なぜ自分の周りで「賃貸併用住宅」をはじめる人がいないのか?

公開日: : 最終更新日:2017/03/20 初めての賃貸併用住宅, 雑感・よもやま話

昨年の4月から自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」の運営を開始してから、早いものでこの9月で1年半目に突入しました。

 

はじめる前は「不動産投資?」「住宅ローンでアパート建てる?」「物件の利回り?」と不動産に関する知識はほぼ皆無で、実際に運営できるのだろうか?と不安な気持ちがありましたが、まあ何とかやっていけています。

 

また、「賃貸併用住宅」を運営していることは、会社ではごく親しい方に数名、友人には数十人ほどに話しています。

 

話すと、どの方も、

「そんなことできるの!?」

「賢いね!」

「私もそれで家建てようかな・・・」

ということをおっしゃいますが、結局本格的に賃貸併用住宅を建てる意思決定をされた方はまだ一人も出会ったことがありません。

 

なぜでしょうか?帰りの電車で考えてみたので、勝手に思ったことを書いてみたいと思います。

 

 

なぜ周りで「賃貸併用住宅」を建てよう!という人に出会わないのか

・不動産投資はなんだか怪しくて怖いと思っている

なんだかんだで一番の理由はこれかなと思います。

「不動産投資」と聞くと、なんとなく「土地のブローカー」みたいな黒い世界もあり、騙されるんじゃないか?という不安を持つ人が多いのだと思います。

 

特に、有名大学を出て、安定企業に勤めている方ほど、「騙されたくない」と思っている傾向が強く、下手に併用住宅という手段を選ばないケースが多いように思います。(あくまでも私の周りの話を聞いてみての勝手な感想ですが、、、)

 

私も賃貸併用住宅を正に建築中のときに、親友4人と飲み会をしている際に「今度こういう家を建てるんだけど、、、」と話をしたことがあります。

そのとき親友の1人が「お前それ大丈夫?騙されていない?」という質問をしてきました。

 

「住宅ローンで投資をするために、リスクも少ないし、いい土地が見つかったのでおそらく競争優位もある。」という話をしても、「うーん・・・(こいつ大丈夫?)」という微妙な反応だったことを覚えています。

 

まるでマルチ商法にでも手を出したかのような視線を浴びました。。。

「不動産投資」というワードにはあまりいい印象を持たない方が多いみたいですね。

 

 

・土地探しはかなりパワーがかかるので、すぐにやめてしまう

次にこの理由がくると思います。

「併用住宅」に興味を持ったら、まずやることは土地探しです。土地探しはもちろん私も経験しましたが、本当に大変です。

 

よく「1000に3つの物件」と、いい物件は1000件回って、3件あるかどうかと言われています。

 

しかも一般人の不動産素人は土地をたくさん見る事でしか、見る目を鍛えることはできません。

そして、サラリーマンをやりながら土地を探すには、土日しか土地を見る時間はないので、土日に何件か見るだけで相当疲れますし、かなりパワーもかかります。

 

私は賃貸併用住宅の土地を探しているときは、ちょうど会社の業務に余裕があり、正直モチベーション的にも会社に向いていなかったときなので、あまり余ったパワーを土地探しに向けていました。いま思うと、そのときの会社や上司と合わず、つまらない状態で良かったなあと思っています。(いまはとても楽しいです)

 

結局、土日に土地探しなんか続けてられないや・・となり、結局探すのを諦めてしまう方が多いのだと思います。

 

 

・そもそも良い情報を知っても実際に行動するのは2%

あとはそもそもの話ですね。よく「本を読んでも、実際に本のとおりに行動する人は2%ほど」ということを聞きますが、これは実際にそれくらいなんだろうなと思います。

 

いくら、「賃貸併用住宅」のメリットを聞いたところでも、実際に動く人はそのうちの2%ほど。50人に話して1人いるかどうかという割合だと思います。

 

そう考えると、私は「賃貸併用住宅を運営していること」はごく親しい周りの数十名にしか話していないので、まだ1名になる母数にまで話していないのかなと思います。

 

 

・逆説的に考えるとライバルが少ないということ?

「いい情報」を知ったとしても結局動く人はほとんどいない。ということを考えるとライバルは実は凄い少ないのかもしれません。

 

おそらくエリアや駅を絞れば、会社の出世競争のライバルよりも全然少ないかもしれません。

 

結局のところは「まず行動してみて、その行動を継続する」という方が「いい情報を実益に変える」のだなと改めて思いました。自分自身も改めて、行動力を見なおそうと思いました。

 

何だかまとまりのない記事になってしまいましたが、以上ふと思った雑感です。

 


<最近読んだオススメの本>

ライフネット生命会長の出口さんが書いた本です。

出口さんはたくさんの本を執筆されており、また読者家としても非常に有名ですが、

この本はその読者家の出口さんが「ビジネスマンにすすめる本(主に古典を中心)」についてまるまる一冊解説した著作です。

正直紹介されている古典を全部読むのは相当古典好きじゃないと厳しいと思いますが、出口さんの解説がとてもわかりやすいので、単純に読み物としてかなり楽しめる内容になっています。オススメです。

 

______________________

ブログ管理人プロフィールはこちら⇒なかまるすみよしプロフィール

当ブログの記事に共感がありましたら、再度ご訪問いただけると嬉しいです。

twitter・facebookでも更新情報を流しています。




ご案内。

家探し・土地探しに便利な一括登録サイト

なぐ太のお皿アドセンス

関連記事

マイホームやアパートの建築現場見学で意識しておきたい4つのこと

自宅兼アパートの「賃貸併用住宅」の建築では、設計や内装の仕様が決まると、施工会社と「工事請負契約書」

記事を読む

スマホの分割払いのせいで住宅ローンが通らなくなる?

賃貸併用住宅やマイホームを建てるときに必ず起きる行事が「住宅ローンの審査」です。 中にはキャッ

記事を読む

【平成28年度】手書きなのに確定申告の作業を2時間で終わらせる方法

昨日、平成28年度の確定申告の作業が完了しました。 賃貸併用住宅を建ててから、確定申告の提出は

記事を読む

マイホームを建てる際に絶対付けた方が良い設備。天井からつり下げる洗濯物干し金具はとても便利

賃貸併用住宅のオーナールームを建てる際に付けて良かったという設備を一つご紹介します。 &nbs

記事を読む

いま「家を建てたい人」には天国?フラット35の適用金利が過去最低に

自宅兼アパートである賃貸併用住宅や、マイホームを建てる場合は、ほぼすべての方が「銀行や金融支援機構」

記事を読む

これから家を建てる方へ、「カーテンレール」は絶対施工会社に付けてもらった方が良いです。

新居に移った際に、その日じゅうに行うこととして、「カーテンをつけること」を挙げる方も多いのではないで

記事を読む

マイホームにベランダはいらないと感じる4つの理由

マイホーム兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、もう少しで3年が経とうとしています。

記事を読む

賃貸併用住宅を建てるにあたっては、「駅から徒歩5分以内」はこだわりたい。

昨日、ついに賃貸部分の退去者が出てしまったことを書きました。   本日、ネット

記事を読む

お金をかけずに夫婦だけで地鎮祭を行う方法

マイホームや賃貸併用住宅を土地から建てる際に、必ず検討するイベントの一つが「地鎮祭」です。 地

記事を読む

家計の中では何を節約すべきなのか?食費は節約すべきではないと思う理由。

「できる限り節約してお金を貯めておきたい」   どんな家庭でも一度はそう思った

記事を読む

なぐ太のお皿アドセンス

Comment

  1. ゆうさん より:

    はじめまして、なぐたさん。

    私は、なぐたさんと同じように賃貸併用住宅の建築を目指している、ゆうさんと申します。

    賃貸併用住宅の建築を考えたのは、なぐたさんのブログと父のアドバイスがきっかけです。

    ブログの更新を楽しみにしています。
    お勧めの本も何冊か読ませていただきました。

    更新頑張ってください。

    • なぐ太 より:

      ゆうさん
      コメントいただきありがとうございます。
      こうしたコメントいただけると更新の励みになります。

      引き続き読んでいただける方々が少しでも何かしらの発見になるような記事を更新していきたいと思います。
      どうぞよろしくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

なぐ太のお皿アドセンス

「筋トレ習慣」を長続きさせたいならジムに通ってはいけない

以前、「一日二食にしたら体重が5キロ減った」という記事を書きま

アパートは6月に空室が出るとなかなか決まりにくい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

2年以上住み続けてくれる入居者の特徴

自宅兼アパートの賃貸併用住宅を建ててから4年が経ち、この4年間でたくさ

自宅(賃貸併用住宅)を立ててから4年の経年劣化で家に起きた不具合について

自宅兼アパートである「賃貸併用住宅」を建ててから、4年が経ちました。

4年住んで感じる家の隣が駐車場であることのメリット・デメリット

4年前に自宅兼貸しアパートである「賃貸併用住宅」を建てました。

→もっと見る

  • 本ブログの著者:なかまるすみよし

    1981年生まれです。

    都内の某私立大学を卒業後、都内の大手企業へ入社し、横浜市で勤務継続しております。

    幼稚園児の娘、同年代の妻と3人で暮らしおり、
    27歳で住宅ローンを利用した「賃貸併用住宅」で不動産投資を始めることを家族で決意しました。

    不動産投資については全くのド素人です。

    現在、賃貸木造アパート兼自宅を所有し、
    会社からのサラリーマンの給与とは別に、月間24万円の賃貸収入を得ております。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑