物件を探すために行った行動1

「賃貸併用住宅」での不動産投資を始めるには、土地を買って新たに建築するか、 もしくは中古物件を

記事を読む

マイホームにベランダはいらないと感じる4つの理由

マイホーム兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、もう少しで3年が経とうとしています。

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑