退去者が出てしまった部屋にようやく申し込みが1件入る。

公開日: : 最終更新日:2017/03/20 初めての賃貸併用住宅

以前も書きましたが、賃貸併用住宅の運営を昨年の4月から開始して、しばらく満室稼働が続いていたのですが、先月退去者出てしまいました。

 

8月は不動産賃貸ビジネスでは閑散期なので、タイミングの悪さに「ちょっと痛いなあ」と思っていましたが、本日ようやく1件申し込みが入ったと、管理会社より連絡がありました。

 

 

・退去が完了してから、13日後に申し込みが入る。

私が運営する併用住宅を借りていただいていた方が完全に退出したのは、8月10日のことでした。つまり、その時から次回の入居希望者向けに内覧ができるようになったわけです。

 

管理会社の方もおっしゃっていましたが、基本的には内覧をしないで部屋を決める人はほとんどいないので、退出後が勝負だと思っていましたが、退出後の10日間全く連絡がなかったので、内心ヒヤヒヤしていました。

 

なぜなら、新築ではないといえ、駅から徒歩2分、築2年目という物件です。家賃も競合に比べたら高い設定ではないので、この条件で集まりが悪かったら、築5年、10年となったらどうなってしまうのだろうか・・・。という気持ちがよぎったためです。

 

結果として、閑散期ながら2週間弱というスピードで申し込みが入ってよかったです。(とはいえ、申し込みなだけで、完全に契約が決まったわけでないので、まだ安心できませんが、、、)

 

 

・賃料を2,000円下げてほしいという交渉が入る

物件申し込みは入りましたが、スムーズにそのまま契約までというわけはいかず、申し込みいただいた方より、「賃料を2,000円下げてくれないか?」という交渉が入りました。

 

月額2,000円、年間2万4,000円の減額交渉です。

 

管理会社から「交渉入っていますが、どうしましょうか?」という問いに対して、少し迷いましたが、「明日中に意思決定してもらえるなら、2,000円減額でOKですよ、と伝えてください」と回答しました。

 

 

減額をOKにした理由は非常にシンプルで、2,000円減額ほどで決めていただけるなら、経済メリットになる可能性が高いと思ったからです。

 

前述のとおり、いまは賃貸マーケットは閑散期です。なかなか人が動きづらい時期のため、空いている部屋は最悪9月末まで埋まらないということもあります。

 

仮に9月末まで埋まらなかった場合、約12万円ほど損をすることになってしまいます。

 

12万円もしくはそれ以上損をする可能性があることに対して、2,000円の減額で解決できるなら、悪くない判断だと思いました。

但し、減額を簡単に伝えると、もっと交渉してくる恐れもあるので、管理会社さんには何とか交渉して下げてもらいました!と大げさに伝えてくださいとお願いしました。

 

 

また、「明日中までの回答であれば」とした理由は、その方が決めた場合に心理的にコミット感が出るためです。

当たり前ですが、賃貸契約が済むまで入居希望者は、「やっぱりやーめた!」と契約をキャンセルすることは可能です。

 

併用住宅オーナーとしてはもちろんキャンセルはできる限り防ぎたいので、意思決定に対して心理的にコミット感を醸成してほしいと感じたため、「明日中」という条件付けを行いました。また、明日中とすることで、他の物件に目移りしてしまうことを防ぐ意味もあります。

 

 

申込者の方のプロフィールも拝見しましたが、非常に属性の良い方だったので、何とか決まっていただけたらなと思います。

また進捗はこちらで書きたいと思います。

 

 

 

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

車の衝突でヒビが入った住宅の壁がようやく修復されました。

今年の1月に車の衝突でヒビが入ってしまった賃貸併用住宅の壁がようやく修復しました。  

記事を読む

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。 まだ4年ですが、とはいえ

記事を読む

2回目にいただいた「賃貸併用住宅」の図面について

初回に提案いただいた「賃貸併用住宅」の図面に様々なフィードバックを返し、2週間後には修正の図面が上が

記事を読む

1月に入ってから「賃貸併用住宅」の検索ワードで検索結果3位になりました

1月から当ブログのアクセスが急に増えました。 更新頻度をものすごい増やしたわけでもないのに、何

記事を読む

賃貸併用住宅を建てる土地、中古物件を探すために行った行動3

前回に引き続き賃貸併用住宅の物件探しについて書きます。   ●「賃貸併用住宅」に絞

記事を読む

住宅ローンの申し込み・三大疾病保障付きローンは入るべき?

住宅ローンに申し込むとほとんどの場合は、団体生命保険への加入を求められます。  

記事を読む

住宅ローン申し込みに必要な7つの書類と団体信用生命保険について

前回のエントリーで土地の売り主と無事契約が済んだことを書きました。   土地は

記事を読む

マイホームの樹木は「シマトネリコ」よりも「ローリエ」をオススメする理由

マイホームを建てる際にシンボルツリーに憧れる方は多いかと思います。 そしてそのシンボルツリーの

記事を読む

「賃貸併用住宅」初回に提案いただいた設計図 〜賃貸部分について〜

「賃貸併用住宅」についての建築打ち合わせ第二回目について書きたいと思います。  

記事を読む

賃貸併用住宅でフル稼働すること1年2ヶ月、ついに初の退出者が出てしまった。

昨年の4月から自宅兼賃貸アパートの運営を開始してから、1年2ヶ月間賃貸ルームの3部屋は満室稼働してお

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑