契約していない仲介会社から物件を紹介したいという誘いを受けた時の対応について

公開日: : 最終更新日:2017/03/21 初めての賃貸併用住宅

先日、ブログでも書いたとおり1年2ヶ月満室稼働していた賃貸アパートにもついに退出者が出てしまいました。退出の申し出があった次の日から、HOMESやSUUMOなどの賃貸サイトでも募集を開始したのですが、思わぬところから反響があったので、ブログに書いておきたいと思います。

 

・賃貸仲介会社から置き手紙が届いた。

思わぬところというのは、タイトルとおり「賃貸仲介会社」からの手紙です。

 

手紙の内容は、「賃貸サイトを見て訪れました、是非部屋を探しているお客さんに紹介したいのですが、いかがでしょうか?もしよろしければ、名刺の連絡先までご連絡ください。よろしくお願いします。」という内容でした。

 

つまり、不動産オーナーへの仲介契約営業です。

 

前回の募集のときには、こんな申し出なかったので少しビックリしましたが、それと同時にプロの目からしても少なからず紹介したい=決まりやすい物件なんだろうという証明もできたようでホッとしました。

 

 

・私からは直接連絡せず、お願いしている管理会社に任せた

私としては正直、「退出部屋は早く次の人に決まって欲しい」ので、こういった提案は飛びつきたい気持ちがあるのですが、そこは冷静にお願いしている管理会社に営業があったことを話し、どうするかも管理会社に任せました。管理会社とは「専任媒介契約」を結んでいるのですが、オーナーとして、「こういう他の仲介会社も早く使ってほしい」というプレッシャーもかけることも可能です。しかし、そのようなことは行いませんでした。

 

理由としては、専任の管理会社に嫌な思いをしてもらいたくないためです。

 

賃貸仲介会社というのは、当たり前ですが、賃貸部屋の仲介を決めた場合の仲介料金で生計をたてているビジネスです。大体賃料の1ヶ月分が成約報酬として仲介会社に支払われます(決まらない部屋の場合はオーナーが2ヶ月分に上げたりすることもある)

 

そして、当然ですが、管理会社兼仲介会社をおこなっている場合は、自社が管理している物件は基本的に他社が手を出す事ができないので、自社で決めやすい物件です。自社が管理している物件を決めれば、自社も儲かるし、オーナーからの信頼も厚くなるしで一石二鳥のメリットがあります。そのため、基本的には自社が管理している物件を優先的に決めたくなるはずです。

 

そうしたときに、オーナーの我がままで、「他の仲介会社の申し出があったから、そことも契約結んでもいいか?」なんて聞いてみたら、管理会社からしたら面白いわけがありません。そのときは、確かにその一部屋が決まる確率は上がりますが、その後の信頼関係を考えるとデメリットの方が大きいかもしれません。

 

そういうことを考え、私はこの仲介会社へ声をかけるのも全て管理会社の店長さんの判断にお任せしました。その店長さんがかなり信頼できるからということもありますが、そうすることで信頼関係は高まり、今後数十年いいパートナー関係が維持できると感じたからです。

 

管理会社も自社の店舗だけでは、オーナーの物件を決めきれないことはあります。

 

実際に私の併用住宅も、2階部分の一室は間取りが少しわるいのもあって、なかなか決まらない状態が続いていましたが、最終的には管理会社の方から他の仲介会社も使いましょう、という提案をいただき決めることができました。

 

こういった、「自社で決めきることにこだわっていては、オーナーに迷惑がかかる」と判断した際には、適切な行動をとっていただけるものなので、早期に他の仲介会社へ依頼のプレッシャーをかけるよりも、「お世話になっている管理会社に決めてほしい」という精神をもった方がよい関係が築けるのだと思います。

 

賃貸併用住宅は、規模は小さいものの、ビジネスであることは変わりません。ビジネスはもちろん、自分だけでは成り立ちません。パートナーと顧客の信頼あって、はじめて自分のビジネスが成り立ちます。

 

今後もこういった精神を忘れずに、「管理会社」という「ビジネスパートナー」の利益も考えることを大事にしていきたいです。

 

 

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption] 3部屋ある賃貸併用住宅のう

記事を読む

最終的に完成した図面について(自宅部分)

今日は最終的に図面についてのエントリーです。     最終的に決ま

記事を読む

購入した土地の「賃貸併用住宅」の賃貸部分はファミリー向けよりも、単身者向けの方が「安定満室稼働」しやすい3つの理由

「賃貸併用住宅」の建設を進めるにあたって、担当の施行会社から初回の図面提案をいただきました。

記事を読む

はじめて「住宅ローンの繰り上げ返済」をやってみた!

前回、「併用住宅オーナーにとって最も確実な投資は「住宅ローンの繰り上げ返済」である。」というエントリ

記事を読む

賃貸併用住宅で新しい入居者が決まった際におこなう4つのこと

昨年4月から運営開始した賃貸併用住宅において、先月にはじめての退去者が出てしまったことは当ブログでも

記事を読む

賃貸併用住宅スタートから2年が経過しました。この2年の感想。

期末から仕事が忙しくなり、ブログの更新が後回しになっていました。 結局約2ヶ月放置していたこと

記事を読む

家を建てたら・買ったら必ず「住宅ローン控除」の申告を忘れずに!

「住宅ローン」を利用して、マイホームを建てたり、土地を購入すると「住宅ローン控除」という所得税控除の

記事を読む

2回目にいただいた図面のフィードバックについて

「賃貸併用住宅」の建物を建てるにあたって、施行会社から修正図面案をいただいた私夫妻ですが、 本

記事を読む

住宅ローンの「フラット35」が更に借りやすくなりますがご用心

先日、住宅金融支援機構が提供する住宅ローン「フラット35」の2月金利が過去最低値を更新したことをブロ

記事を読む

賃貸併用住宅専門のコンサルタントを利用するメリット

今回は「賃貸併用住宅」を建てるにあたって、専門の仲介コンサルタントを利用するメリットについて書かせて

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑